>マクラーレン(McLaren)

「10年後のマクラーレン」、コンセプトEゼロ公開。マクラーレンがかつて果たそうとして果たせなかった夢である「M6GT」へのオマージュ

更新日:

| マクラーレンはそうとう昔から市販車事業への進出を考えていた |

CGデザイナー、ダニエル・プラテック氏が「マクラーレン・コンセプトEゼロ」を公開。
「今後10年以内のマクラーレン」という、比較的近い未来のマクラーレンをイメージしているそうです。

たしかに「近未来」というだけあって現行のマクラーレン各モデルが持つイメージを随所に反映しており、なかなかに現実的な仕上がりとなっています。

マクラーレン現行車種のイメージを反映

シルエット自体は「キャブフォワード」。
前後オーバーハングはかなり短く、極限まで運動性能を追求していることがわかります。

957b0581814383.5d0ccd7a508ff

リアの「ミニマム」なテールランプもマクラーレンの一つの特徴ですね。

deaba481814383.5d0a9a7f29e3f

キャビンもマクラーレンが積極採用する「ティアドロップ」。

e0258a81814383.5d0a9a7f97178

そして「段差が少ない」こともこのコンセプトEゼロの特徴ですが、通常のクルマはウインドウとモールとの段差が樹脂やラバーで「凸凹」しているものの、マクラーレンではこういった段差が「非常に小さい」のは特筆すべき部分(あまりここに注目する人はいない)。

もちろん空気抵抗を考えてのことだと思われ、マクラーレンはこれを実現するために「グラストップ」を採用しており(画像は720S)、まずはパフォーマンス、そしてそれを実現するために最適な素材や構造を採用しているということが想像できますね。

63

そしてこの「コンセプトEゼロ」もそういったマクラーレンの特徴をよく理解して取り入れているよう思います。

28ec5981814383.5d0a9846a9d58

フロントフードの形状、ヘッドライトの形状も現行モデルから想像できるデザインを持ち、かなり現実的なレンダリングと言えそう。

13e1cb81814383.5d0a96beb1055

テールのパネル構成は「675LT」に近いようですね。

82d67681814383.5d0f59d4eb72b

なお、このコンセプトEゼロはかつてのマクラーレン、M6GT(マクラーレンによる紹介はこちら)を現代風に解釈したものだそう。

このM6GTは、レーシングカーである「M6A」の市販化を目指したプロトタイプですが、結局は市販されなかったという悲運のクルマ。

マクラーレンは当時グループ7をM6Aにて走り、そこで大きな成功を収めていたそうですが、そこからよりポピュラーなグループ4GTへと進出するにあたって「50台の市販車を販売せなばならない」というホモロゲーションの壁を超えるために企画されたのが(レーシングカーであるM6Aをロードゴーイングバージョンへと改造した)M6GT。

M6GT20130412_0017

しかしながら当時のマクラーレンは「50台を市販」するのが難しく、結局M6GTは試作のみで終わることに。

ただ、マクラーレン創業者であるブルース・マクラーレンはM6GTに相当な執着があったようで、しばらくはこれを「日常の移動手段」として使用していた、と伝えられています。

マクラーレンいわく、「始まりはここから」というのがM6GTですが、たしかに「市販化を目指した最初のマクラーレン」がこのM6GTであり、市販車部門への進出はブルース・マクラーレンの夢だったのでしょうね。

VIA:Behance

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5