>マツダ(MAZDA)

マツダが東京MSで新型コンセプト2台を展示。1台はスポーツクーペ、1台はハッチバック

投稿日:

マツダが東京モーターショーに新コンセプトモデルを2台出展

マツダは第45回東京モーターショーにて”今後導入される次世代商品群の先駆けとなるコンセプトモデル”2台を展示すると発表し、特設サイトを公開
加えて先日特許取得で話題となった「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」ガソリンエンジンも展示する、とのこと。

一台目のコンセプトカーは今後のデザインのあり方を示した「次世代デザインビジョンモデル」

今回のモーターショーにおけるマツダのテーマは「マツダは『走る歓び』で、クルマを愛する人に人生の輝きを提供する。」。
以前よりマツダは車と人との関係性を重視していますが、それをさらに強調すると言った形になりそうですね。

今回公開されるコンセプトモデルのうち一台は”次世代デザインの方向性を具現化した”「次世代デザインビジョンモデル(一番上の画像)」。
これについては現時点で何も語られておらず、しかしおそらくは次世代ロータリースポーツ、そしてここ最近出願された特許を使用した車なのかもしれません(画像を見ると4枚ドアっぽい)。

これについては”魂動デザインの表現方法をさらに深化させた、次世代デザインの考え方を具現化したモデル”とされています。

もう一台のコンセプトカーは「マツダの考える理想的なコンパクトハッチ」

そしてもう一台は「コンパクトハッチバック」。
「SKYACTIV-X」エンジンに加えて”人間中心の思想を突き詰めて各機能を最適化した次世代車両構造技術”、「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用したもの。
マツダはかねてより「人馬一体」を重視しており、「人間中心の設計思想」においては既存車種にも採用されています(マツダのホームページにて解説されている)。

mazudaconcept22

ロードスターの特別仕様車「レッド・トップ」の展示も

その他の展示としてはダークチェリーカラーの幌(トップ)を持ち、インテアリアにオーバーン(赤褐色)カラーのナッパレザーを採用したロードスターの特別仕様車「RED TOP(レッド・トップ)」、デミオの特別仕様車「Noble Crimson (ノーブル・クリムゾン)」、CX-8、ロードスターRF、アクセラ、アテンザ、CX-3、CX-5といった顔ぶれ。

かねてよりマツダの新型スポーツカーには注目が集まっており、今回の展示は大きな話題となりそうですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f