>日産/インフィニティ(Infinity)

ジュークらしさを残しながらも内外装/エンジンを最新に!サイズも車格もアップした新型日産ジューク発表

投稿日:2019/09/04 更新日:

| 灯化類はフルLED、日産史上もっとも”つながる”クルマ |

日産が2010年の登場以来、初となる「新型」ジューク、つまりフルモデルチェンジ版を投入。

一見すると初代ジュークとあまり変わっていないようにも見えるものの、プラットフォームはアライアンス関係にあるルノーが持つCMF-Bへとスイッチされ(ルノー・キャプチャー、ルーテシアに使用されている)てより大きく、より室内も広く。

実際に全長は4,210ミリ、全幅1,800ミリ、全高1,595ミリにまで拡大しています(先代ジュークは4,165/1,770/1570ミリ)が、新型ジュークは大型化したにもかかわらず、重量は先代比で+23kgにとどめられている、とのこと(先代の重量は1170-1400kg)。

新型ジュークの外観はこう変わった

新型ジュークは、先代同様の「丸っこい」デザインを踏襲しているものの、より大きくなったVモーショングリル、そして(デザイン的に”浮いて”見える)フローティングルーフが特徴。
さらにテールランプは横長となっていますが、これは「リーフ」に見られるように、最近の日産が強く推進するデザインでもありますね。

b4a6e44c-2020-nissan-juke-14

そしてヘッドライトはティーザー画像でも判明していたとおり「Y」型のエレメントを持つ構造。
その上にあるのはデイタイムランニングランプですが、こちらは従来の「ブーメラン」を廃止しています。

6ded8dcf-2020-nissan-juke-26

そしてテールランプも「ブーメラン」を廃止。
ヘッドライト、DRLともにフルLEDだとアナウンスされ、これは先代から大きく変わったところ。

7aa8d0d3-2020-nissan-juke-21

なお、新型ジュークに用意されるボディカラーは「フジ・サンセット」含む11色。
おそらくジュークを購入するユーザーがカスタムを好むと見たのか、オプションにてノーマルとは異なる形状を持つバンパー、サイドシル、19インチホイールなどがラインアップされるようですね。

a36dfaa9-2020-nissan-juke-24

サイドから見ると、プレスライン、ウインドウのグラフィック含めてシャープになった印象を受けます。

1dd44944-2020-nissan-juke-12

新型ジュークのエンジンには1リッター3気筒DIG-Tターボ(117馬力)が採用されることになり、トランスミッションは6速MTもしくは7速デュアルクラッチ。
このあたりは大きく変更のある部分で、かつ1リッター3気筒というエンジンについては「え?」という驚きもありますが、これはルノーはじめ欧州では比較的普通のラインアップでもあります。
ただ、アメリカ市場はこれに満足できるはずもなく、ほかにも排気量の大きなエンジンが追加されるのは間違いなさそう。

6ded6ff8-2020-nissan-juke-25

さらに日産は「プラットフォームがより強固になった」とコメントしており、高張力鋼の多用によって安定性やパフォーマンス、コーナリング時のシャープさが高まったと主張しています。

1c6acf9b-2020-nissan-juke-4

こちらは「ブラック」のジュークですが、フロントバンパー下部のエアインテーク、サイドシルのアクセント、そしてルーフには「レッド」が採用され、ボディカラーとルーフ、アクセントの組み合わせはけっこう豊富なのかもしれませんね(先代ジュークでも日産はこういった試みを取り入れている)。

4c2a6971-2020-nissan-juke-3

テクノロジー面については「日産車史上、もっとも”つながる”」ことを標榜しコネクティビティを強化したほか、インテリジェントエマージェンシーブレーキ、ニッサン インテリジェント モビリティ(Nissan Intelligent Mobility)、歩行者検知機能や信号認識システム、リアクロストラフィックアラート、ブラインドスポットモニターなど運転支援装備も充実させている、とのこと。

a02a0669-2020-nissan-juke-2

新型ジュークの生産は英国サンダーランド工場にて生産され、11月から欧州での納車を開始予定。
日本仕様についてはその内容/スペック、生産地(これまで通り神奈川の追浜工場となるのか)についても現時点では公開されていません。

新型日産ジュークのインテリアはこうなっている

そしてこちらは新型日産ジュークのインテリア。
一見すると、おそらくは”オプション満載”なためか外観以上に高級感が増したようにも感じます。

日産によると室内空間の拡大がセールスポイントの一つであり、ニールームが58ミリ、ヘッドルームが11ミリ拡大したと主張。
トランクルームも20%容量が増え、422リッターとなっているようです。

デザイン上だとルーフ同様にダッシュボードが「フロート」していることが特徴で、ステアリングホイールに操作系を移動させることでセンターコンソールのスイッチを減らすことに成功した、とのこと。

976a0aca-2020-nissan-juke-9

インフォテイメントシステムは8インチサイズのタッチスクリーンにて操作し、アップル・カープレイ、アンドロイド・オート、Googleアシスタントにも対応。
オプションで8スピーカー構成を持つBOSEパーソナルプラス・サウンドシステムも選択できるようですね。

051d6ebb-2020-nissan-juke-19

そのほか、日産はドライビングポジションも改善したといい、加えて内装素材には「ソフトタッチ」素材を導入することで見た目の質感や触感を向上させた、とのこと。

なおシート形状はスタンダードで「スポーツシート」が採用され、オプションでアルカンターラが選べるほか、エクステリア同様に様々な選択肢が用意されているようですね。

b4be9be0-2020-nissan-juke-8

エアコン吹出口、シフト周辺の形状などはこれまでどおり「円」をモチーフに。
エンジンスタートボタンのリングには「カーボンファイバー」が採用されていることがわかります。

新型ジュークは全体的に、デザインの質感を高め、見た目の品質も高めることに専念したように思われ、車格がアップしているのは間違いなさそう。
そのぶん価格もアップしていると思われますが、追って情報をお届けしたいと思います。

VIA:NISSAN

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->日産/インフィニティ(Infinity)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5