>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

ブガッティが「謎のニューモデル」ティーザー画像を公開。なぜブガッティはこれほどまでに限定モデルを頻発させるのか?

投稿日:2020/01/07 更新日:

| それはブランド価値、シロンの価値を高めたいから |

ブガッティが「今年はブガッティの年になる」というコメントともに「謎ブガッティ」の画像をインスタグラムにアップ。
ボディカバーがチラリとめくられているものの、その内側はまったくどうなっているのか判断できない状態です。

コメント欄には「ディーヴォでは」という書き込みがいくつか見られるものの、ブガッティはすでにディーヴォの姿を(プロトタイプと言えども)フルに公開しているのでいまさらこうやって隠す意味もなく、よってこれは何らかの(別の)ニューモデルと考えるべきかもしれません。

現ブガッティCEOは「少量限定モデル商法」の先駆者

なお、現在ブガッティCEOを務めるシュテファン・ヴィンケルマン氏は「少量限定商法」を確立した人物。
ブガッティの前はアウディスポーツ、その前にはランボルギーニCEOを務めており、ランボルギーニでは「ガヤルド」に対して”バレンチノ・バルボーニ””スーパートロフェオ・ストラダーレ””ノクティス”などの限定モデル、そして”スーパーレッジェーラ””ペルフォルマンテ”など様々なバリエーションを追加しています。

これについては「非常に有用」な手法だと考えていて、たとえばランボルギーニは営利企業である以上、その販売台数を伸ばさねばなりませんが、「通常のガヤルド」を14,000台売るとガヤルドの希少性が失われてしまい、しかしこれを「グレードを4つに」分けるとそれぞれが3,500台になり、さらにそのグレードを2つに細分化すれば、「1種類当たり1750台」ということに。
こうすることで「希少性を保ったまま」販売総数を増やすことができるということになり、これはアヴェンダドールにおいて「ピレリ」「ミウラ・エディション」「アニヴェルサリオ」「SV」等の限定モデルを追加するという方法でも活用されています。

そしてブガッティですが、前CEOのウルフギャング・デュラハイマー氏は「通常のシロン」をそのまま500台売り続けようとしていたものの、現ステファン・ヴィンケルマンCEOは着任早々「シロンスポーツ」を発表。
その後(オプション扱いですが)”スカイビュー”も追加することでユーザーにとっての選択肢増加、そして販売単価を向上させることに成功しています。

レトロ?フューチャー?ブガッティがシロンのイメージを一新させるオプション「スカイビュー」公開

さらにはシロンとは別モデルとして「ディーヴォ」、

ブガッティの頂点「ディーヴォ」参上。1500馬力、0-100km/h加速2.4秒、6.2億円のハイパーカー

ブガッティEB110へのオマージュとなる「チェントディエチ」、

ブガッティ設立110周年記念にしてEB110へのオマージュ”チェントディエチ(Centodieci)”正式発表!「次の100年に向け、過去とテクノロジーとを融合させた」

1台のみですが「ラ・ヴォワチュール・ノワール」といったシロン「以外の」モデルで話題を作ることで話題性をもたらし、「ブガッティのブランド価値を向上」させることに成功。

ブガッティが遂に究極のワンオフモデル「La Voiture Noire」発表。その意味は”黒い車”、「世界で最も高級で、最もパワフルで、最も特別なクルマ」。価格は20億円にて販売済み

さらにはシロンの希少性を高める意味において「シロン110Ans」「シロン・ノワール・エレガンス」「シロン・スーパースポーツ300+」といった限定バージョンも発売し、これらはシロンの予定生産台数である500台に内包されるために「通常のシロン」の数が差し引かれて少なくなり、結果として通常シロンの希少性も高まっているわけですね。

世界最速を記録したブガッティ・シロン”スーパースポーツ300+”の発売が決まった模様。加えてブガッティは「ケーニグセグと同じ場所なら515km/hも可能だ」

加えて、こういった「別バージョンのシロン」を発売することでブガッティのコレクターが複数台のシロンを揃える例も出てくることになって、より「500台」を早く消化することの助けにもなると思われます(まだシロンは完売していない)。

なお、シロンは「お金があれば誰でも買える」わけではなく、ブガッティの審査に通った人物でないと購入不可。
ブガッティはブランドイメージを守るためにシロンのオーナーを「社会的に高い地位にある」人物のみに絞っているわけですが、これが「500台の完売を遅くしている」一因。
ただし限定モデルを追加することによって、ブガッティが認めた人物が上述のように「一人で複数台」購入するという状況が発生します。

よって、今後もまたブガッティは「シロンの限定モデル」「シロンのバリエーション」を出してくると予想でき、今回のティーザー画像にて示されたモデルが「2020年第一号」の限定シロンとなりそうですね。

VIA: Bugatti

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5