>その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

ポルシェ「918スパイダー後継はニュルのタイム6分30秒が必達目標だ。そのためにパワートレーンにもこだわらない」

更新日:

| ポルシェは918スパイダー後継に高いチャレンジを課す模様。フルエレクトリックも? |

英国Autocar報じるところによると、ポルシェは次世代ハイパーカーの開発を考えていて、つまりこれは918スパイダーの後継ということになりますが、「ニュルブルクリンクのラップタイム6分30秒」を目標としている、とのこと。
なお、ポルシェ918スパイダーは限定モデルながらも「量産車としてははじめてニュルブルクリンクのラップタイム7分を切った」車であり、当時6:57.00というタイムが発表された際には「何かの間違いでは?」という意見も出たほど現実離れしたパフォーマンスを誇った車でもあります。

その後はランボルギーニがアヴェンタドールSVにて7分を切り、さらにウラカン・ペルフォルマンテにて6:52.01というポルシェ918スパイダーを凌駕するタイムを記録すると、すぐさまポルシェは911GT2RSで6:47.3でこれを更新し、そしてまたランボルギーニがアヴェンタドールSVJにて6:44.97というタイムを出すとポルシェはこれまた(改造車ですが)911GT2RS MRにて6:40.3というタイムで周回するなど、すごい勢いでタイムが書き換えられているのがここ最近の状況です。

ニュルでは一番でなくては我慢ならない?ポルシェがチューンした911GT2RS"MR"でニュル最速を更新する

ポルシェはニュルブルクリンクのタイムに固執

なお、ポルシェは「抜かれたら抜き返す」という姿勢でもわかるとおり、ニュルブルクリンクのタイムについては非常に重きを置いていて、これは市販車だけではなくレーシングカーにおいても同様。

ポルシェはレーシングカーとしても1993年に「ポルシェ956」で6:11.13というコースレコードを樹立していますが、今年になって「ポルシェ919ハイブリッドEvo」にてその記録を上書きする5:19.55というタイムを叩き出し、絶対的な王者として君臨しているわけですね。

ポルシェ919ハイブリッドEVOがニュルにて驚異の5:19.55を記録。自身の記録を51秒短縮

そういった状況の中での「新型ハイパーカーでは6:30を目指す」ということになりますが、この「6:30」というのは必達のようで、ポルシェ曰く「そのためにはパワートレーンにはこだわらない」。
ただ現在はこの「918スパイダー後継」について具体的な案はなく、しかしポルシェは以前に「あらゆる面で918を超える車でないと発売しない」と語っているとおり、現在はまずブランド初のエレクトリックかー「タイカン」に注力し、まずはエレクトリック分野での可能性を探るのかもしれません。

ポルシェ「918スパイダー後継は現在白紙。あらゆる面で918を超える技術革新がなければ作らない」

そして「エレクトリック」という観点だと、ポルシェはリマックとの提携を発表していますが、918スパイダー後継はこの技術を使用し、「フルエレクトリック」となる可能性もありそう。

実際にポルシェは「エレクトリック」に大きく舵を切っているため、その方向性を明確にしたり、そのジャンルでの強みをアピールしセールスを有利にするためにも「エレクトリックハイパーカーでニュルブルクリンクを6分30秒で走る」ことは、ブランド運営上の視点からも「成しとげないければならない」チャレンジなのかもしれませんね。

そんなにすごいのリマックの技術?ポルシェが株式10%を取得しリマックとの提携を発表

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->その他ポルシェ関連/ニュース, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5