>ポルシェ(Porsche)

またすごいの出た。5800万円、限定25台のポルシェ993カスタム。妥協なしの「400R」

投稿日:2017/08/25 更新日:

| 993世代の911はこれからどんどん価値を上げそうだ |

ポルシェの新たなチューナーが登場。
クラシックポルシェのチューン/カスタムというとジンガーが有名ですが、現在はジンガーのビジネスモデルを参考に「Kaege」「5001ワークショップ(ジンガーの従業員が立ち上げた)」「Gプログラム」といった新星が姿を現しています。
そして今回もまた新たなチューナー「Guntherworks(ガンサーワークス?)」が素晴らしいポルシェ993のカスタムを披露。

特徴的なのはまず「993」を選んだこと。
他のチューナーの多くが930や964世代を選ぶのに対し、Guntherworksでは993をチョイスしている、というところが相違点です。
そしてもう一つは「そこにクラシック要素はない」というところ。
これものかのチューナーが懐古調な仕様を持つのに対し、Guntherworksはあくまでも現代風に攻めている模様。

なお今回発表された「400R」は25台限定、その価格はなんと5800万円。
エンジンは同じフラット6自然吸気ながらも3.6リッターから4リッターに排気量をアップし当時から270馬力もパワーアップ(エンジンの世代は不明。991用なのか993用のボアアップなのか。ただし車の性格を考えると空冷の993用のチューニング版かも)。
トランスミッションは6速MTとまさに「硬派」ですね。

リアシートは「レス」。
そしてシートがあった部分は美しいカーボンパネル、そしてクッション付きのアルカンターラ張りとなっています。

車体のあちこちに見られる、誇らしげな「400R」のエンブレム。

ホイールにも400R。
ブレーキシステムは純正と同じブレンボながらもキャリパー、ローター共に刷新されているようですね。
ローターは2ピース構造となっています(カーボンセラミックディスクではない)。
ホイールボルトもジュラルミンかチタンの削り出しのように見えますね。

フロントトランク内も美しいカーボンパネルで覆われ、レザー製と思われるボンディング加工が施されたカバーも。

メーターパネルにも「400R」。
メーターの外周にはアルミ製のサラウンドが取り付けられています。

関連投稿
ジンガーがポルシェ用空冷エンジンを制作。ウィリアムズと共同で、なんとハンス・メツガーも参加
ジェイ・レノ・ガレージにクラシック911のカスタムビルダー登場。元ジンガー従業員が立ち上げた「5001」
ジンガーの約半額。クラシックポルシェのレストア&カスタム新生、「Gプログラム」登場

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f