>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがヴァンキッシュ・ザガート「スピードスター」発表。なおワゴンボディも追加

投稿日:

アストンマーティンが「ヴァンキッシュ・ザガート」の新ラインアップ「スピードスター」と「シューティングブレーク」を発表。
すでに「クーペ」「ヴォランテ」が発表されており、これで「ヴァンキッシュ・ザガート」は4つのラインアップを持つことに。

なおスピードスター、シューティングブレークともにもちろん限定で、スピードスターは28台、シューティングブレークは99台のみの生産と公表されています。

「スピードスター」は先般よりテスト車両が目撃されていたもので、「ヴォランテ」の後部座席を取り払い、よりアグレッシブでシャープなルックスが与えられたもの。

シート後方の黒い2つの「スピードスターカーバー」はカーボン製、とのこと。

「ヴァンキッシュ・ザガート」は2016年のヴィラ・デステにてまずクーペが発表され、限定99台、価格8000万円ということがアナウンスされています。
その後に発表されたのがオープンモデルの「ヴォランテ」で、今回実車が初公開される(今までは画像のみ)予定ですね。

今回プレビューされた「ヴァンキッシュ・スピードスター」について、価格はさらにその倍ほどの1億7000万円と言われますが、限定数28台はすべて完売、とも伝えられており、アストンマーティンの「限定」ビジネスはいずれも高い成功を収めていると言えそう。

こちらが追加で公開された「ヴァンキッシュ・ヴォランテ」の画像。
美しいスタイルを持つオープンモデルですね。

「シューティングブレーク」については一番上の画像でもまだヴェールをかぶったままでその全容がわからないものの、「アストンマーティンがワゴンを」公式にて発売する、というのはかなり衝撃的でもあります。
今年はポルシェが「パナメーラ・スポーツツーリスモ(パナメーラのワゴン)」発売するなど、にわかに「ワゴン」が活気づいている年でもありますね。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5