>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ドイツのチューナーがメルセデスAMG GT Rをカスタムし+65馬力の650馬力に。ボディカラーは「前後色違い」の個性的なルックスへ

投稿日:2019/02/20 更新日:

それでもホイールは「純正」なのが質実剛健なドイツのチューナー風

ドイツのチューナー、FolstaがメルセデスAMG GT Rをチューン。
流石にドイツのチューナーだけあって「質実剛健」ぶりを発揮し、外観よりもパワーアップに注力しているのが「ドイツのチューナーあるある」。

そしてその出力はノーマルの585馬力から65馬力アップの650馬力へ。
なお、パワーアップ後のパフォーマンスは非公開ですが、0−100キロ加速はノーマルの3.6秒から向上しているのは間違いのないところだと思われます。

これから流行る?「前後で色違い」

なお、見たところホイールもノーマルであり、外観上のカスタムはほぼ見られない模様。
このあたりが西海岸のチューナーとは異なるところで、西海岸のチューナーだと真っ先にホイール交換するのかもしれません。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外、水

ただ、このFolstaが手がけたメルセデスAMG GT Rで最も特徴的なのは前後でボディカラーが異なる」こと。

この「前後色違い」はプジョーはじめルノーもコンセプトカーにて採用しており、欧州では「ちょっと流行りそう」な雰囲気も。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

おそらく前半分は純正ボディカラーのままの「サンビーム」(オプション扱い)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

しかし後ろはラッピングにてヨン・オルソン風の「アーバンカモフラージュ」。
ただしイエローからこのアーバンカモへと変化する途中は「スプラッシュ調」のグラフィックが用いられており、このセンスには脱帽です。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

なお、メルセデスAMG GT Rは非常に高い運動性能を持っており、ニュルブルクリンクを7:10.92で周回する実力の持ち主(歴代14位)。
そのタイムはマクラーレン720Sや日産R35 GT-R NISMOよりも速く、つまりは「相当に速い」。

ただ、AMGとはいえども「メルセデス・ベンツ」というブランドイメージが「高級車」という印象を与えるため、このAMG GT Rも世間一般には「ピュアスポーツ」というよりはSLの延長のような「スポーティーなクーペ」という受け取られ方をされることが多いようです。

しかしながら実際に乗ると「スパルタンなライトウエイトピュアスポーツ」という印象があり、ぼくとしてはAMG GT Rについて「過小評価されすぎている」クルマの一台だと捉えて、ちょっとかわいそうだなあ、という印象も(アウディR8も同じように捉えられる傾向がある)。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5