>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ホンダ「現在のエレクトリック技術でも現行シビック・タイプRと同じ性能を持つEVを作れる。だがそれはタイプRではない」。なお次期シビックはレトロデザインに

投稿日:2019/03/09 更新日:

タイプRには高次元のハンドリング、ドライバビリティが必要。それはEVには不足しているものだ

ホンダはすでに次世代のシビック・タイプRの開発に向けて動き出していると言われますが、Pistonheadsによると、「複数の内部筋によると、次期シビック・タイプRはハイブリッドになる」とのこと。

なお本田技術研究所 四輪R&Dセンター LPL 主任研究員の人見 康平氏(ホンダのEV、ホンダEプロジェクトも手動)によると、「今の時点でも、シビック・タイプRと同じパフォーマンスを持つクルマをフルエレクトリックで実現できる。だが、シビック・タイプRはパフォーマンスだけで語られるべきクルマではない。ハンドリングやドライバビリティを含めての”タイプR”であり、単純にエレクトリック化できるものではない。それはタイプRのただしい方向性とは異なる」。

次期ホンダ・シビック・タイプRはハイブリッドになる?ならない?

これらを総合するとホンダは次期シビック・タイプRについてハイブリッド含むエレクトリック化を検討しているのは間違いなさそう。

ただ、現時点では「フルエレクトリック」はなく、エレクトリック化されるにしても「ハイブリッド」ということになるかと思われます。

ただしシビック・タイプRはもともと「軽量なFF」スポーツカーなのでハイブリッド化する意味はあまりないと思われ、いたずらに重量(と価格)が増えるだけになる可能性も。

2019 Honda Civic Type R

よってハイブリッド化するのであれば、オルタネーター兼用のモーターを装着し、これでトランスミッションを直接アシストする形の「マイルドハイブリッド」が適当なのかもしれません。

もしくはリアアクスルにモーターを装着し「フロントはガソリンエンジン、リアはモーター」で駆動する4WD化という手段もあるかとは思うものの、となるとこれもシビック・タイプRの性格がすっかり変わってしまうので、やっぱり「これはない」とも考えられます(FFスポーツカーにおけるニュル最速、という肩書も失ってしまう)。

次期ホンダ・シビックはレトロに?

なお、同じくPistonheadによると、ホンダのデザイナーの発言として「(初代シビックをイメージした)ホンダeのデザインは、EVのみのスタンドアローンではなく、次期(ガソリンエンジンの)シビックにも影響を及ぼす」とのこと。

これが本当であれば次期シビック・タイプRはまさかの「レトロなルックス」になりそうですが、これはこれで面白いのかもしれません。

現在は各自動車メーカーのデザインが「そのメーカーのヘリテージ」を活かしたものへと回帰しつつあるものの、これは一時のアメ車に見られた「ネオレトロ(リバイバル)」とはちょっと意味が異なり、どんどん出てくる新興自動車メーカーとの差別化という意味で「自分たちはこんなに歴史を持っている」ということのアピールであるようにも思えます。

Source: Pistonheads

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5