>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

「BMW i8 GTR」誕生。540馬力、4リッターV8エンジンをミッドに積むレーシングカー

投稿日:2018/07/15 更新日:

| できればi8の構造を活かしてほしかった |

ベルギーのGTチャンピオンシップ参戦用としてHamofaモータースポーツがBMW i8のレーシングカーを作成。
製造にあたってはフランスの「ソリューションF」も協力しており、エンジンは「Z4 GTE」用の4リッターV8で540馬力を発生する、とのこと。
なおフレームは「チューブラー」で、エンジン搭載位置は「ミッド」。

え?チューブラー?

BMW i8のフレームはカーボンのはずですが、どうやらこのレーシングカーは「完全にシャシーをオリジナルにて製造」し、そこへBMW i8の「ガワ」をかぶせただけのクルマである模様。

ホンダNSXも「ハイブリッドを捨てた」NSX GT3にてレースを戦っているので、BMW i8もハイブリッドシステムを廃したレーシングカーをとうとう導入するのかと思ったのですが、「それはない」ようですね。

BMW自身はi8をレースに投入しない?

なお、この「i8 GTR」の制作過程は動画で紹介されていますが、こんな感じにて。
台の上に治具を固定して寸法を出し、そこからパイプを組んで溶接しています。

i8-4

なお市販車のBMW i8はこういった構造を持っています。
エンジン、バッテリー、モーターを積んだシャシーにカーボンモノコックのキャビンを被せる(載せる)方法ですね。

同じカーボンモノコックを採用するランボルギーニ・アヴェンタドールやマクラーレン540/570/720は「カーボンモノコックの前後にアルミ製サブフレームを取り付ける」という方法を採用しますが、それとはかなり異なる構造を持つことがわかります。

下のシャシーは「バッテリー搭載が前提」で設定されていることもわかり、よってハイブリッドシステムを使用しないのであれば(というかレギュレーション上、使用できない)i8の車体を流用する意味が薄いということも理解可能。

bmw-i8

こちらがそのi8 GTR。
実際に外像ではi8のパーツを多く流用しているため、「まんまi8」には見えますね。

i8-2

なお、i8 GTRの重量は約1100キロ。
市販モデルのi8は1540キロなので、440キロ「軽い」ということに。

そして市販モデルのBMW i8はミニクーパーのガソリンエンジン+ハイブリッドシステムにて369馬力を発生し、0-100キロ加速は4.4秒。
最高時速は250キロに制限されていますが、実際に運転した印象だとエレクトリックモーターのトルクをフル活用することで「馬力以上」のフィーリングがあり、かなり乗りやすく楽しいクルマです。

Hamofaモータースポーツではこのi8GTRを540馬力から600馬力にまでパワーアップさせる計画があるようで、今後の活躍そして進化が楽しみです。

i8

それでは動画を見てみよう

こちらがi8 GTRが轟音を轟かせて走行する動画、「BMW i8 V8 GTR Silhouette - Z4 GT3 sounds」。

こちらがそのi8 GTRを組み立てる様子を収めた動画、「I8 GTR race car Revealed」。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5