>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

3000万円をかけてマッドマックス風に改造したランドローバー・ディフェンダーが登場

投稿日:2017/06/12 更新日:

「East Coast Defender」がランドローバー・ディフェンダーを改造し「プロジェクト・ヴァイパー」を発表。
その名の通りディフェンダーのカスタムばかりを手がけるチューナーですが、「やるからにはとことん」やってしまったようで、かかったコストはなんと3000万円オーバー。

ディフェンダーは独自のルックスを持つことで(メルセデス・ベンツGクラスのように)ファンが多く、そして世界中で人気があることから専門の窃盗団も存在するほど。

なおエンジンはシボレーの6.2リッターV8ユニット(LS3)をインストールし430馬力を発生。
トランスミッションは6速AT(これもシボレーのものと思われる)、駆動輪はトランスファーによってFRもしくは4WDの方を選択可能、とされています。

ホイールサイズは20インチ、タイヤはNITTO「グラップラー」。
サスペンションは専用品で大きくリフトアップされていますね。

ボディにはウインチやLEDライト、ロールバー、アンダーガード、その他補強パネルが取り付けられ、「世界の終わり」が来ても大丈夫そうな雰囲気。

内装はこんな感じ。
ダイアモンドステッチ採用でゴージャスな雰囲気がありますが、いかにも「男の仕事場」的な雰囲気もありますね。
快適性も考えられていて、シートヒーター、タッチ式のインフォテイメントシステム、リアビューカメラに加えて盗難防止装置も備えている、とのこと。

ぼくは基本的にハードなものやミリタリーっぽいもの、マッドマックスっぽいものが好きなので、こういった車両には強く惹かれます。
一度はこういったカスタムを行ってみたいとは考えるものの、なかなかパーツなどを探すのが難しく、敷居が高いモディファイと言えますね。

VIA:Motor1

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.