>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニの限定車関連

おそらく発売される?ランボルギーニ・シアン”ロードスター”のレンダリングが公開に。ほか”チェントディエチ・オマージュ”も

更新日:

| そういえばランボルギーニはこれまで限定モデルに”ロードスター”を追加してきた |

おなじみレンダリングアーティスト、Aksyonov Nikita氏が発表されたばかりのランボルギーニ・シアンを早速「オープン化」。
ランボルギーニ・シアンはアヴェンタドールをベースに「ハイブリッドシステム」を積み、819PSを発生するスーパーカー。

限定台数はランボルギーニの創業年「1963年」に因んで63台、その価格は2億7000万円とも言われます。

「シアン・ロードスター」は発売される?

そして今回のレンダリングは、「クーペのみ」が発表されたランボルギーニ・シアンをオープンモデル、つまりロードスター化したもの。

仮にシアン・ロードスターが発売されるとなると、アヴェンタドール・ロードスター同様にルーフは「デタッチャブル式」となり、車体構造に大きな変更はないと思われ、よって「(発売されるのであれば)この画像のままで発売されそう」。

8a974585004697.5d6ec59c3d557

そこで気になるのが「実際にシアン・ロードスターは発売されるのかどうか」ということですが、ぼく的には「たぶん発売されるんだろうな」と考えています。

なお、ランボルギーニは過去、限定モデルにすべて「クーペ」「ロードスター」を用意しており、「レヴェントン」「ヴェネーノ」「アヴェンタドール50thアニヴェルサリオ」「アヴェンタドールSV」「アヴェンタドールSVJ」「チェンテナリオ」にはロードスターもラインアップ。

それを考えると、まもなく「シアン・ロードスター」が発表されてもおかしくはないのかもしれません。

限定台数についてはもちろん不明ではあるものの、ヴェネーノ、レヴェントンを除くとクーペ、ロードスターともに同数が製造されているので、「シアン・ロードスター」も63台という限定数量の設定がなされるのでは、と考えています。

ブガッティ・チェントディエチも「もしも」なレンダリングに

そして同氏はブガッティの最新モデル「チェントディエチ」のレンダリングも複数作成。
こちらはチェントディエチのオマージュ元となった「ブガッティEB110SS」のレーシングバージョンをイメージしたもの。
ボディ形状に変わりはないように見えるものの、ボディカラー、グラフィック、ホイール等が変更されています。

9183e684891607.5d6b891a64da3

そしてこちらは「チェントディエチ・オマージュ」。
かつてブガッティが発表した「ブガッティ・ヴィジョン・グランツーリスモ」風のエアロパーツ、ボディカラーをまとったものですね。

0dc3c784937275.5d6d1d69884e9

VIA:Aksyonov Nikita

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ブガッティ(BUGATTI), >ランボルギーニの限定車関連
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5