>アストンマーティン(Astonmartin) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >ランボルギーニのコンセプトカー等 >ランボルギーニの限定車関連

アストンマーティンのハイパーカー「AM-RB003」にオープンモデルが登場したら?ほかテルツォ・ミッレニオ「スピードスター」も

更新日:

| ニューモデルが登場するとかならず制作される「オープンモデル」のレンダリング |

その性格を考慮して単なるオープンではなく「スピードスター」

アストンマーティンは先日、「第三の」ハイパーカー、AM-RB003を公開していますが、これはヴァルキリー、ヴァルキリーAMR Proに続く第三弾、ということになります。

そしてこのAM-RB003市販時の名称は「ヴァルハラ」になるとも言われていますね。

そこで今回はCGアーティスト、Aksyonov Nikita氏がそのAM-RB003のオープンモデル、AM-RB003スピードスターをレンダリングにて作成して公開しています。

おそらく実際にAM-RB003のオープンモデルは発売されない

なお、アストンマーティンはAM-RB003を「サーキット走行に特化した」クルマとしてリリースすることになり、それを鑑みるに「オープンモデル」はまずなさそう。

その理由としては空力的に不利になるということ、さすがのカーボンモノコックと言えど多少はボディ剛性が犠牲になること、重量が増えることが挙げられ、つまり「オープンにするとパフォーマンスが劣るから」。

ただしフェラーリはラ・フェラーリに対して「アペルタ」、ランボルギーニもアヴェンタドールSVJに「ロードスター」というオープンモデルをそれぞれ用意しており、しかしこれらは「コレクターズアイテム」としての性格が強く、いかにそのパフォーマンスが高くとも実際にサーキットを走るオーナーはそういないだろうという想定のため(とブルームバーグが分析しているのを見たことがある)。

言うなれば、マクラーレンP1やセナに「オープンモデル」が用意されないのと同じように、アストンマーティンAM-RB003にもオープンが用意されないだろうとぼくは考えているわけですね(ただし、新しくミドシップ化されるヴァンキッシュにはオープンモデルが登場するかも。もしくはアストンマーティンのミドシップシリーズはパフォーマンスを重視し、いっさいオープンモデルを設けないか)。

ほかにもある、「もしも」系レンダリング

そして同氏はほかにもいくつかレンダリングを作成していて、こちらはAM-RB003の「カラーバリエーション」。

画像に含まれている可能性があるもの:車

こちらはランボルギーニ・チェンテナリオにグラフィックを施したもの。
ホイールにはヴェネーノ風のエアロカバーが装着されていますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ランボルギーニ・テルツォ・ミッレニオ・スピードスター(意外やテルツォ・ミッレニオには”もしも”系レンダリングが少ない)。

画像に含まれている可能性があるもの:車

アルファロメオがジュネーブ・モーターショーで発表したばかりの新型コンパクトSUV、「トナーレ・コンセプト」。

画像に含まれている可能性があるもの:車

VIA:Aksyonov Nikita

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->アストンマーティン(Astonmartin), >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), >ランボルギーニのコンセプトカー等, >ランボルギーニの限定車関連
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5