>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

ブガッティ最後の「ガソリンエンジンモデル」はこうなる?タイプ57SCへのオマージュ、”ブガッティ・ラ・フィナーレ”

投稿日:2020/06/06 更新日:

| ブガッティはあと10年はガソリンエンジンを継続する |

bugatti

ブガッティは「今後も可能な限りガソリンエンジンを採用し続ける」と明言してエレクトリック化を否定していますが、いつかはガソリンエンジンを捨てざるをえない日が来るのかもしれません(もしかするとその日は来ないのかもしれない)。

そして、「最後のガソリンエンジン搭載のブガッティ」をイメージしたのが今回のレンダリングであり、その名は「ラ・フィナーレ」。

これはグラフィックデザイナーであるSerkan Budur氏が作成したもので、エンジンやサスペンションなどメカニカルパーツを外から見えるようにすることで「あえて」ガソリンエンジン搭載であることを強調しています。

つまりはこの後にやってくるエレクトリック時代に対するささやかな反抗であり、ガソリンエンジンへのオマージュ、そしてこういった時代もあったという最後の主張ということになりそうですね。

ブガッティCEO「あと10年はW16エンジンを存続させる。そうしてブガッティはコレクターズアイテムとなり、芸術品に昇華するのだ」

この記事のもくじ1 | ハイブリッドはやがてその輝きを失うとブガッティは考えている |1.1 ブガッティはクルマを超越した存在であり続ける1.2 この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます ...

続きを見る

モチーフは過去のブガッティ

そしてこのブガッティ・ラ・フィナーレのモチーフは過去のブガッティ。

現在のブガッティはすべて「ミッドエンジン」ですが、かつてのフロントエンジン時代のブガッティを現代に蘇らせたというコンセプトを持ち、サイドはタイプ57SCアトランティック(アトランティーク)へのオマージュとも言えるデザイン。

17121795322485.5e94e13336ad9

ホイールからタイヤへと続くブロンズのグラフィックはラ・ヴォワチュール・ノワールを連想させ、このカラー(ブロンズ)はタイプ41ロワイヤルに採用されていたボンネット状の「象」をかたどったマスコットのカラーをイメージしている、とのこと。

ちなみにブガッティ創業車、エットーレ・ブガッティの弟であるレンブラント・ブガッティは著名な彫刻家であり、この「立ち上がる象」はレンブラント・ブガッティによってデザインされたものであり、同名のブガッティ限定モデルにはこの象が室内に再現されていますね(そのためにヴェイロン”レンブラント”のボディカラーはブロンズなのかも)。

【動画】ブガッティ創業者の弟の名が付与された限定モデル「ヴェイロン・レンブラント」。オーナーの俺がその内外装を紹介しよう

フロントグリル、エンブレムはプラチナ製 先日、自身が所有する「5台の」メルセデス・ベンツSLRマクラーレンを公開したアメリカの大富豪、Manny Khoshbin(マニー・コシュビン)氏。今回は自身の ...

続きを見る

このブガッティ・ラ・フィナーレはフロントエンジンなので、もちろんフードは長く、しかしブガッティの伝統に則って比較的長いリヤオーバーハングを持っています(これはベントレーも同じ)。

26739695322485.5e94e1309b568

こちらはフロント上から見た図。

フロントフード、フロントフェンダーから覗くメカメカしいコンポーネントが「エレクトリック時代ではもう持ちえないであろう」味を出していますね。

74a12095322485.5e94e13331e32

なお、ブガッティは以前にフロントエンジンのGTカー「アトランティック・コンセプト」の市販化を考えていたと(つい最近になって)公表しましたが、今回のラ・フィナーレはこのアトランティック・コンセプトをいくぶん意識しているようにも感じられます。

ブガッティはシロンの「下」と「上」に車種追加を検討していた!ディーゼル不正事件でお蔵入りになった格好良いコンセプトカーを見てみよう

この記事のもくじ1 | もし発売されていたらすごく売れていたような気がする |1.1 ブガッティ・アトランティック・コンセプト1.2 ブガッティ・ヴェイロン・バルケッタ1.3 ブガッティW16クーペ「 ...

続きを見る

ちなみにブガッティのモデルライフは10年が予定されており、かつブガッティはあと10年程度ガソリンエンジンを継続すると明言しているので、これらを総合するとシロンの後継モデルが「最後のガソリンエンジンを搭載するブガッティ(その次はもうエレクトリック・・・)」。

つまりブガッティにとっての「ガソリンエンジン」の終焉はもうそこまできているということになりますが、それだけにシロン後継モデルにはかなりな情熱を注いでくるかもしれませんね。

VIA: Serkan Budur

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5