>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

CGデザイナーがBMW Z4とトヨタGRスープラの顔面をスワップ。まったく違和感がなく、このまま発売できそうな件

投稿日:2019/01/18 更新日:

絶対にありえないクルマだが、意外と似合っていた

先日は「新型トヨタ・スープラのオープンモデル」をイメージしたレンダリングが公開されましたが、今回は逆に「BMW Z4をクローズドにしてみた」作品が登場。

これを見ると、フロントのインテークやキドニーグリル、ヘッドライト、ホイールはBMW Z4ではあるものの、前から後ろにかけて、つまりフロントフェンダー以降は「スープラ」に。

BMWはZ4のクーペを作らないとしているため(Z3/Z4で投入したクーペはことごとく失敗している)、絶対にありえない(しかもこのスープラっぽいデザインでは)クルマではあるものの、けっこう格好良く決まっていると思います。

トヨタ・スープラは曲線と曲面、BMW Z4は直線基調のザイン。本来であれば相容れないはずだが

そして同時に公開されたのが「スープラのオープンモデル」。
ただしこちらも「Z4クーペ」同様(というか逆に)、フロントフェンダー以降がBMW Z4となっており(ホイールはスープラのもの)、こちらもけっこう似合っているように思います。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

新型トヨタGRスープラ、そして新型BMW Z4両車は共同開発され、製造も同じマグナシュタイヤーの工場(オーストリア)ということは周知の事実ですが、それぞれのクルマを見た感じでは「まったく兄弟車とはわからない」デザインを持っており、これはトヨタ、BMW双方のデザイナーが優秀であることを証明していると思います。

しかしながら、こうやって「顔面スワップ」してみると全く違和感はなく、そこでハタと「そういえばこの二台はプラットフォームとドライブトレーンがが一緒だったな」と気付かされることに(うまく両車を融合させたCGアーティストの腕前もなかなか)。

なお、BMWとは反対に、トヨタは「スープラのオープンモデル」についても検討の俎上にあがっているようで、(もちろんこの画像のとおりではないものの)将来的にはスープラのオープンモデルが登場する可能性もありそうですね。

なお、以前にはBMW Z4の顔面を「スズキ・スイフトスポーツ」にスワップしたレンダリングも登場していますが、こちらも違和感がないのがまた不思議です。

VIA:Kleber Silva

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5