>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】米ユーチューバーが新型スープラのワイドボディ化を開始!使用するのは日本のパンデム製エアロキット

| アメリカではスープラのカスタム/チューンが一気に加熱 | 自身で新型トヨタ・スープラを購入したユーチューバー、TheStradman氏がワイドボディキットを装着する様子をYoutube上にて公開。現在のところ「仮組み」に止まりますが、パンデム製のフルエアロキット装着を予定しており、その内容を公開。なお、パンデム製のワイドフェンダー含むエアロキットは、お台場を走行した「A90スープラ・ドリフトマシン」に装着されていたものと同じ過激なものですね。 【動画】イベント当日は炎上してしまった「A90スープラ・ド ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「M専用スポーツカーについて明確なアイデアがある」。これまで否定されてきたM製スーパースポーツがついに実現?

| それが「スーパーカー」なのか「ハイパーカー」なのかは今のところ謎 | もう10年以上も前からウワサの出ている「BMW M専売スポーツカー」。もとはというと、この「M専売スポーツカー」は1978年発売の”M1”が元祖だと考えてよく、しかしその後のMモデルはずっと「BMWの既存車種をベースとしたクルマ」。そしてBMWは10年以上も前に「M1オマージュ・コンセプト」を発表し、それが「M1後継モデルの登場、もしくはM専売モデルの発売か」と騒がれたわけですね。 その後も度々M専売スーパースポーツの話が出ており、 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリの新型SUV(コードネーム:175)はV6、V8、V12エンジン搭載、さらにハイブリッドも。「これまでのフェラーリとは異なるチャレンジを行う」

| フェラーリは単に車高を上げただけのクルマではなく、まったく新しいクルマを作ろうとしているようだ | なにかと話題のフェラーリ製SUV、「プロサングエ(サラブレッドという意味で、現在のところ正式な車名ではない)。もちろんフェラーリとしては「初」のSUVとなりますが、おそらくは2022年に登場、と言われます。コードネームは”175”、そしてフェラーリの発表した中期計画に従い、「2023年までに発売するニューモデル15車種のうちの1つ」となりますが、市場ではランボルギーニ・ウルス、アストンマーティンDBXと ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA) ■ニュース

【動画】マツダが初代ロードスターにて「12時間で曲がったヘアピンの数」世界記録達成。これまでの倍近い”2900”をクリア

| 選んだのは初代ロードスター。まだまだNAロードスターも現役だ | ドイツのマツダ法人が公式に「ロードスターにて世界記録に挑戦」。これは改造した初代ロードスターを用い、「12時間でどれだけのヘアピンカーブを曲がれるか」に挑むものです。結果としてはなんと2900ものカーブを曲がり、これまでの「1500」の記録を倍近く更新して見事「記録達成(世の中には、実に様々な記録が存在するものだと思う)」。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリング ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

カローラがこんなに恰好良くなるなんて!トヨタが新型カローラ/カローラツーリング発表、カローラスポーツも小変更

| 日本仕様はちょっと顔つきを変えてきた | トヨタがかねてより予告していた「カローラ(セダン)」「カローラツーリング(ワゴン)」をフルモデルチェンジし発売開始。加えてカローラスポーツ(ハッチバック)にも改良を施しています。基本的な顔つきは「カローラ」と「カローラツーリング」が共通で、「カローラスポーツ」には専用バンパーが与えられます。インテリアのデザインや装備についても3車間でほぼ共通となっており、ここでその特徴を見てみましょう。まず、今回のモデルチェンジそして改良の骨子は下記の通り。※トヨタからのプレ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】トヨタの嘘つき!スープラのダクトカバーを外しても実際に機能しないことが判明する

| トヨタは「ダクトカバーを外せばクーリングやエアフローを改善できる」と言っていたが | ハードにチューンしたホンダS2000から新型トヨタ・スープラに乗り換えたユーチューバー、Jackie Ding氏。今回はそのスープラに採用されているエアベント/インテークがどのくらい機能するのかについて解説しています。なお、新型スープラには多くのエアベント/インテークが設けられていますが、それらの殆どには「フタ」が被せられています。これは「現時点では必要ないものの、将来的にパワーアップしてゆくと必要になるエアの取り込 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

フェラーリ「フェラーリとは、手に入らない美女のような存在だ」。需要よりも常に少なく生産し、ブランド価値を高めることに言及

| すでにフェラーリのブランド価値は世界トップクラスにある | フェラーリが「常に供給は需要以下にとどめる」とコメント。これは先日「我が社は台数を追求することに興味はない」と述べたのと同様の意図ですが、やはりフェラーリのマーケティング部門のボス、エンリコ・ガリエッラ氏が語ったもの。なお、フェラーリが”顧客が求めるよりも少なく作る”のはフェラーリの伝統でもあり、というのはフェラーリ創業者であるエンツォ・フェラーリのモットーが「顧客が買いたいと思うよりも一台少なく作る」。フェラーリの限定モデルの生産台数が「2 ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ランボルギーニはシアンFKP37に搭載されたハイブリッドシステムをアヴェンタドール、ウラカン後継に採用?いったいどんなシステムなのか

| スーパーキャパシタ採用はスーパーカーにとっては理想的 | ランボルギーニは初の市販ハイブリッドカー、「シアンFKP37」を発表していますが、このハイブリッドシステムは「近い将来のランボルギーニ」に使用されることになる可能性が高そう。そしてこのシアンFKP37の使用されるハイブリッドシステムは、多くのクルマが採用する「リチウムイオンバッテリー」のかわりに「スーパーキャパシタ」を採用していることが特徴です。 これがランボルギーニの未来!63台限定、2億7000万円の「Sián(シアン)」発表。V12+HV ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フェラーリ(Ferrari) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

フェラーリ「V12エンジンは排ガスの他、騒音規制に対応させることが困難」。2018年から導入された騒音規制がネックだと語る

| それでもフェラーリは「V12エンジンのために戦う | 近年のガソリンエンジンに対する締め付けは厳しくなる一方ですが、とくに大排気量V12エンジンを持つメーカーにとっては頭の痛い問題であるのは間違いなさそう。現在V12エンジンを持つメーカーはフェラーリ、ランボルギーニ、パガーニ、メルセデス・ベンツ、BMW、アストンマーティンといったところで、今回Top Gearによれば、フェラーリのエンジニア部門におけるチーフ、マイケル・レイタース氏が「正直キツい」と語った模様。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMWは今後キドニーグリルを光らせるようだ!純正オプションにてまずは5シリーズからアンロックで発光可能に

| 正直、こういった光りモノにボクは弱い | BMWは新型X6にて「光るキドニーグリル」をオプション設定していますが、今回は5シリーズに対しても同様に発光式キドニーグリルを追加設定。これは新車注文時(いわゆるメーカーオプション)であっても後付け(ディーラーオプション)でも対応可能だそうで、その価格は米国だと614ドルから。日本でもこれを投入するかどうかはわからないものの、どのみちebayには大量に出品されることになると思われ、なんらかの手段で購入は可能だと思われます。加えてBMWは「ブラックグリル」を単体 ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■近況について ■服や小物、時計、雑貨など

セイコー・アストロン×ジウジアーロの限定腕時計を購入。30万円の価値があるかを検証する

投稿日:2017/06/30 更新日:

セイコー アストロン ジウジアーロ・デザイン 2017限定モデル(Seiko Astron 2017 Limited Edition Designed by GIUGIARO DESIGN / SBXB121)を購入。

2015年にも発売されたジウジアーロとアストロンとのコラボモデル第二弾となりますが、今年のモデルは昨年のモデルに比べて大きくデザインが変更に。
2017年モデルのデザインについては、1980年代にジウジアーロがセイコーとのコラボレーションによって発表した腕時計シリーズと同じ「ケースとベルトとをオフセットさせた」デザインを今回「アストロン」で再現した、ということになります。








なお当時の「セイコー×ジウジアーロ」腕時計シリーズはこんな感じ。
ケースが右側にオフセットしてあるのは「レーシングスーツの袖口に当たらないよう」「運転中にプッシュボタンの操作をしやすいよう」と言われています(今回のアストロン×ジウジアーロについては「ドライビング中の操作性向上」とある)。※文字盤が斜めになっているのはバイクに乗っていても時間を読み取りやすいよう

2016年モデルのアストロン×ジウジアーロはこんな感じ。
通常のアストロンとケース形状は同一で、ダイアルやベルト、ケースバックを変更、というのが主な変更内容となっています。
ダイアルの文字盤はイタリック書体の数字となっていますが、これは立体で再現するにはコストが追いつかなかったのか「印刷」を採用(多分アストロン唯一の”数字”インデックス)。

2017年はこちら。
ケース、ベルト共に今回のコラボモデル専用であり、相当に通常モデルからの変更が大きくなっていますね。
なお、ケースとベルトはチタンですが、2015年モデルのようにベルトにセラミックが採用されておらず、また「(レザー製の)替えベルト」が付属しないためか、2015年モデルと希望小売価格は同じ設定。
限定数量は2015年モデルが5000本、2017年モデルは3000本。

デザインの他にもう一つ変更があり、それは「デザインした人」。
おそらく2015年モデルについてはジョルジエット・ジウジアーロ本人がそのデザインに関わっていると思われますが、2017年モデルについては関連性はない、と考えられます。

ジウジアーロ氏が立ち上げた「イタルデザイン」は2010年にフォルクスワーゲン・アウディグループに吸収されていますが、その後イタルデザインの株式はVWアウディグループ傘下のランボルギーニが保有することに。
その後もジウジアーロ氏はイタルデザインの株式を一部保有し続けており、実際に業務にも従事。

「イタルデザイン」では自動車関連、「ジウジアーロ・デザイン」としては自動車以外の工業製品をリリースすることになりますが、その一環として2015年モデルの腕時計「アストロン×ジウジアーロ」をリリースしており、当時のセイコーの製品サイトでは(現在は消えている)ジョルジエット・ジウジアーロ氏自らがデザインについてコメントしていますね(ジウジアーロ氏個人を中心にしたページ構成だった)。

しかしながら2015年7月にジウジアーロ氏は保有していたイタルデザインの株式全てを売却し、イタルデザインとは完全に決別。
今回のモデルはジウジアーロ氏が退任後のモデルとなるので「ジウジアーロ氏がデザインに関与」できないことになるわけですね(ジウジアーロ・デザインはジウジアーロ氏の名前を冠しているものの、すでにジウジアーロ氏とは関係がない)。

確かに2017年モデルのアストロン×ジウジアーロにおいて、その製品ページではジウジアーロ氏個人ではなく「ジウジアーロ・デザイン」というプロジェクトを押し出しており、ジウジアーロ氏個人色がなくなることに。
加えて「イタルデザイン」のロゴ(IDGと記載してあるもの)が今回のモデルから付与されていることを考えても、「新体制となった(ジウジアーロ氏抜きの)イタルデザインによってデザインされた」のが今回のアストロン、だと考えられます。

ただ、ジウジアーロ氏本人よりもイタルデザインのメンバーの方が「ジウジアーロ氏が行ったデザイン」を意識した(オフセットデザイン)ことは非常に興味深い事実であり、ここにもジウジアーロ氏の与えた影響、そして偉大なる功績を見ることができそうですね。



なお現在イタルデザインは上述の通りランボルギーニの所有となっており、その意味においてもぼくにとって「これは購入しておかねばならない」腕時計。
ただ「ウラカンとの共通点」という意味において、2015年モデルのアストロン×ジウジアーロのケースバックに採用される「ホイール状のデザイン」の方がウラカンに装着されるホイールの形状に近くなっています(オプションの鍛造ホイール、”ミマス”に似ている)。

ちなみにジウジアーロ氏のデザインした車としては、VWゴルフ、ロータス・エスプリ、ランチア・デルタ、いすゞ・ピアッツァ/ジェミニ、デロリアン、トヨタ・アリスト、ダイハツ・ムーヴ、マセラティ3200GT、スズキSX4などがありますね。

lamborghini huracan

さて、前置きが長くなりましたが「セイコー アストロン ジウジアーロ・デザイン 2017限定モデル」。
駆動方式は「ソーラーGPS衛生電波修正」、つまり電源不要のソーラー式。
電波時計なので時刻を正確に自動修正できるものの、電波を受信できる時間帯が限られるために「移動が多い」人だとそのメリットを享受できない可能性があり、それをカバーするために「GPS」という要素を導入し、位置情報と時刻情報を取得し反映する仕様となっています。

ケースとベルトはチタン(着色方法は”ダイヤコーティング”)、ベゼルはセラミック。
サファイアガラス採用に10気圧防水となっており、実用上の頑丈さは十分以上。

ケースとベルトは「面」によってフィニッシュが異なり、ヘアライン仕上げと光沢仕上げとを使い分けており、「ブラック単色」ながらも高級感が。
なおセイコーによるとケースには「ザラツ研磨」を施し、歪みのない曲面を実現、とありますがやはりロレックスやオーデマピゲの「磨き」には随分劣るように思われ、それなりに「歪み」は見られます。

風防は無反射コーティングガラス。
これはかなり優秀で、「ガラスなど無いかのように」文字盤がくっきり確認可能。

インデックスは先代の「文字」から「バー」に。
立体的な構造を持ち、比較的高級感があるように感じるものの、白い部分は「樹脂っぽさ」が目立つかもしれません(スポーツウォッチということを考えると問題はない)。

秀逸なのは「針」で、これは六角形をモチーフとした時針と分針を持っており、先代に比べて「ジウジアーロっぽく」なったところですね。

リューズにはルビーのようなものが埋め込まれています。
リューズには滑り止めの凹凸がありますが、これは成型が甘く、ルビーノような物体も「平坦」なので、宝石のようなカットがあるか、もしくはカルティエ(パシャ)のように卵型であればよかったのかもしれません。

ケースバックは先代同様に「ホイール」をイメージしたもの。

気になる部分はベルトのバックルとブレスレット。
30万円オーバーの腕時計としては非常に安っぽく(加工精度や操作感は優れている)、デザインとしてもこれは如何なものか、と思います。

こういった部分についてはたとえセイコーであっても「ヨーロッパのメゾン」には圧倒的にかなわない部分と言えますね。
加えてベルトのコマとコマとの間はちょっと隙間が大きく、買った時点から結構遊びがあり、それらが動いてちょっと嫌な音が出ることも。
さらにはコマを連結するピンもかなり細く安っぽいもので、ホームセンターなどで売られている安価な腕時計と大差がないものです(よって使用しているうちにさらにコマとコマとの隙間が拡がると思われる)。

ざっと見てみると「気になる部分」が多く感じられますが、それはロレックスやオーデマピゲ、カルティエといった製品と比較しているためで、全体的な雰囲気としては気に入っており、パっと見た感じではオーデマ・ピゲ・ロイヤルオーク・オフショアクロノよりも高級に見える、という意見も。
加えて上述のように「GPS+ソーラー」という絶対的な安心感があり、総合的に考えて「購入してよかった」と思える満足度の高い製品。

こちらはオーデマピピゲ・ロイヤルオーク・オフショア・クロノグラフとの対比。
価格差は10倍といったところですが、お金がかかっている部分が異なるので、外観では単純な比較はできないところ。

こちらはカシオG-SHOCKと。
G-SHOCKは電波ソーラー採用モデルとなりますが、アストロンと性格が近い、と言えそうです(やはり価格には10倍ほどの開きがある)。

なお、「パっと見るとよく見えるが、細部のツメが甘い」「信頼性は高いがステータス性に欠ける」といたっところは日本車と共通する部分もあり、やはり腕時計と自動車、というのはなんらかの似通った部分があるのでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, ■近況について, ■服や小物、時計、雑貨など
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.