>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

国内市場向け新型トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)が完全リーク!「一般受け」を狙った無難なデザインばかりのコンパクトカー市場に一石を投じる個性派デザイン採用

投稿日:2019/10/16 更新日:

| 北米向け「マツダ2ベース」のヤリスとはまったくの別モノ |

トヨタはもうじき新型ヤリスを(おそらく東京モーターショーで)公開すると思われ、しかし公開を前にその姿が完全にリーク。
なお、北米向けのヤリスはマツダ2のOEMとなり、こちらはすでに発表済みですね。

一方、欧州とアジア向けのヤリスはTNGAプラットフォームを採用する「トヨタの設計・製造」となり、名前以外は「全て違うモデル」というところは要注意。
ヤリス(Yaris)はこれまでヴィッツ(Vits)が日本以外において使用していた車名ですが、日本市場においても「国際的統一性、浸透性を考慮し」新型からヤリスへと変更する、とされています。

なお、北米版新型ヤリスはこちら。
今回リークされたヤリスともども「なるべく似せようと」はしているものの、車体構造、ベースモデルの有無によってどうしても印象の違いが出てくるようですね。

トヨタが「ほぼデミオ」な新型ヤリスを発表!価格競争の厳しいコンパクトカー市場での生き残りに対する答えがこれだ

新型ヤリスのデザインは「プレミアム性」すら感じられる

新型ヤリスはかなり特徴的なデザインを持っていて、ヘッドライトやグリルといった、車体を構成するパーツ一つ一つが大きく、それが独特の表情を作り出しているように思います。
加えて、それぞれのパーツは「エッジ」が効いているようにも見えますが、カドが丸められているために尖った印象は受けず、未来っぽいイメージも。

とくにこのテールランプ周辺のデザインは秀逸で、ほかのコンパクトカーとは大きく差別化されており、「ヤリス」の識別点の一つになりそう。

なお、コンパクトカーは現在競争が非常に厳しいセグメントのひとつですが、ほかメーカーが「万人受け」を狙って無難なデザインを採用する中、個性的なデザインを用いてきた新型ヤリスの動向には注目したいところ(けっこう売れるんじゃないかと思う)。

da1b2140-toyota-yaris-leaked-02

やはり特徴的なリヤエンド。
リアフェンダーからバンパーに至るまでの形状も面白く、「未来のシティコミューター」といった感じですね。

3eb48d34-toyota-yaris-leaked-04

そしてよく見ると、テールランプの発光形状(”フ”みたいな形)は新型カローラのデイタイムランニングランプのようなデザインで、これは今後、前後問わずにトヨタのクルマに使用されるモチーフなのかも。
そしてフロントだと、下に向けて広がる「末広がり」なデザインも、トヨタが(コンセプトカーも含め)好んで採用する手法です。

4460a289-toyota-yaris-leaked-03

ルーフのツートンカラーやリアバンパーのブラックアクセントが「標準」なのか「オプション」なのかはわかりませんが、カスタムベースとしてもかなり面白そうなクルマでもあり、ヤリスの正式発表が待たれるところ。

新型ヤリスは走りにも注目

そして新型ヤリスは上述の通りTNGAベースの「GA-B」プラットフォームを持ちますが、その高い剛性を活かした走りにも注目したいところ。
ヤリスと「走り」とは無縁のように見えるものの、欧州ではラリーに参戦してきたという歴史もあり、比較的スポーツイメージの強いクルマでもあります。

よって「ヴィッツ」同様にGRスポーツバージョンが登場することになると思われ、ファミリーユースから走り屋まで、幅広いニーズに対応することになりそうですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5