>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■バイク(自転車/自動二輪) ■ニュース

ホンダが「ADV150」を2月に45万円で発売開始!加えてバイクの累計生産が4億台になったと発表し、奇っ怪な「自由(自動ではない)運転コンセプトカー」も公開

更新日:

| ADV150はちょっと欲しいな・・・ |

ホンダが以前に発売を予告していた「ADV150」。
今回はその新型車ADV150について、2020年2月14日に発売するということ、そしてその仕様、価格(451,000円)を発表。
ホンダによると、ADV150は”限界を超えていく都会の冒険者」を開発コンセプトに、スクーターの魅力である快適性や利便性、機動力に加え、個性的で力強い外観と優れた走破性により、通勤や通学から趣味や非日常も楽しめる軽二輪スクーター”を目指した、とのこと。

ホンダが「アドベンチャースクーター」ADVを東京MSに出展。フルLED、LCDメーター、リザーバータンク付ショック装備のワイルド風味なバイク

ホンダADV150はこういった仕様を持っている

基本的にはPCX150と同じ構造やコンポーネントを持つと思われ、eSPエンジン、Honda SMART Key システムといったところもPCX150と同じ。
ただしフロントサスペンションのストロークは130ミリ、リアサスペンション(リザーバータンク付き)では120ミリを確保。
ホイールも専用デザインとなり、タイヤにもブロックパターンを採用することでオフロード風味もぐっとUP。

カラーについては上の画像の「マットメテオライトブラウンメタリック」、そしてマットガンパウダーブラックメタリックとゲイエティーレッドの全3色をす。

h

その他の特徴としては可動式スクリーン、灯火類フルLED、でき省スピードメーター、27Lのラゲッジボックス等。
生産はこれもPCXと同じくタイにて行われます。

ホンダは二輪車累計生産台数4億台を達成

そしてホンダは、2019年12月に初旬に、1949年に二輪車生産を開始して以来、「70年で4億台を生産した」と発表。
ホンダの創業は1948年なので、その翌年には第一号車となる「ドリームD型(画像)」の生産を開始したということになり、自動車とあわせて二輪においても「需要のあるところで生産する」という基本思想によって、1963年からベルギーでも二輪車の生産を開始しています。
現在では21カ国35拠点にて二輪車の生産を行っているとのことですが、1997年に1億台、2014年に3億台を達成した後、わずか5年で4億台に到達しているので、その生産ペースは「うなぎのぼり」ということになりそう(2018年には、年間生産台数がはじめて2000台を超えている)。

1576638878019

なお、2018年度の二輪生産の地域別割合はこんな感じ。
インドとインドネシアが大半を占め、日本はもはや単独では表記されないという状態です。

1576574127320

そしてホンダは「自由運転」を目指す

加えて、ホンダ(4輪)は2020年ラスベガスで開催される家電見本市、CESに出展するAugmented Driving Concept」も公開。
ちょっとわかりにくいものの、ふだんは自分で運転していて、しかし状況に応じて即座に自動運転に切り替えができる、というイメージです。
たとえば、自分で山道を運転していて、ふといい風景をが目に入り、それをじっくり見たいと思ったとき、シームレスにクルマが自動運転に切り替わって自分に代わり運転してくれる、という感じですね。

slide01

やはりよくわかりにくいコンセプトですが、自動ではなく自由というのがキモ。

slide02

VIA:Honda

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), ■バイク(自転車/自動二輪), ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5