>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】その名は「ヒデト・ブルー」!世界で最も高価なペイントを持ち、オプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンが東京にいた!

オーナー友人の開発による、特殊なメタルフレークを使用した「世界にひとつ」の塗装 世界中からスーパーカーのレビューを届けてくれる女性ユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。これまでにもケーニグセグ・レゲーラや5000馬力のデヴェル・シックスティーン、アポロ・インテンサ・エモツィオーネ(IE)の試乗レビュー、ピニンファリーナ・バッティスタなどレア中のレア車のを紹介しています。そして今回はなんと「東京」から世界に一台のボディカラーを持つ、そしてオプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンをレポート。 こち ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートのオプショングリルは430万円!デザイン変わらず、しかも重量アップなるも、ここにお金を払うのが真のコレクター

製造にかかるのは3000時間、アルミ製なので見た目はシルバーに 以前に「4種類あるアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガートすべてをコンプリートした男」を紹介しましたが、それに引き続きその中の1台、ヴァンキッシュ・ザガート・ヴォランテが別のオーナーへと納車に。その様子を紹介するのは「4台コンプリート」時と同じくユーチューバーのMr JWW氏。そしてこれらを納車するのはイギリスにある「アストンマーティン最古のディーラー」とのこと。 【動画】総額数億円?アストンマーティン・ザガートシリーズ4台全てを同じカラ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

マツダが欧州仕様マツダ3(アクセラ)のスペックを公開。上位モデルには181馬力のSkyactiv-Xエンジン+24Vハイブリッドシステム搭載

スカイアクティブGエンジンでもマイルドハイブリッドとドッキング 発表されるやいなや大きな反響を受け取ることとなった新型マツダ3(アクセラ)ですが、国内外から様々なレビューが登場しているほか、今回マツダが欧州仕様のスペックそして画像を大量に公開。これに先駆け、ドイツ国内仕様ではあるもののカーコンフィギュレーターが公開され、新しいボディカラーそしてオプションの詳細も判明していますね。 マツダが新型アクセラのカーコンフィギュレーターを公開。新色「ポリメタルグレー」に”デザインパッケージ”はなかなかナイス こちら ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >スバル(SUBARU)

スバルが新型コンセプト「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」の発表を予告。刺激的なクーペスタイルSUV?

レガシィを更に発展させた「たくましさ」「筋肉質」なデザイン スバルが2019年3月に開催されるジュネーブ・モーターショーにて、新型コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」を展示する、と公開。公開された画像ではその細部を知ることは出来ないものの、これまでのスバルとはやや異なる、しかし新型レガシィで見せた「たくましさを強調」したデザインを更に進化させた外装を持つようです。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ドイツのチューナーがメルセデスAMG GT Rをカスタムし+65馬力の650馬力に。ボディカラーは「前後色違い」の個性的なルックスへ

それでもホイールは「純正」なのが質実剛健なドイツのチューナー風 ドイツのチューナー、FolstaがメルセデスAMG GT Rをチューン。流石にドイツのチューナーだけあって「質実剛健」ぶりを発揮し、外観よりもパワーアップに注力しているのが「ドイツのチューナーあるある」。そしてその出力はノーマルの585馬力から65馬力アップの650馬力へ。なお、パワーアップ後のパフォーマンスは非公開ですが、0−100キロ加速はノーマルの3.6秒から向上しているのは間違いのないところだと思われます。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore

>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルスがトラックになればこんな感じ?実際に富裕層向けチューナーがカスタムしそう

ランボルギーニ・ウルス”トラック”の後ろ半分は意外と普通 おなじみレンダリングアーティスト、Rain Prisk氏がランボルギーニ・ウルスの「ピックアップトラック」をレンダリングにて作成。ウルスは登場以来様々なレンダリングが作成されていますが、この「トラック」が出てきたのは意外と遅かったな、という印象です。なお、実際のウルスは予想を越える大きなヒットとなり(その”予想”の数字自体もかなり大きかった)、2019年もしくは2020年にはランボルギーニの販売を「(ウルス登場以前、2017年に比較して)倍」に押し ...

ReadMore

>テスラ(TESLA)

テスラ・モデル3のカスタム第一号登場。カーボンパーツ装着とローダウンにてイメージ一新。テスラはちょっとカスタムするとやたら格好良くなるようだ

相当な台数の販売が予想されるだけに今後カスタム市場も盛り上がりそう ランボルギーニやメルセデス・ベンツのカスタムを公開してきたRevozportですが、今回はテスラ・モデル3のカスタムを披露。これは「R-Zentric ワイドボディ・モデル3」と命名されており、見るからにアグレッシブ。ただ、今回公開されたのは「シュトラッセ(ストリート)」バージョンとなり、残念ながらワイドではなく「通常」ボディのようですね。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」は安い?フェラーリF12「クリエイテ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ロリンザーが軍用Gクラスをレストモッド。ミリタリーテイストを残しつつもブラックとレッドのポップな仕上がりに

スイスアーミーからの「退役」車両をレストアがてらカスタム メルセデス・ベンツのカスタムで知られるロリンザーですが、「ロリンザー・クラシック」なる部門にてメルセデス・ベンツのレストアを行っており、今回はレストア+モディファイ=レストモッドによって生まれ変わった1993年製メルセデス・ベンツGクラスを公開。なお、同じくメルセデス・ベンツのチューナでもあるブラバスもレストア事業を開始していて、今後チューナーにとってもレストア、ひいてはレストモッドはひとつの大きなビジネスチャンスになるのかも。 え?あのブラバスが ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■近況について ■服や小物、時計、雑貨など

セイコー・アストロン×ジウジアーロの限定腕時計を購入。30万円の価値があるかを検証する

投稿日:2017/06/30 更新日:

セイコー アストロン ジウジアーロ・デザイン 2017限定モデル(Seiko Astron 2017 Limited Edition Designed by GIUGIARO DESIGN / SBXB121)を購入。

2015年にも発売されたジウジアーロとアストロンとのコラボモデル第二弾となりますが、今年のモデルは昨年のモデルに比べて大きくデザインが変更に。
2017年モデルのデザインについては、1980年代にジウジアーロがセイコーとのコラボレーションによって発表した腕時計シリーズと同じ「ケースとベルトとをオフセットさせた」デザインを今回「アストロン」で再現した、ということになります。








なお当時の「セイコー×ジウジアーロ」腕時計シリーズはこんな感じ。
ケースが右側にオフセットしてあるのは「レーシングスーツの袖口に当たらないよう」「運転中にプッシュボタンの操作をしやすいよう」と言われています(今回のアストロン×ジウジアーロについては「ドライビング中の操作性向上」とある)。※文字盤が斜めになっているのはバイクに乗っていても時間を読み取りやすいよう

2016年モデルのアストロン×ジウジアーロはこんな感じ。
通常のアストロンとケース形状は同一で、ダイアルやベルト、ケースバックを変更、というのが主な変更内容となっています。
ダイアルの文字盤はイタリック書体の数字となっていますが、これは立体で再現するにはコストが追いつかなかったのか「印刷」を採用(多分アストロン唯一の”数字”インデックス)。

2017年はこちら。
ケース、ベルト共に今回のコラボモデル専用であり、相当に通常モデルからの変更が大きくなっていますね。
なお、ケースとベルトはチタンですが、2015年モデルのようにベルトにセラミックが採用されておらず、また「(レザー製の)替えベルト」が付属しないためか、2015年モデルと希望小売価格は同じ設定。
限定数量は2015年モデルが5000本、2017年モデルは3000本。

デザインの他にもう一つ変更があり、それは「デザインした人」。
おそらく2015年モデルについてはジョルジエット・ジウジアーロ本人がそのデザインに関わっていると思われますが、2017年モデルについては関連性はない、と考えられます。

ジウジアーロ氏が立ち上げた「イタルデザイン」は2010年にフォルクスワーゲン・アウディグループに吸収されていますが、その後イタルデザインの株式はVWアウディグループ傘下のランボルギーニが保有することに。
その後もジウジアーロ氏はイタルデザインの株式を一部保有し続けており、実際に業務にも従事。

「イタルデザイン」では自動車関連、「ジウジアーロ・デザイン」としては自動車以外の工業製品をリリースすることになりますが、その一環として2015年モデルの腕時計「アストロン×ジウジアーロ」をリリースしており、当時のセイコーの製品サイトでは(現在は消えている)ジョルジエット・ジウジアーロ氏自らがデザインについてコメントしていますね(ジウジアーロ氏個人を中心にしたページ構成だった)。

しかしながら2015年7月にジウジアーロ氏は保有していたイタルデザインの株式全てを売却し、イタルデザインとは完全に決別。
今回のモデルはジウジアーロ氏が退任後のモデルとなるので「ジウジアーロ氏がデザインに関与」できないことになるわけですね(ジウジアーロ・デザインはジウジアーロ氏の名前を冠しているものの、すでにジウジアーロ氏とは関係がない)。

確かに2017年モデルのアストロン×ジウジアーロにおいて、その製品ページではジウジアーロ氏個人ではなく「ジウジアーロ・デザイン」というプロジェクトを押し出しており、ジウジアーロ氏個人色がなくなることに。
加えて「イタルデザイン」のロゴ(IDGと記載してあるもの)が今回のモデルから付与されていることを考えても、「新体制となった(ジウジアーロ氏抜きの)イタルデザインによってデザインされた」のが今回のアストロン、だと考えられます。

ただ、ジウジアーロ氏本人よりもイタルデザインのメンバーの方が「ジウジアーロ氏が行ったデザイン」を意識した(オフセットデザイン)ことは非常に興味深い事実であり、ここにもジウジアーロ氏の与えた影響、そして偉大なる功績を見ることができそうですね。



なお現在イタルデザインは上述の通りランボルギーニの所有となっており、その意味においてもぼくにとって「これは購入しておかねばならない」腕時計。
ただ「ウラカンとの共通点」という意味において、2015年モデルのアストロン×ジウジアーロのケースバックに採用される「ホイール状のデザイン」の方がウラカンに装着されるホイールの形状に近くなっています(オプションの鍛造ホイール、”ミマス”に似ている)。

ちなみにジウジアーロ氏のデザインした車としては、VWゴルフ、ロータス・エスプリ、ランチア・デルタ、いすゞ・ピアッツァ/ジェミニ、デロリアン、トヨタ・アリスト、ダイハツ・ムーヴ、マセラティ3200GT、スズキSX4などがありますね。

lamborghini huracan

さて、前置きが長くなりましたが「セイコー アストロン ジウジアーロ・デザイン 2017限定モデル」。
駆動方式は「ソーラーGPS衛生電波修正」、つまり電源不要のソーラー式。
電波時計なので時刻を正確に自動修正できるものの、電波を受信できる時間帯が限られるために「移動が多い」人だとそのメリットを享受できない可能性があり、それをカバーするために「GPS」という要素を導入し、位置情報と時刻情報を取得し反映する仕様となっています。

ケースとベルトはチタン(着色方法は”ダイヤコーティング”)、ベゼルはセラミック。
サファイアガラス採用に10気圧防水となっており、実用上の頑丈さは十分以上。

ケースとベルトは「面」によってフィニッシュが異なり、ヘアライン仕上げと光沢仕上げとを使い分けており、「ブラック単色」ながらも高級感が。
なおセイコーによるとケースには「ザラツ研磨」を施し、歪みのない曲面を実現、とありますがやはりロレックスやオーデマピゲの「磨き」には随分劣るように思われ、それなりに「歪み」は見られます。

風防は無反射コーティングガラス。
これはかなり優秀で、「ガラスなど無いかのように」文字盤がくっきり確認可能。

インデックスは先代の「文字」から「バー」に。
立体的な構造を持ち、比較的高級感があるように感じるものの、白い部分は「樹脂っぽさ」が目立つかもしれません(スポーツウォッチということを考えると問題はない)。

秀逸なのは「針」で、これは六角形をモチーフとした時針と分針を持っており、先代に比べて「ジウジアーロっぽく」なったところですね。

リューズにはルビーのようなものが埋め込まれています。
リューズには滑り止めの凹凸がありますが、これは成型が甘く、ルビーノような物体も「平坦」なので、宝石のようなカットがあるか、もしくはカルティエ(パシャ)のように卵型であればよかったのかもしれません。

ケースバックは先代同様に「ホイール」をイメージしたもの。

気になる部分はベルトのバックルとブレスレット。
30万円オーバーの腕時計としては非常に安っぽく(加工精度や操作感は優れている)、デザインとしてもこれは如何なものか、と思います。

こういった部分についてはたとえセイコーであっても「ヨーロッパのメゾン」には圧倒的にかなわない部分と言えますね。
加えてベルトのコマとコマとの間はちょっと隙間が大きく、買った時点から結構遊びがあり、それらが動いてちょっと嫌な音が出ることも。
さらにはコマを連結するピンもかなり細く安っぽいもので、ホームセンターなどで売られている安価な腕時計と大差がないものです(よって使用しているうちにさらにコマとコマとの隙間が拡がると思われる)。

ざっと見てみると「気になる部分」が多く感じられますが、それはロレックスやオーデマピゲ、カルティエといった製品と比較しているためで、全体的な雰囲気としては気に入っており、パっと見た感じではオーデマ・ピゲ・ロイヤルオーク・オフショアクロノよりも高級に見える、という意見も。
加えて上述のように「GPS+ソーラー」という絶対的な安心感があり、総合的に考えて「購入してよかった」と思える満足度の高い製品。

こちらはオーデマピピゲ・ロイヤルオーク・オフショア・クロノグラフとの対比。
価格差は10倍といったところですが、お金がかかっている部分が異なるので、外観では単純な比較はできないところ。

こちらはカシオG-SHOCKと。
G-SHOCKは電波ソーラー採用モデルとなりますが、アストロンと性格が近い、と言えそうです(やはり価格には10倍ほどの開きがある)。

なお、「パっと見るとよく見えるが、細部のツメが甘い」「信頼性は高いがステータス性に欠ける」といたっところは日本車と共通する部分もあり、やはり腕時計と自動車、というのはなんらかの似通った部分があるのでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, ■近況について, ■服や小物、時計、雑貨など
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.