■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

G-SHOCKに最新スマートウォッチ機能を搭載した話題作、「G-SQUAD」GBD-H1000登場!このこだわりがいかにもGショック

投稿日:

| とくにスポーツはしないけど、ちょっと欲しい |

さて、続々新製品が発表されるカシオG-SHOCK。
今回は2020年前半最大の注目作と言われるGBD-H1000の情報がついに公開されています。
このGBD-H1000はG-SHOCKのスポーツラインアップ、G-SQUAD(ジースクワッド)からのリリースとなり、発売は2020年4月、価格は55,000円(税込み)。

要はG-SHOCK版スマートウォッチ

特徴としては「トレーニング」にこだわった機能を搭載していますが、その概要は下記の通り。

・トレーニング中のノールック操作が可能なベゼル/ボタンデザイン
・フィット感を向上させるソフトウレタンバンド
・GPS機能内蔵
・心拍計、高度計、歩数計、方位計、気圧計+温度計搭載(5センサー)
・アプリとの連携にて移動ルート表示可能
・自動時刻修正機能
・MIP液晶
・スーパーイルミネーター
・バイブレーション機能
・スマホ接続にてメールやSNS着信通知が可能

つまるところスマートウォッチ化されたG-SHOCKということになり、当然ながらG-SHOCKのウリである耐衝撃性能、さらに20気圧防水も備えます。
ポジション的には、すでに発売されているGBD-100の上位版ということになりそうですね。

気になるのはスマートウォッチならではの「バッテリー切れ」ではあるものの、さすがカシオはこのあたりしっかり対応していて、時刻モード(時間表示、歩数計と通知機能が利用可能)のみの使用であればソーラー充電にて対応可能。

a4

ただし心拍数の計測やGPS情報を活用してのトレーンングとなると14~18時間程度で内蔵のリチウムイオンバッテリーが消耗してしまい、よってUSB経由での充電が必要に(ただし他のスマートウォッチ同様、バッテリーの寿命は2年ほど)。

a

無駄にハイスペックなところがG-SHOCK的

そして例によって、とことん細部にこだわっているのがGショック流。
心拍数の計測にはLED(裏蓋についているグリーンの発光部)を使用して周辺を強調したり、

Casio-G-Shock-GBD-H1000-7

メタルコンポジット製や2色成形のボタンを採用したり、といったところ。
正直ぼくはこのGBD-H1000の機能の殆どを使用することはありませんが、それでも「欲しい」と思わせる仕様を持っています。

g

なお、カラーバリエーションは以下の4つ。
イメージカラーのGBD-H1000-1A7JR、オールブラックのGBD-H1000-8JR、レッドのGBD-H1000-4JR、ブラックにレッドアクセントのGBD-H1000-4JR。

a2

VIA: CASIO G-SHOCK

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5