ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

ついにドイツ本国でもシロッコの受注終了。VWは「直接の後継はない」と明言しこれにてライフが尽きる

投稿日:2017/10/19 更新日:

復活はなし。フォルクスワーゲンが公式に明言

フォルクスワーゲンが「シロッコ」の販売終了、そして復活がないことを公式に発表。
すでにシロッコは日本では販売を終了しており、その他いくつかの国でも販売を終えています。
そして今回、ついに本国ドイツでも新規受注を停止することとなり(在庫を販売して終了)、現行モデルは完全にそのライフが尽きた、と言えそうですね。

フォルクスワーゲン・シロッコとは?

VWシロッコは初代が1974-1981年、二代目が1982-1992年、そして今回終了となったものの三代目が2008年に登場(10年近くも生きながらえたのは驚き)。
いずれの世代もゴルフのスポーツクーペ版という位置づけで、そしてベースとなるゴルフに比べると非常に高価なことが特徴。
3世代目のシロッコはワルター・デ・シルヴァ氏(現在は退任)がVWアウディグループのデザインを統括することになった時期における「第一号車」で、現在にまで繋がる横基調のデザインや、台形型リアナンバープレート装着部を持つリアバンパーを採用した車でもあります。

プラットフォームはゴルフ5のPQ35で、しかし大きくトレッドを広げて安定性を増し、長い(180センチもある)ルーフをもたせることで空力を改善。
「シロッコR」も登場するなどそのスポーツ性をアピールし(ただしゴルフRとは異なりFF)、シロッコによるワンメイクレースを開催するなどモータースポーツイメージも強いモデルでしたね。

ぼくも一時期乗っていたことがありますが、本当にいい車だったと思います(14.リッターながらもターボ+スーパーチャージャーの2基がけでよく走った。記録している中では燃費も最も優れる車だった)。

↓シロッコは中華圏では大人気だった

シロッコがEVで復活というウワサもあるが?

なお数か月前にフォルクスワーゲンの開発部門が「シロッコはEVになって復活」という発言を行っていますが、これはまだまだ「検討中」の段階であって実現性は低く、実現しても「ずっと先」。
というのもフォルクスワーゲンは現在そのエレクトリックビークル(電気自動車)「I.D.」シリーズに注力する必要があり、これはおおよそ2022年辺りまで投入する車種が決まっています。
もちろん現時点でそこに「シロッコ」の名はなく、ということはEV版シロッコが登場するにしても「2022年以降」ということに。

なおEV版シロッコについてはいくつか(企画段階ながら)具体的な話も出ていて、170馬力のベースモデルから300馬力のトップレンジまで揃うという話、そしてこのトップに君臨するモデルは1モーターながらも4WDになる、とも言われています。
登場するのであれば運動性能を追求するのは間違いなさそうで、もしかするとEVシロッコにおいても「ワンメイクレース」が開催されるかもしれませんね。

シロッコはぼくにとって記憶に残る車だけに、その復活を待ちたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5