>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

なかなかイケてる新型レクサスESの公式フォト第一弾が公開。ティーザー画像もリリース

投稿日:

| 新型レクサスESはなかなかスタイリッシュ |

新型レクサスESのオフィシャルフォト第一弾、そしてティーザー画像が公開に。
実車の発表は4月25日、北京モーターショーにおいてなされる予定ですが、これは「カムリ」ベースのFFモデル。
日本においては未導入のモデルで、「CT」が無くなった米国においては実質的な量販モデルだといえそう。
なおレクサスのセダンは一昨年あたりから販売が芳しくなく、(米国では)「GS」は消滅し、このESに吸収される形となる、とされていますね。

FFのレクサス「ミドルセダン」は日本でも販売される?

これまでのESはどうしてもパっとしなかったものの、新型ESは画像そして動画を見る限りはなかなかにスタイリッシュ。
カムリ自体がトヨタの運命を決するほどのモデルであり、そのカムリをベースにしたためかプロポーションもなかなかのものですね。
リアのラインはカムリやLS同様、クーペ風となってリアウインドウの傾斜がゆるくなり、フロントグリルの押し出しはぐっと強く。
なお、このスピンドルグリルはアメリカでは「顧客がついてこれない」として不評のようですが、レクサスのデザイナーはそんなことお構いなしのようです。

lexus

今のところ新型レクサスESについてスペックの発表はなく、しかしエンジンは3.5リッターV6説が有力。
出力は300馬力となり、トランスミッションは8速ATが採用される、と予想されています。

米国でのライバルはボルボS90、BMW 5シリーズ、リンカーン・コンチネンタル、ジャガーXF、アウディA6、メルセデス・ベンツEクラスあたり。
今のところ価格についてもアナウンスはなく、これもスペック詳細とともに北京での発表を待つしかなさそう。

なお、気になるのは日本への導入ですが、GSが廃止になるのであれば、かわりにESの導入は「アリ」かも。
しかしながら「GS廃止」は米国だけで、日本ではGSが継続されるのであれば逆に「ESの導入はナシ」かと思われます。
国内への導入はGSの動向次第だと言えそうですが、おそらく「米国でGSを廃止するのであれば他の国でも廃止してGSは生産自体を終了」と考えるのが妥当。
ただしレクサスが日本において「FFのミドルクラスセダン」を投入するかどうかは「イメージ的に」判断がつかず、これもまた正式発表(日本への導入可否はかなりあとになりそうですが)を待つ必要があるようです。

あわせて読みたい、新型レクサスES関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5