>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

トヨタ・ウィッシュを「サビ風に塗装した」営業車が登場!ラッピングとは異なり「剥離」や「エンブレム」もリアルに再現

投稿日:2020/05/19 更新日:

| ここまでこだわったサビ風カスタムはいままでになかった |

toyota-wish

さて、これまでも様々なサビ風のラッピングを紹介してきましたが、なんと今回は「サビ風の”塗装”」。

これは19年の経験を誇るペンキ職人の「painter shige」さんが自身のインスタグラムに公開したもので、トヨタ・ウィッシュのボディ上に、”エイジング塗装”と”グレーズ技法”とを駆使して再現したものだそう。

カーセンサーに掲載されていたあの「錆でボロボロ」なポルシェ911。実際に購入し、そのまま乗っている人がいた

| 意外?やサビ風ラッピングの人気は高いようだ | さて、二年ほど前に話題となった「見ると幸せになれるトヨタ・プリウス」。そのプリウスとは「サビ風ラッピング」がほどこされたもので、その話題性とは裏腹に ...

続きを見る

もともとは普通のウィッシュだった

こちらがもともとのトヨタ・ウィッシュ。

メタリックブルーのボディカラーを持っていたようですが、まずは(アイスの)パルムカラーに塗り替えられています。

その後は赤錆風にチェンジ。

刷毛や海綿を使用し、手作業にてサビの質感を表現しているようですね。

そこからは「フローズン」風に。

そして完成したのがこちらの最新版。

よくよく見ると相当なこだわりが見え、フロントバンパーにはリベットが打たれていたり、ボディサイドには「PAINT-HONDA」の立体文字と周辺のサビ加工、ルーフラックのベース部分までもにサビ風塗装が施されています。

しかもルーフは焼けたかのように一面赤錆処理がなされ、これもまたよく考えられているなあと感じるところ。

ss

ガーニッシュ、エンブレム、グリル内のルーバーにもサビ加工が施され、これらはラッピングでは再現し得ないものですね。

なお、ところどころ「塗装が剥離(浮いている)」ような加工までもが用いられています。

w

ほかにはこんな「サビ」加工も

なお、こういったサビ加工は世界中のあちこちで人気があるようで、北米や欧州、中国やロシアからも続々参戦中。

ぼくは「パトカー風」「サビ風」「ミリタリー風」カスタムに一度は挑戦したいと考えていますが、今回のような魂のこもったカスタムを見ると「いっちょサビ風カスタムをやってみるか」という気持ちがムクムクと頭をもたげることも。

実際に加工するのであれば、もとに戻せるようにラッピングを選ぶことになるかと考えていて、しかしその費用は50万円程度は(最低でも)見ておく必要があり、コストの高さからさすがに躊躇してしまいます。

こちらのジープ・ラングラーはヒンジやアンテナまでもがサビ加工された個体ですが、リフトアップにタイヤ交換、グリルガード装着などによってワイルドな雰囲気に。

インテリアもそれに応じた「サビ」仕様を持っています。

中国から凄いジープ・ラングラー来た!外装サビサビ、内装ヴィンテージ風、かなりコストがかかってそうなカスタム

| ジープ・ラングラーがサビサビの外観に | 中国より登場の「ジープ・ラングラー・リミテッド」カスタム。 ナンバーを見ると北京在住のオーナーのようですが、外観は見ての通りサビサビ。 なおタイヤ/ホイー ...

続きを見る

こちらは単なるサビではなく、「ペイントしたグラフィックが経年劣化でハゲてきた」風の加工が施されたダッジ・チャレンジャー。

フォグランプカバーなど細かいところにまで手が入っていますが、逆にホイールやブレーキキャリパーが「ピカピカの新品」であり、それが一層サビを際立たせているようですね。

ダッジ・チャレンジャーにアリタリアカラーでラッピング。しかも褪色&サビ加工

ガムボール3000(GUMBALL 3000)に出場したダッジ・チャレンジャーSRTヘルキャットが約860万円にて販売中。 かの有名なランチア・ストラトスのラリーカー同様に「アリタリア」カラーに彩られ ...

続きを見る

こちらはリバティーウォークのフルエアロ+ローダウンに退色加工が施されたマクラーレン650S。

単なるサビや退色加工だけではなく、なんらかのカスタムを加えると、一気にその世界観が加速するようにも思います。

【動画】チェルノブイリ×マクラーレン×リバティーウォーク!街とともに廃棄されたという設定の650Sカスタムが秀逸な件

この記事のもくじ1 | 様々な褪色カスタムを見てきたが、この一台はまさに秀逸 |1.1 動画ではこんな描写がなされている1.2 他にはこんな褪色風カスタムも | 様々な褪色カスタムを見てきたが、この一 ...

続きを見る

一方、打って変わって「石」風のボディを持つようにカスタムされたポルシェ911。

まさにイマジネーションは無限ということですね。

ポルシェ911を「水晶鉱脈」に見立てたアート作品登場!ボディ表面をハンマーで破壊→”中から水晶”を再現。なお問題なく走行は可能

| 今までも多くの”911×アート”が登場したが、これほど思い切った作品もめずらしい | ロンドンのセルフリッジ百貨店にて、ダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)氏による「ポルシェ911を ...

続きを見る

VIA:Paniter Shige

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5