ad-728





>レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

3000万円をかけてマッドマックス風に改造したランドローバー・ディフェンダーが登場

2017/06/12

「East Coast Defender」がランドローバー・ディフェンダーを改造し「プロジェクト・ヴァイパー」を発表。
その名の通りディフェンダーのカスタムばかりを手がけるチューナーですが、「やるからにはとことん」やってしまったようで、かかったコストはなんと3000万円オーバー。

ディフェンダーは独自のルックスを持つことで(メルセデス・ベンツGクラスのように)ファンが多く、そして世界中で人気があることから専門の窃盗団も存在するほど。

なおエンジンはシボレーの6.2リッターV8ユニット(LS3)をインストールし430馬力を発生。
トランスミッションは6速AT(これもシボレーのものと思われる)、駆動輪はトランスファーによってFRもしくは4WDの方を選択可能、とされています。

ホイールサイズは20インチ、タイヤはNITTO「グラップラー」。
サスペンションは専用品で大きくリフトアップされていますね。

ボディにはウインチやLEDライト、ロールバー、アンダーガード、その他補強パネルが取り付けられ、「世界の終わり」が来ても大丈夫そうな雰囲気。

内装はこんな感じ。
ダイアモンドステッチ採用でゴージャスな雰囲気がありますが、いかにも「男の仕事場」的な雰囲気もありますね。
快適性も考えられていて、シートヒーター、タッチ式のインフォテイメントシステム、リアビューカメラに加えて盗難防止装置も備えている、とのこと。

ぼくは基本的にハードなものやミリタリーっぽいもの、マッドマックスっぽいものが好きなので、こういった車両には強く惹かれます。
一度はこういったカスタムを行ってみたいとは考えるものの、なかなかパーツなどを探すのが難しく、敷居が高いモディファイと言えますね。

VIA:Motor1

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)
-, , , , , ,