■バイク(自転車/自動二輪)

キアヌ・リーブスのバイク会社が新作発表。よりアグレッシブになったKRGT-1、1s、そしてコンセプト

投稿日:2017/11/29 更新日:

キアヌ・リーブスの経営するバイク会社が新作発表

キアヌ・リーヴスが所有するバイクカンパニー、アーチ・モーターサイクル(Arch Motorcycle Company)が新型車を3台発表。
すでに発表済みとなるKRGT-1の2018年モデル、これも発表済みの1sの新型、そしてMETHOD 143プロトタイプ。
KGRT-1と1sは同じエンジンを共有し、オーリンズ製のサスペンション、BST製ホイール、ハンドメイド製のパーツを装備。
そのほかにもカーボンやチタン製パーツ、アルミ製のビレットパーツも多数装着。

新モデルとコンセプトモデルを公開

KGRT-1の2018年モデルは新しいABS、フロントサスペンションを持ち、1sはアグレッシブなスタイルへと変更されライディングポジションも新しいものに。

ARCH-1S-Fuel-Filler-Feature2_preview

価格は1000万円程度となっており、完全に「ハイエンド」。
構造も斬新ですね。

ARCH-1S-Front-R-3-4-2_preview

こちらはKGRT-1。

2018-KRGT-1-L-Side-Full_preview

コンセプトモデル、METHOD 143プロトタイプ

Arch-Method143-L-Side-Final-VT_preview-1

関連投稿:キアヌ・リーブスが設立した会社がリリースするカスタムバイク、KRGT-1の新型登場。価格は1000万円

Arch+Orange-Black-White+'16+1_web

バイク好きで知られるキアヌ・リーヴスがバイクブランド「Arch Motorcycles」を立ち上げて二年ほど経ちますが、今回新しい「KRGT-1」を公開。
スリムな車体に見えますがエンジンは2032ccと巨大で、価格も約1000万円と非常に高価なカスタムバイクです。

キアヌ・リーヴスはポルシェ993に乗るなど車やバイク好きとしても知られ、カスタムバイク製造のプラン自体は2007年からあった模様。
当初はハーレー・ダビッドソンのカスタムを行おうと考えていたものの、その後に「完全オリジナルバイク」を制作することに方針転換(キアヌ・リーヴスは映画「マトリックス」撮影終了後にも主要スタッフにハーレーをプレゼントするほどのハーレー好き)。
友人のガード・ホリンジャー氏と立ち上げたのが件の「Arch Motorcycles」とのこと。

Arch+Matte+&+Polished+26+(1)_Fotor

KRGT-1は2014年にはじめて発売されていますが、今後はこの新しいKRGT-1含め年間30台ほどを販売する意向。
価格は高価ですが各パーツはオーナーに合わせてカスタム可能とのこと。

Arch+Polished+March+'16+29_Fotor

なおエンジンはS&S製(空冷Vツイン)、6速トランスミッションはBAKER製、フロントサスペンションはオーリンズの倒立式、リアサスペンションはレーステック製、フロントブレーキはISR製6ピストンキャリパーをツインで搭載しています。
フレームはアルミニウム、外装やホイールはカーボンファイバー製とのこと。

KRGT-1_Landscape005

Arch+Orange-Black-White+'16+5_web

Arch+Orange-Black-White+'16+22_web

Arch+Orange-Black-White+'16+29_web

KO+WEB+10

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■バイク(自転車/自動二輪)
-, ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5