>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >日産/インフィニティ(Infinity)

もしもトヨタGRスープラがミドシップになったら?→フェラーリっぽいスープラのレンダリングが誕生

投稿日:2019/03/11 更新日:

トヨタはMR2復活の可能性を示唆しているが

さて、まだまだ登場する新トヨタGRスープラの「もしも」系レンダリング。
これまでには「トラック」「ワゴン」「オープン」「ベースグレード」「オフローダー」といったところが公開されているものの、今回は「ミドシップ」のレンダリング。

なお、トヨタとミドシップとは無縁ではなく、というのもトヨタはかの「MR2」を販売していたことがあるため。
ただしMR2は操縦安定性にやや難があるとされ、その後継とも言える「MR-S(トヨタはこれをMR2の後継ではないと主張している)」ではその「難」を目立たなくするためか「パワーダウン」させるという手法を採用。

さらにレクサスにて「LFA」を開発する際も、ミドシップが一案として出てきたものの、コントロールが難しいということから却下して「FR」へと変更したという経緯もありますね。

トヨタはミドシップスポーツカーの夢を捨ててはいない

ただ、トヨタは「ミドシップ」について諦めたわけではなく、「MR2」の復活も宣言しており、将来的にトヨタから「ミドシップスポーツ」が登場する可能性も否定できなさそう。

なお、ミドシップの利点としては「エンジン」という重量物を車体中央に搭載することでトラクションを向上させたりロールセンターを中心に集めるというものがありますが、反面「限界が高くなるので、ブレークしたときにコントロールしにくい」という問題も。

よって多くのスポーツカーメーカーはコントロールが比較的容易なFRを採用することとなっていますが、やはりFRでは運動性能に限界があり、コルベットも「ミドシップ」へと移行したり、アストンマーティンもミドシップレイアウトを持つ新シリーズを計画している、というのが現状です。

しかしながら「ミドシップスポーツの開発」はそう簡単ではなく、各社ともかなり手こずっているというのも実情のようですね。

ほかにもある、「もしもミドシップ化されたら」というレンダリング

なお、「このクルマがミドシップになったなら」というのはメーカーだけではなくファンも同様だと見え、これまでにもいくつかの「ミドシップ化」レンダリングが登場。

こちらは日産GT-Rの「ミッドシップ化」。

本当に実現する可能性もあった「ダッジ・ヴァイパー」のミドシップ。

viper-mid-engine

レクサスLC500がミドシップになったら?

lexus-mid-engine

一方、スープラはここまで弄られている

そして素材として人気であるため、なにかとレンダリングのネタとなるのがトヨタ・スープラ。
ワゴン化は「定番」とも言えますね。

こちらはフェイスリフトを想定したレンダリング。

オープンモデルは違和感ナシ。

スポーツカー×オフローダーもまた、人気のレンダリングですね。

VIA: Rain Prisk - Facebook

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >日産/インフィニティ(Infinity)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5