>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

新型スープラには「GRMN」モデルも登場。アプリでアロンソの走りを「ゴースト」として再現も

投稿日:2018/06/20 更新日:

| 新型スープラにはハードコアな「GRMN」モデルも |

トヨタ・スープラの開発責任者でもあるトヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏がスープラについての新情報をMotoring Researchのインタビューにてチョイ出し。
これによるとトヨタは「(トヨタブランドで販売するものとは別となる)GRブランド独自モデルの販売を考慮しており、GRスーパースポーツ・コンセプト市販モデルの他にも”独自モデルがある”」とのこと。

スープラGRMNはやはり限定?

さらにそれはスープラの「GRMNモデル」になるとも語っており、つまるところ新型スープラには「ハイパフォーマンスモデルがある」ということに。
インタビューにおいては新型トヨタ・スープラと新型BMW Z4はエンジンやトランスミッションをシェアすることになると認めているものの、前出の多田哲哉氏は「両者の性格は全く異なる」とも。
「そのクルマがどういったフィーリングを持つのかはそれぞれの自動車メーカーが決定する。新型スープラとBMW Z4は完全に異なるサスペンション、そしてソフトウエアを持つ」と語っており、これまでも事あるごとに「新型スープラはリアルスポーツ」だと主張していますね。
そんなスープラですが、そのさらにハイパフォーマンス版が登場するとなると相当に刺激的なクルマであるのは間違いなさそう。

なおトヨタはリブートしたGRブランドについて新たなヒエラルキーを構築しており、一番下が「「GR PARTS」、その上が「GR SPORT」、そのまた上が「GR」、そしてトップが「GRMN」。
今回新たに話の出てきた「GR専売スープラ」には「GRMN」の名称が与えられるとのことなので、つまりはGRブランドの頂点としての登場となりますが、86GRMNやヴィッツGRMNのように「かなり特別」なモデルとなりそうですね。

もうひとつ、面白い話として出てきたのが「サーキット専用アプリ」。
これは各サーキットにおいて「自分の走行と、同じサーキットをアロンソが走ったときのタイムやラインと比較できる」というもの。
要は「ゴースト」のような機能だと思われますが、サーキットを走る人にとっては「たまらない」アプリだと思います。

現時点では標準モデルのスープラについての情報すら不明瞭ですが、スープラ掲示板によれば「BMWの3リッターターボエンジンを使用(335馬力)、0-100キロ加速は4.5秒、重量は1497キロ、価格は63,500ドルから、とのウワサ。
なお標準モデルのスープラにも「GR」バッジが付与されるとのことで、車名に「GR」が入るかもしれませんね。

あわせて読みたい、新型トヨタ・スープラ関連投稿

新型トヨタ(GR)スープラの情報が北米から。「価格700万円、335馬力、1497キロ、ヘッドアップディスプレイ、GRバッジ」
新型スープラのホイールデザイン判明。この形状からトヨタがどこまで”本気”なのかを考えよう
トヨタがはじめて公式に新型GRスープラのエンジンに言及。「BMW製だが、Z4と同じとは限らない」
新型BMW Z4の内装スパイフォト。コンセプトZ4や新型スープラのインテリアと比較してみよう
トヨタ欧州語る。「新型スープラは安いクルマではない」「その開発はほとんど日本で行われた」
新型スープラのインテリアが判明!ステアリングホイールや操作系はBMWと同一?
トヨタ「新型スープラとBMW Z4はもともと別のクルマ」。共同開発における苦労を激白
新型トヨタ・スープラ追加情報。「ボディ剛性は86の二倍」「重量配分50:50」「HVはたぶん無い」
トヨタ「新型スープラはZ4とは異なるピュアスポーツ」←BMWはその反対を主張

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5