>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

え?これがカムリ?トヨタが北米限定にて「カムリTRD」発売。カッコいいエアロパーツにホイール装備、ブラックアクセントで引き締める

投稿日:2019/09/12 更新日:

| アメリカではGRよりもTRD |

トヨタが北米市場向けに、以前から発売を予告していた「カムリTRD」「アヴァロンTRD」を発売(TRD=Toyota Racing Development)。
これはカムリの現地グレード「SE」「XSE」に対して設定されるもので、モータースポーツにインスパイアされた内外装やホイールを持つスペシャルモデルです。

ちなみに日本市場でもカムリ用としてTRDからエアロパーツが発売されているものの、米国のTRDとは全く別の「マイルドヤンキー系」。

こちらは「 TRD for WS 」。

carlineup_camry_customize_top_trd_ws_pc

こちらはTRD

carlineup_camry_customize_top_trd1_pc

カムリTRDはこういった仕様を持っている

なお、日本のカムリはすべて2.5リッターエンジン+ハイブリッドですが、北米には301HPを発生する3.5リッターV6モデルがラインアップされており、この「カムリTRD」のルックスに「ふさわしい」パフォーマンスを持つようです。

7f726deb-toyota-camry-and-avalon-trd-17

まず外観だとグロスブラック仕上げのフロントグリルを持ち、その内側はスポーツメッシュに。
エアロパーツとしてはフロント、サイド、リアアンダーにウイングレット付きのスカート、そしてトランクリッドにはウイングが取り付けられています。
そしてこれらは相当にアグレッシブな形状を持っており、日本におけるカムリのイメージからは想像もできないほど。

09502ecf-toyota-camry-and-avalon-trd-22

この「カムリTRD」「アヴァロンTRD」ともにTRD」チューンのデュアルエキゾーストシステムが装着され、高回転時には「それはいい音」を奏でる模様。

ホイールについてはマットブラック仕上げの19インチサイズで、カムリXSEに装着される標準ホイールよりも(大径かつ幅広にかかわらず)1本あたり1.4キロ軽いようですね。
さらにはサスペンションも強化され、レートの高いスプリングに専用ショックアブソーバー、径の太いアンチロールバーが与えられています。

a90fce30-toyota-camry-and-avalon-trd-19

ボディカラーは2トーン仕上げとなり、ルーフやドラミラー、エアロパーツはブラック仕上げとなり、レッドのアクセントが入ることに。

なお、インテリアについて、シートにはブラックのスポーツSofTexが使用され、ステッチはレッド、そしてヘッドレストにはTRDロゴ入り。
シフトノブ、フロアマットにもTRDロゴが入る専用品が奢られるようですね。

なお、こちらは「アヴァロンTRD」。
日本未導入のセダンですが、なかなかに恰好良い、と思います。

0aac40fd-toyota-camry-and-avalon-trd-13

やっぱりアメリカではTRD

アメリカはモータースポーツと自動車メーカーとを非常に強く関連付けるお国柄でもあり、「モータースポーツに参加しないメーカーのクルマは売れない」と言われるほど。

もちろんトヨタも北米では数多くのモータースポーツに参加していますが、その活動を担うのが「TRD」。
日本だとTRDは組織改正にてGR(Gazoo Racing)にその座を奪われてしまい、その印象がいまひとつ曖昧ではあるものの、アメリカでは逆にGRの印象が強くはなく、今でも「トヨタのモータースポーツ=TRD」という印象がある模様。

今回のエアロパーツにしても日本とは全く異なるものが装着されており、完全に日本のTRDとは「別」と考えたほうが良さそうですね(実際に、現在では日米のTRDに関連性はない)。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5