>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン570Sスパイダーのカスタムが北米から。ブロンズホイールに車高ダウン、リアウイングの渋い一台

更新日:

ブロンズホイールは北米で高い人気を誇る

ホイールメーカー、ブリクストン(Brixton)によるマクラーレン570Sスパイダーのカスタムが公開に。
ブラックのボディカラーにブロンズのホイール(ブリクストン製鍛造、PF10 Duro)がなんともゴージャスなイメージですが、最近はこのカラーの組み合わせがけっこう多く見られ、とくに北米では人気があるようです。

マクラーレンにリアウイングは珍しい

なおホイールサイズは前後とも20インチで、センターから外周に向かって大きく伸びたデザインが特徴。
3ピース構造のように見えますが、「ディープリム」ではなく、スポークとリム外周がツライチになっているところが現代風ですね。

そしてこのマクラーレン570Sスパイダーにはリアウイングが装着されており、純正とは大きく異なる雰囲気に。
ちなみにランボルギーニのカスタムというと「大きなリアウイング」を背負わせる事が多いものの、マクラーレンでこういったリアウイングを取り付けるのはけっこう珍しい、と思います。

加えて車高も落とされているようですが、気になるのは「ナンバー」。
前後ともプレートではなくステッカーのように見え、一部の国や地域ではこういった標識が許可されているようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ホイールデザインはこういった感じ。
直線的な部分とそうでない部分とが交錯し、かなり複雑なデザインを持っていることがわかります。

写真の説明はありません。

近年は設計や加工技術の進歩によって、飛躍的にホイールのデザインについてバリエーションが増えてきたようで、さらにCNCによる加工後術も大きく向上し、今までにないデザインを持つホイールが社外/純正ともに多く見られるようになったと思います。

なお、このホイールの「ブロンズ」は表面を酸化させることで着色を行うアルマイト(アノダイズド)加工によって再現されていますが、これは塗装に比べると(塗料を使わない分)軽量。

レイズの「TE37」も軽いからという理由でアルマイトを採用していますね。

写真の説明はありません。

最近だとこんなクルマもブロンズホイールを装着

直近ではメルセデス・ベンツが「メルセデスAMG S65 ファイナルエディション」を発表し、これにはブロンズホイールはじめブロンズカラーのアクセントが付与されていますね。

メルセデスAMG S65もついに生産終了、「ファイナルエディション」が130台のみ限定販売。続々V12エンジンが廃止となり、残るAMG V12は2モデルのみ

そのほかだとアウディがR8が「R8のV10モデル10周年」を記念して”ディッセンニウム・エディション”を発表。

アウディが「ブラックとゴールド」「マットとグロス」を使用したゴージャスなR8「Decennium Edition」を発表。V10エンジン10周年記念モデル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5