>マツダ(MAZDA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期マツダ・アクセラに採用される「フルデジタルメーター」の画像がリーク。FR化はあるか?

投稿日:2018/03/23 更新日:

| 次期マツダ・アクセラは最新技術の見本市に? |

2019年にフルモデルチェンジを迎えると見られるマツダ・アクセラのメータ周りがリーク。
流出した画像は2枚で、それぞれ同じ液晶パネルに異なる表示がなされており、つまりは「フルデジタル」になるということですね。
ただ、これが「全グレード」なのか特定グレードのみなのか、それともオプション装備なのかは今のところ不明。

本当にFR化はある?

さらに言うならば次期アクセラがどんな車になるのかすら不明。
おそらくは2017年10月に発表された「魁(KAI) CONCEPT」が次期アクセラを示唆するモデルではないかと言われるものの、どこまでこのスタイルが再現されるのかは気になるところ。

ドアハンドルは「フラッシュマウント」つまりポップアップ式ですが、アクセラのクラスでこれが採用されるとなるとけっこうな衝撃。

さらにはFR化されるというウワサ、そしてハイブリッドモデルの追加もあると言われ、しかし最大の目玉はSpark Controlled Compression Ignition (SPCCI=予混合圧縮着火) Skyactiv-Xエンジン。
これは燃費が10-30%ほど改善すると言われる新技術で、マツダが他社に先駆けて実装することになるものですね。

話をこのメーターに戻すと、欧州車だとメルセデス・ベンツやアウディ、ランボルギーニなどで採用される「おなじみ」の装備ですが、国産車となるとけっこう珍しく、とくにアクセラあたりの価格帯だとまず見られないデバイス。

色々と期待のかかる次期アクセラですが、「魁コンセプトのデザイン、デジタルメーター、ポップアップ式ドアハンドル、FR化、ハイブリッド、SPCCIエンジン」というウワサされる内容がすべて反映されると、とんでもなく競争力の高い車になりそうです。

↓実際のサイズは把握しにくく、しかし結構小さいのかも。マツダは外装のLED、内装の液晶パネルについてもかなり「コストを削った」ものを採用する傾向にあり、他社に比べるとちょっとショボいのも事実。次期アクセラではそれをひっくり返してほしい

2019-Mazda3-Dash-1

あわせて読みたい、次期アクセラ関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マツダ(MAZDA), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5