>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリがサプライズで「488ピスタ”スパイダー”」公開。イメージカラーは珍しいホワイト

投稿日:

| フェラーリが488ピスタ”スパイダー”をサプライズ公開 |

フェラーリがペブルビーチにて「488ピスタ・スパイダー」を公開。
全く予期していなかった中での発表となりますが、これは「フェラーリの歴史上、50番目のクーペ」とのこと。

スペックは下記の通りで、パワーやパフォーマンスは「488ピスタ・クーペ」と「ほぼ」同一の数値です。

エンジン:4リッターV8ツインターボ
出力:720馬力
0-100キロ加速:2.85秒
最高速度:340km/h

逆にクーペと異なるのはまず「0-200キロ加速」で、488ピスタ・クーペは7.6秒、488ピスタ・スパイダーは8秒。
もうひとつは「重量」で、488ピスタ・クーペは1280キロ、488ピスタ・スパイダーは1370キロ。
もちろんオープン化に伴う重量増加ということになりますが、にもかかわらずクーペと同じ0-100キロ加速を誇るのは非常に優秀だと言えます(フェラーリの現行V8モデル、マクラーレンはクーぺとオープンとで性能差が無い、もしくは僅少)。

フェラーリ488ピスタ正式発表。720馬力、0-100キロ加速2.85秒。ロードカーというよりレーシングカー

フェラーリ488ピスタ・スパイダーは限定?

488ピスタ・スパイダーの相違は外観にもあって、もちろんそれは「リトラクタブル・ハードトップを持つオープンカーである」ということ。
そしてオープン化にともない、リアデッキ形状が変更されています。

ferrari-488-pista-spider-6

ストライプも488クーペとは異なってリアにゆくに従い「広がる」デザイン。
さらにストライプが強調されており、シートにもホワイトのラインが入れられることに(488ピスタ・クーペのシートにもストライプが入っている)。

ferrari-488-pista-spider-3

オプションとしてはカーボンホイールが用意されているとアナウンスされていますが、車両本体価格についての公表は無し。

なお、限定発売なのかそうでないのかも現時点では不明ですが、フェラーリは一般に、クーペに比べてオープンモデルの販売を極端に制限する傾向にあり、よってこの488ピスタ・スパイダーも「限定モデル」の可能性が大(458スペチアーレのオープン版、458スペチアーレAも極端に販売が制限された)。

ferrari-488-pista-spider-4

ちなみに488ピスタ・クーペ自体も「限定」と公的に公表されているわけではないものの、その購入資格は厳しく管理され、購入するのは「非常に困難」だとされているので、そのオープン版となると推して知るべし、という感じですね。

オフィシャルフォトとして公開される車両に「ホワイト」が用いられるのは非常に珍しく、ぼくの知る限りでは他に例がないかも。

ferrari-488-pista-spider-5

フェラーリ488ピスタ・スパイダーのインテリアはこうなっている

フェラーリ488ピスタ・スパイダーのインテリアはこんな感じ。
ボディに入るストライプ同様にネイビーが使用されており、そのコントラストカラーとして逆にホワイトのストライプが入っています。

ferrari-488-pista-spider-7

現代の一般的なクルマに比較すると「アナログ」テイストが強いインテリアですが、そのぶんスパルタンな印象も受けますね。

3436c4fc-ferrari-488-pista-spider-8

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5