>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

以前に「8億」で販売されていた、「世界に一台の豊田章男社長のサイン入り」レクサスLFAが6500万円に値下げして販売中

投稿日:2019/05/05 更新日:

| その間走行距離が伸び、ウエディングパーティーにも貸し出されていた模様 |

以前に8億円という正気ではない価格にて販売されていた「豊田章男社長のサイン入りレクサスLFA ニュルブルクリンク・エディション」が約6500万円程度にて販売中。

以前の8億円という価格については何らかの間違いもしくはプロモーション目的の「話題狙い」の価格であったかと思われるものの、ずいぶん「値下がり」したことになりますね。

一時より相場は下がったが、そこからは価格が安定

レクサスLFAは2010年に生産が開始され、生産台数は500台のみ(2012年に生産完了)。

既存車種とはほとんどパーツを共有しない、専用に開発されたシャシーやエンジンを持つクルマで、フレームはカーボンモノコック、エンジンは4.8リッターV10(560馬力)、0-100キロ加速は3.7秒、最高速度は325km/h。
エンジンはフロント、駆動輪は後輪のみとなり、スタイリングもそれを視覚的に表現する「ロングノーズ・ショートデッキ」。
トランスアクスルレイアウト(トランスミッションは6速シーケンシャル=ASG)を採用し、重量配分は前後で48:52だとされています。

ボディサイズは全長4505ミリ、全幅1895ミリ、全高1220ミリ、重量は1480kg〜。
サスペンション形式は前:ダブルウィッシュボーン/リア:マルチリンク、ブレーキはカーボンセラミックローターを採用。

左右シートの距離を縮めてロールセンターを適正化することを狙い、しかし従来の技術であればその狭い空間にプロペラシャフトを通すこと出来ず、よってレクサスLFAでは航空機に使用される素材や技術を使用するといったこだわりも。

要は何から何までも「規格外」ということになりますが、それだけに後年になっても全く色あせないこともレクサスLFAの特筆すべき点で、当初の販売価格3750万円に対して現在でも平均して5000万円台の相場を維持しているようです。

なお、この「ニュルブルクエディション(国によっては”ニュルブルクリンクパッケージ”)」は50台のみが限定生産されたもので、トランスミッションやサスペンションの設定が変更され、570馬力を発生するなどノーマルのLFAからさらに走行性能が高められたもの。
なおニュルブルクリンクのラップタイムは7:14.64を記録しています。

今回販売されているレクサスLFAニュルブルクリンクエディションは新車当時ドイツにて販売されたもので、現在はHämmerle にて販売中。

販売元によると「世界で唯一」豊田章男トヨタ自動車社長のサインが入った個体だとされ、走行距離は1,000キロ(以前売りに出された際には860キロだったので、ちょっと走行が伸びたということに)。

詳細は不明ではあるものの、この車両は販売元によってレンタルもなされていたようで、一番上の画像には「アンドレア&エリック」という文字、そしてハートマークがあり、ウエディングパーティーに仕様れていたであろうこともわかります。

なお、レクサスLFAについては北米のレクサスディーラーがこっそり「新車」を保有しているとも報じられ、価格は不明ですが2018年にそのうちの2台が新車として販売されているようですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5