>ベントレー(Bentley)

ベントレー・ミュルザンヌを「クーペ化」するチューナー。コンチネンタルに顔面スワップではダメ?

投稿日:2017/10/09 更新日:

Bentley-Mulsanne-Coupe-4

ベントレー・ミュルザンヌをクーペに改造するチューナー登場。一体なぜ?

ドイツのチューナー、Mcchip-DKRがベントレーミュルザンヌをワンオフにてクーペ化し、「ミュルザンヌ・クーペ」を製作中。
「ミュルザンヌ・クーペ」はベントレーが発売するのではと報じられ、しかしその計画自体がポシャってしまったもので、今回このチューナーがそれを「自分たちの手で作ってしまおう」と立ち上がったというのがその経緯だそうです。

コンチネンタルGTにミュルザンヌの顔面スワップではダメなのか?

画像を見ると後部ドアを取り外してアルミ製のパネルで埋める、ルーフを切り取ってクーぺ風ルーフを取り付けるなど大掛かりな改造が行われていますが、ここでぼくが思うのは「コンチネンタルGTにミュルザンヌの顔面をスワップするのではダメなのか」ということ。

ミュルザンヌのルックスを求めるのであれば「顔面スワップ」の方がはるかに簡単で、ミュルザンヌのエンジンが欲しいのであれば「エンジンスワップ」の方が容易だと考えますが、もしくは単に「誰もやってないことをやりたかった」だけなのかもしれません(これは理解できる)。

ミュルザンヌはベントレーのフラッグシップで、駆動方式はFR、6.8リッターV8/OHVターボ(512馬力)というスペック。
コンチネンタルGTのトップグレード「スピード」のエンジンは6リッターW12ツインターボで642馬力を誇ります。
出力だけ見るとコンチネンタルGTの方が高くなっているものの、「トルク」だと優劣が逆転しており、ミュルザンヌのエンジンもまた魅力的であるのは間違いなさそう。

こんなにあるよ魔改造関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ベントレー(Bentley)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5