>スズキ(SUZUKI) ■近況について

【動画】やっぱりジムニーはジムニーらしくないとな!Gクラス風やディフェンダー、ランクル風にカスタムされたジムニーを見てきたぞ

投稿日:2019/02/11 更新日:

オートメッセのもう一つの主役はやっぱりジムニー

さて、大阪オートメッセ2019「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」編。
オートメッセ会場には相当数のジムニーが展示されていたものの、やはり注目はWALDによる「スズキ・ジムニーシエラ・ブラックバイソン」。

同社のフラッグシップとも言えるエアロキット「ブラックバイソンシリーズ」を身にまとったカスタムカーですが、その完成度や迫力はピカイチだと思います。

なお、実際に目にするとメルセデス・ベンツGクラスというよりもジープ・ラングラーに近いかオリジナルデザインと言えるものを持っている、という印象も(逆にGクラスに寄っていなくて良かったと思う)。

そのほかのカスタムジムニーを見てみよう

そして会場にはそのほかにもカスタムされたジムニーが大量展示。
ここでその一部を見てみましょう。

こちらもメルセデス・ベンツGクラス風。

先代ジムニーでもよく見られた、ハードなオフローダー風のジムニー。
やはりタイヤ交換+リフトアップ、というオフロードスタイルが多いようですね。

こちらもオフローダー風。
ラックやルーフボックス装着のジムニーは相当数展示されています。

FJ(トヨタ・ランドクルーザー)風にカスタムされたスズキ・ジムニー。
ちょっとユルい感じですね。

ごっついグリルガード、LEDライトで武装されたジムニーシエラ。
これはボンネット、リアハッチが「ブラック化」されて全体的にかなりハードな印象。

ガード類も梨地仕上げのマットブラックとなり、ヘビーデューティーこの上ない仕様ですね。

ホイールもレトロ。

シンプルに、しかしワイルドにカスタムされたジムニー。
こういったスタイルもかなり多いように感じます。

ブラックとレッドのジムニーシエラ。
これはかなり「目新しい」印象です。

バンパーをボディ同色に。
グリル周りも変更されていますね。

ダムドのメルセデス・ベンツGクラス風カスタム、「リトルG(Little G)」。
実車を見ると「あまりGクラスっぽくない」印象も(メルセデス・ベンツGクラスとはサイズが違いすぎるから?)」。
こうやって多数のジムニーのカスタム車を見ると、やはりなにかに似せるのではなく「ジムニーはジムニーらしく」というのが一番のように思います。

そしてこちらはランドローバー・ディフェンダー風、「Little D(リトルD)」。

ぼくが一番気になったのはこのジムニー。
「Mt.8」というところがカスタムした車両のようですね。
ヘッドライトは格好良いプロジェクタータイプに変更。

シンプルかつワイルドなところがまさに「ジムニー」。
前後バンパーはヘビーデューティーなパーツに交換されています。

「怒り顔」ジムニーも。

デニムのインテリアも今回いくつか見られた最新の傾向(岡山デニムをしよう)。

そしてインテリアをレーシーにカスタムしたジムニーも多数。
これも先代に多く見られたモディファイですね。

他の画像はFacebookのアルバム「スズキ・ジムニーのカスタム in 大阪オートメッセ」に保存しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->スズキ(SUZUKI), ■近況について
-, , , , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5