>マツダ(MAZDA) ■ニュース

新型Mazda3(マツダ・アクセラ)発表!コンパクトカーの常識を超える、洗練されたデザインと装備が自慢

投稿日:2018/11/28 更新日:

| 新型Mazda3(アクセラ)は”ワンモーション”による動きを表現 |

マツダが新型アクセラ(欧州ではMazda3)ハッチバック、セダンを同時発表。
実車はロサンゼルス・モーターショーでの公開予定ですが、ひとまずはオンライン上での先行公開です。

マツダによると新型アクセラには”日本の美意識の本質を体現することを目指す、深化した「魂動デザイン」を採用”。
ワンモーションによるシンプルなフォルムを採用したと言い、ハッチバックでは「エモーショナル」、セダンでは「エレガンス」を追求。

技術面では”新世代車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)」”、そして最新の「SKYACTIV-X」「SKYACTIV-G」「SKYACTIV-D」を搭載し、人の感覚に忠実な「走る・曲がる・止まる」自然な動きが感じられるに仕上げた、としています。

「Kai」コンセプト似のスタイリッシュなデザインで登場

なお、新型Mazda3については、これまで何度か公開されたティーザー画像にて「Kaiコンセプトに良く似た」デザインを持つことが分かっていたものの、実際に登場してみると忠実にKaiコンセプトを忠実に再現していることを見てとることができます。

mazda-axela (3)

こちらがその「Kaiコンセプト」。
そのフォルムの再現性は高く、相違といえば前後ホイールハウスの大きさとドアミラーくらい。

コンセプトモデルで採用された「フロントバンパー両脇のダクトが無い」デザインも市販モデルではそのまま用いられていますね(マツダは他モデルでもこのデザインを用いる傾向にある)。

そして新型Mazda3。
リアのボリュームがあり、太いCピラーが特徴的。

mazda-axela (1)

パワートレーンについては今回発表はなく、しかしこれまでの話で1.5/2.0/2.5リッターガソリンエンジン、1.8リッターガソリンエンジンがラインアップされる可能性が大(市場によって使い分けられることになる)。
加えてリアのバッジからAWD(4WD)があることもわかります。

なお、マイルドハイブリッドも追加される、と言われているようですね。

mazda-axela2

この画像を見るとリアのマツダエンブレムが持ちあがっているように見え、ここにカメラが内蔵されているのかもしれませんね。
なおハッチの左にある「MAZDA」文字のフォントについて、これまでの丸っこい小文字っぽいモノから、しっかりした書体へと変更されているようです。

mazda-axela (11)

なおAWDについては先日フェイスリフトを受けたCX-5同様の「i-ACTIV AWD」が搭載されることになると言われています。

mazda-axela (10)

こちらは「グレー」のボディカラーを身にまとう新型マツダ3。
マシーングレープレミアムメタリックとはちょっと違う、欧州で流行中の「ソリッドっぽいグレー」に近い色味のようにも。

mazda-axela (4)

そしてフロントグリルフレームやホイールは「ブラック」ですが、これはおそらく標準の仕様ではなくオプションではないかと推測。

mazda-axela (8)

サイドから見ると、より一層「ワンモーション」フォルムを持つことが分かります。

mazda-axela (5)


新型マツダ3のインテリアはこうなっている

こちらは新型Mazda3のインテリア。
ダッシュボード上には8.8インチディスプレイを持つインフォテイメントシステムが備わり、ここで多くを操作するためか全体的にシンプルな印象へ。

加えてマツダが最近取り入れている「広がり」を感じさせるデザインが水平基調のラインを設けることによって再現されています。

そのほか、ステアリングホイールのテレスコピック機能は「10ミリ」可動領域が広くなったとしていて、これは「ドライビングポジション」を重要視するマツダならでは。

新型Mazda3ではサイドウインドウの天地が狭くなることで囲まれ感が強くなったように感じますが、センターコンソールを大きく太くすることでやはり「タイトさ」を演出しているようで、マツダは新型アクセラについて「コンパクトカー」というよりは「スポーツカー」に近づけたかったのかもしれません。

mazda-axela (9)

Mazda3セダン(アクセラ・セダン)はこうなっている

一方でセダンバージョンのマツダ3はこちら。
コンパクトクラスとは思えない伸びやかなシルエットが特徴です。

mazda-axela (2)

ボディサイドの「えぐり」方、テールランプはマツダの発表した「ヴィジョン・クーペ・コンセプト」にちょっと似た印象。

mazda-axela-3

こちらがマツダ・ヴィジョン・クーペ・コンセプトですが、さすがにボディサイズの相違もあってシルエットの再現までは難しかったようですね。

マツダがRXヴィジョンの4ドア版、「MAZDA VISION COUPE(マツダ・ビジョン・クーペ)」発表

mazda-axela (12)

そして3ドアハッチバック/セダンともに充実した安全装備が与えられ、フロント・クロス・トラフィックアラートほか、アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート、AT誤発進抑制制御、車線逸脱警報システムなどの「サポカーSワイド」に相当する機能、そしてドライバー・アテンション・アラートなども装備される可能性が大。

mazda-axela (6)

現時点では内外装そしておおよそのスペックや装備が公開されたのみで詳細や価格は不明。
今後、順次その内容が明かされてゆくことになりそうです。

VIA:MAZDA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5