>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity)

【Xmotionコンセプト】テーマは和風と鋼の剣。日産が「期せずしてレクサスと被ってしまった」車を発表

投稿日:

| 日産における2020年以降のデザインを示唆 |

日産がデトロイト・モーターショーにて「Xmotion Concept(クロスモーション・コンセプト)」を発表。
いわゆる「レジャー系」の使い倒せるSUVということになり、都市部ではなくアウトドアを意識したSUVコンセプトということになりますが、最近ではトヨタが「FT-AC」「FT-4X」「Tjクルーザー」を相次いで発表。
もともとトヨタは「FJクルーザー」という遊び倒せるSUVを持っているものの、終売に伴いその後継を考える必要があり、それが一連のコンセプト発表につながっている可能性も。

そして今回は日産から「遊び系」SUVコンセプトカー登場ということになりますが、各社とも「次」はこのジャンルだと考えているのかもしれませんね(ジムニーやクロスビー、ハスラーもサイズは違えど同じジャンル)。※日産によるプレスリリースはこちら

伝統工芸と最新テクノロジーとのミックス

Nissan-Xmotion-Concept-63

今回発表されたXmotion(クロスモーション)について、日産によると「伝統的な日本の熟練の技と最新のテクノロジーといった異なる価値、時代、次元をつなぐようデザインされた3列シートのSUV」。
かつ、2020年以降の日産におけるデザインを示唆するモデルだとされており、なかなかに面白そうな車だと思います。

さらには日産のグローバルデザイン担当であるアルフォンソ アルバイサ氏が「より堅牢で力強い側面を追求しました。大胆でパワフルな形とどこにでも走って行けるようなタフなプロポーション」だとも述べていますが、なんとくなくこのコンセプトは何かに似ている、と思い起こしてみたところ、それは「三菱」。
三菱は「パジェロ」に牽引されるオフローダーのイメージがあって、それを活かした「e-EVOLUTIONコンセプト」を発表しており、そして現在三菱は日産に吸収されているため、日産は三菱の持つ「資産(イメージ、そしてハードとも)」を活用する意向であり、それが今回のXmotionコンセプトにも反映されているのかもしれませんね。

Nissan-Xmotion-Concept-163

Xmotionコンセプトのデザインはこれまでの日産と比べて「似て非なるもの」で、Vモーショングリル、ブーメランヘッドライトが大きく進化。
全体的には「日本建築」にインスパイアされたといい、ブーメランヘッドランプは「鍛造された鋼の剣」を意識するなど、日本へのオマージュが盛り込まれた一台に。

Nissan-Xmotion-Concept-243

思わずレクサスのコンセプトカーと似たようなコンセプトに

なお日産はインフィニティブランドからも「Qインスピレーション・コンセプト」を発表していますが、こちらも内装に西陣織を用いるなど「和風」重視。
奇しくも同じデトロイト・モーターショーでレクサスが発表した「LF-1リミットレス・コンセプト」も「溶けた金属から鍛造された日本刀」をイメージした外観を持つなど、にわかに「和風」がトレンドなのかもしれません。

Nissan-Xmotion-Concept-93



ちなみにテールランプ(リアコンビランプ)は日本の伝統木工「組子」にインスパイアされたもの。
これにホログラムを組み合わせていますが、こういったところが日産の言う「伝統技術と最新テクノロジーとの組み合わせ」なのでしょうね。

Nissan-Xmotion-Concept-153

なおインテリアは「4+2」レイアウト。
シートやスピーカーグリルが独特の形状を持っており、これは「蜘蛛の巣」のように見えますが、この「蜘蛛の巣シート」についてもレクサスが以前に公開しており、「日本刀」と同じく「意図せずしてレクサスと被ってしまった」コンセプトカーだと言えそうです(切子や行灯、折り紙などと最新テクノロジーとの融合もすでにレクサスが実現している)。

Nissan-Xmotion-Concept-263

Nissan-Xmotion-Concept-403

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5