>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

レクサスがまたしても謎なアートカー発表!タトゥーアーティストが実際に車体に入墨を彫った「タトゥーUX」

投稿日:2020/03/20 更新日:

| 作品としては素晴らしいがなぜ? |

レクサスがロンドンのタトゥー・アーティストとのコラボレーションにて、「タトゥーUX(Tattoed UX)」をワンオフにて製作。
これを手掛けたのはクラウディア・ドゥ・セーブさんとその夫であるユータロー氏。
夫はその名前からすると日本人のようですが、それだけに日本っぽい柄がボディ状に再現されています。

なお、クラウディア・ドゥ・セーブさんいわく、「人間にタトゥーを彫るときは、皮膚の下にある筋肉を想定しながら彫らねばならない。しかしクルマにタトゥーを彫るにはまた違ったアプローチが必要だ」。

製作開始から完成までは6ヶ月

完成したレクサスUXはこんな感じで「鯉と波」を表現したもの。
画像だけ見ると「車体に絵を描いただけに見えますが、実際にはペイントに加え、リューターを使用して”柄を彫って”いるようですね。

tattooed-lexus-ux (2)

製作開始から完成までにかかったのは実に6ヶ月。
まずはこんな感じで基本となる柄をボディに転写しています。

tattooed-lexus-ux (3)

そして完成予想図をもとにボディへとペイント開始。

tattooed-lexus-ux (6)

かなり繊細なペイントを行っていることがわかります。

tattooed-lexus-ux (4)

そこからドリルを使用し、柄にあわせて”溝”を彫ってゆくことに。

tattooed-lexus-ux (5)

こちらが溝を彫った状態。
かなり繊細な作業であることがわかりますが、たしかにボディ全体にこれを彫ってゆくとなると相当な根気、そして時間を要求されることになりそうですね。

tattooed-lexus-ux (7)

なお、レクサスはこういった「アーティストとのコラボ」には以前から力を入れていて、これまでにも欧州や北米にていくつか作品を公開。
ボディ全体に鋲を貼り付けたクルマや、ロサンゼルスで人気と言われる「シラチャソース」のパッケージをボディ全体にて表現した車両も発表されていますね。

UXだとちょうど1年ほど前に、デザイナーであるジョン・エリオット氏、そしてナイキ「エアフォース1」とのコラボレーションによる”スニーカーっぽい”作品が公開済み。

レクサスUXとナイキのスニーカー「エアフォース1」がコラボ。UXのタイヤがエアフォース1のソール風に変身

その他にはこんな「コラボレーション」も

日本だとこういった「アーティストとのコラボ」はさほど見られないように思われますが、欧米、特に北米ではかなり頻繁に行われており、最近だとマクラーレン720Sにアレック・モノポリー氏がイラストを描いた車両が公開済み(マクラーレン公式ではなく、チューナーの1016インダストリーズが企画)。

そしてランボルギーニは公式にてタトゥーアーティスト、ドクター・ウーと共同にて作品を発表していますね。

ランボルギーニがウラカン、アヴェンタドールの「アートカー」を製作。ウラカンを手掛けるのはセレブを顧客に持つタトゥーアーティスト

ポルシェはダニエル・アーシャム氏とのコラボレーションにて、「石でできた」風の911を公開しています。

ポルシェ911を「水晶鉱脈」に見立てたアート作品登場!ボディ表面をハンマーで破壊→”中から水晶”を再現。なお問題なく走行は可能

VIA:Lexus UK

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5