>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

レクサスがUXに特別仕様車「ブラウンエディション」設定!カラフルさがウリのUXだったが、レクサスの顧客は地味な色を求めたようだ

投稿日:

| レクサスは世界中にて、「色」にこだわった特別仕様車を連発している |

レクサスが日本市場向けに、UXの特別使用者「ブラウンエディション」を追加。

最近のレクサスは国内外向けに「カラー」をテーマにした特別仕様車をいくつかのモデルにて発売していますが、UXについては「ブルーエディション」「ブロンズエディション」に次ぐ第三弾、ということになります。

もちろん最大の特徴はブラウンを体現するボディカラー、「アンバークリスタルシャイン」。

インテリアには「ノーブルブラウン&オーカー」「ノーブルブラウン&ブラック」の2パターンが用意されています。

ベースとなるのはレクサスUX Version C、駆動方式には2WD(FF)と4WD(AWD)とが用意され、価格はそれぞれ4,685,000円と4,950,000円。

やはりレクサスの顧客はシックなカラーが好み?

なお、レクサスUXはデビュー時にレッドやブルー、オレンジといった、「これまでのレクサスにはない」鮮やかなカラーを持つことがひとつのセールスポイントでしたが、実際にはレクサスの顧客は明るいボディカラーを選ぶケースは少なかったようで、これまでに設定された特別仕様車はいずれも「シックなカラー」。

レクサスUXのカラーシミュレーター公開!ボディカラーは全11色、レクサスらしからぬ「カーキ」も登場

インテリアカラーは「ブラウンエディション専用」

なお、アンバークリスタルシャインは通常のボディカラーとして用意されているものの、内装はこのモデル専用に用意されたもの(標準仕様だと”ノーブルブラウン”のインストルメンタルパネルは選べない)。

そのほかの装備としてはパノラミックビューモニター、ブラインドスポットモニター(BSM)、パーキングサポートブレーキ(PKSB)、ハンズフリーパワーバックドア、ダークグレーメタリック塗装が施された17インチエアロベンチレーティングアルミホイールなど。

lexus-ux (4)

キャッチコピーには「落ち着きに満たされる時間」が掲げられ、「レクサスUXならではの運転のしやすさ、使いやすさに、さらなる安心感と快適さをもたらした」というシックな特別仕様車ということになりそうです。

lexus-ux (2)

実はブラウン以外のボディカラーも選択可能

なお、このレクサスUXブラウンエディションは「ブラウン以外」のボディカラーも選択可能。

「ソニッククォーツ」「ソニックチタニウム」「グラファイトブラックガラスフレーク」「テレーンカーキマイカメタリック」が選べるものの、マダーレッドやブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング(オレンジ)、セレスティアルブルーガラスフレークといった明るいカラーは選択できないようですね。

lexus-ux (3)

レクサス「ブルーエディション」はこんなクルマ

そしてレクサスはUXに「ブルーエディション」を設定済みであるのは上述のとおりですが、こちらは「専用ボディカラー」を採用したことが特徴。

一見すると、レクサスUXに標準で用意されるセレスティアルブルーガラスフレークのように見えるものの、実は専用色の「コバルト」。

おそらくは今後もカラーをテーマにした特別モデルが追加されることになると思われ、「次なる特別モデル」を待ちたいところですね。

レクサスがUX200、NX300に特別仕様「ブルーエディション」「ブロンズエディション」投入。標準では選べないボディカラーやアクセント装備

VIA:LEXUS

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5