■車・バイクの購入検討/比較 ■近況について ■ニュース

レンジローバー・イヴォークの購入を考える!どうやら上位グレードの「イヴォークSE」を選んだほうが総合的に考えて「安上がり」になりそうだ

投稿日:

| 今回はレンジローバー・イヴォークの「グレード」を考えてみる |

さて、先日試乗し、見積もりを取得したレンジローバー・イヴォーク。
現在、かなり「購入に向けて」意思が固められているところです。
そして見積もり取得の際に思ったのが、「低いグレードだと、相当数のオプションを付けねばならず、そうなると、最初から装備の整った上位グレードを購入したほうがお得なのでは」。

そうやって上位グレードを購入させるのは自動車メーカーの常套手段ですが、レンジローバー・イヴォークの場合はどうなのかを見てみましょう。

イヴォークのグレードは基本的に2種類×3パターン=6つ

レンジローバー・イヴォークのグレードですが、大きく分けるとまず二種類。
この二種類とは「イヴォーク」と「イヴォークR-DYNAMIC」で、前者は標準の外装を持ち、後者は高級な外装を持っています。

たとえば「イヴォーク」はこんな感じ。

q2

R-DYNAMICになると、ブロンズの加飾がフロントバンパーロワーグリル、サイドスカットル等に追加され、ボンネット上にはダクトの追加、前後バンパーそのものも専用デザインが採用されたり、各部がグロスブラックに変更されたり、という大変オシャレな外装に変更されるもの。

q

そして、「イヴォーク」には「イヴォーク」「イヴォークS」「イヴォークHSE」の3つ、 「イヴォークR-DYNAMIC」 には 「イヴォークR-DYNAMIC S」 「イヴォークR-DYNAMIC SE」 「イヴォークR-DYNAMIC HSE」 の3つがそれぞれ用意されるので、合計6種類が揃う、ということですね。

なお、それぞれの価格は下記の通り。
R-DYNAMICは相当に魅力的な外観を持ちますが、そのぶん「イヴォーク」に比較すると80万円ほど高価になります。

L1130409

しかしながら、正直そこまでの差額を出すのは難しく、ブロンズ風パーツだけを後に単体で取り寄せることもできそうだということを考えると(一部だけでいい)、今回の選択は「R-DYNAMIC」ではない、通常外装のイヴォークを選びたいと思います。

・EVOQUE・・・4,610,000円
・EVOQUE S・・・5,280,000円
・EVOQUE SE・・・6,050,000円
・EVOQUE R-DYNAMIC S・・・6,020,000円
・EVOQUE R-DYNAMI SE・・・6,790,000円
・EVOQUE R-DYNAMIC HSE・・・7,470,000円

なお、グレード決定後、エンジンについてはディーゼルの「D180」「P200(200馬力)」「P250(250馬力)」「P300(300馬力)」から選ぶことになりますが(いずれも2リッター。グレードによって選べるエンジンは異なる)、ぼくはP200一択。

これについては、R-DYNAMICを選ばない理由と同じで、「イヴォークは、日常生活の足として乗るので、過剰にお金をかけるのはもったいない」と考えているわけですね。
「適度に」格好良く、「適度に」パワーがあればそれでいい、という認識です(ディーゼルを選ばないのは、その振動がイヤだから)。

イヴォークのグレードは「S」か「SE」?

そしてイヴォークのグレードについて。
もっとも安価な「イヴォーク」はカーナビも付いていないという質素なグレードで、おそらくは体外的に価格を安く見せるための「フック」的モデル。
これに「必要な」オプションを付けると相当に割高になり、よってベースモデルのイヴォークは今回「対象外」に。

L1130420

そこで検討を要するのが「イヴォークS」か「イヴォークSE」か。

前回取得したイヴォークSの見積もりでは5,280,000円の車両本体価格に対して約133万円のオプションが装着され、”661万円”に。

ただし、イヴォークSEを選んだとすると、イヴォークSEはイヴォークSに対して装備が充実しているため(はじめから付いているものが多い)装着するオプションが少なく、そのオプション金額はおおよそ70万円くらいまで圧縮されます。

となると、イヴォークSE(P200)の車両本体価格605万円に70万円を足し、675万円ということになり、イヴォークSを購入した場合、イヴォークSEを購入した際との差額は「77万円から14万円」までに縮小される、ということに。

L1130432

なお、上位グレードを選ぶべき理由はほかにもあって、「上位グレードのほうが売るときに高いから」。
たとえば、同じクルマでも、「下位グレードにオプションてんこ盛りの600万円」と「上位グレードにオプションなしの600万円」だと、後者のほうが高く売れるわけですね。

これはひとえに、上位グレードのほうが車両本体価格が高く、よって中古市場でも高い値付けを行いやすいために”高く買い取ってもらえる”ということになります。

すべてのケースにおいてこれが当てはまるとは言い切ることはできませんが、おおよそ間違いはないと考えて良さそう。

そして今回の「イヴォークS」と「イヴォークSE」との新車価格には77万円の価格差があるものの、オプションを装着してゆくとその差が圧縮されること、売却時にはその差も相殺される可能性が高いことを考えると、やはりイヴォークSEを選ぶべきだ、とも考えています。

イヴォーク/イヴォークS/イヴォークSEの装備差はこうなっている

簡単にイヴォーク各グレードの差を記しておくとこういったイメージ。
やはり上位グレードになるほど装備は充実していて、そのぶん装着するオプションは「減る」ことに。

中には、ぼくにとって不要なものもありますが、そこは「おまけ」としてメリットを享受できると考えれば良さそうです。

グレードイヴォークイヴォークSイヴォークSE
ホイール17インチ18インチ20インチ
シート8ウェイマニュアルフロントシート(ファブリック)10ウェイパワーフロントシート(パーフォレイテッドグレインレザー)14ウェイパワーフロントシート(パーフォレイテッドグレインレザー、メモリー付)
メーターアナログアナログ・デジタル
インフォテイメントシステム10インチTouch Pro10インチTouch ProTouch Pro Duo
ヘッドライトLEDヘッドライトLEDヘッドライトプレミアムLEDヘッドライト(シグネチャーDRL、オートハイビームアシスト付)
安全装備360°サラウンドカメラ360°サラウンドカメラパークパック(クリアイグジットモニター、パークアシスト、360°パーキングエイド、リバーストラフィックディテクション)
コネクティビティリモートリモート、コネクトプロ(スマートセッティング、プロサービス、4G Wi-Fiホットスポット)、スマートフォンパック(InControlアプリ、Android Auto、Apple CarPlay) リモート、コネクトプロ(スマートセッティング、プロサービス、4G Wi-Fiホットスポット)、スマートフォンパック(InControlアプリ、Android Auto、Apple CarPlay)
カーナビゲーションなしありあり

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■車・バイクの購入検討/比較, ■近況について, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5