>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

その名は「マグナイト」?日産がインド市場向けにコンパクトSUVを発売すると発表し画像を公開

投稿日:

| 日産のラインアップは一気に「SUVだらけ」になりそうだ |

日産がインド市場向けに投入する、「BセグメントのSUV」のティーザー画像が公開。

この新型SUVの名称は「マグナイト(Magnite)」になると見られ(コードネームはEM2)、プリプロダクションモデルは7月16日に公開される、と発表されています。

発売時期は2020-2021年度後半、つまり9月以降になると言われているようですね(デリバリーは2021年1月説が濃厚)。

日産は「インド市場の嗜好を反映させた」デザインを採用?

今回公開されたのは3枚の画像のみで、1枚は黒いヴェールをちょっとだけはだけたもの。

先般発表されたキックス同様の鋭いヘッドライトを持つものの、フロントグリルは日産のVモーショングリルとは異なるデザインを持っています。

バンパーサイドにはデイタイムランニングランプを兼ねたと思われるL字型のバーが装着され、バンパーの中央下側にはロックガード風のデザインも。

なお、バンパーサイドのL字バーはそのままバンパー下部、そしてバンパーサイドからボディサイドへと連続しており、これは今までの日産には見られない「新しい」部分。

樹脂製のホイールアーチは大きく張り出しており、ホイールサイズは比較的大きく、タイヤはオフロード志向のように見えますね。

デザイン的には現在日産が進める手法に沿ったものではありませんが、インド市場の嗜好は「非常に独特」だと言われるため、(新型フェアレディZ同様に)日産のデザイン言語より、その市場やクルマのキャラクターを重視したデザインを与えたのかもしれません。

preview-928x522

日産いわく、この新型SUVは「先進性、そして日産のグローバルSUVヘリテージを構築する」ものだと述べ、「日産の未来を示し、スタイリッシュなデザインと力強さ、ダイナミックさによってプレミアム感を演出した」と主張。

この新型SUVは現地(インド)におけるラインアップでもっともコンパクトなクルマになると見られ、全長はおそらく「4メートル以下」。

インドではこのサイズが非常に重要だといい、というのも4メートルを超えると税金が高くなるからで、そのためにスズキは現地におけるクルマのほとんどを4メートル以下に抑えている、と言われます。

インドだとスズキはほぼ独占企業だった!市場シェアは50%を超え、「2台に一台はスズキ」。いったいなぜ?

この記事のもくじ1 | スズキは自ら運を引き寄せる行動力を持っている |1.1 スズキのインドにおけるシェアは51.2%1.2 なぜスズキはインドで支持されたのか1.3 この記事を読んだ人は、他にもこ ...

続きを見る

Nissan-B-segment-SUV-for-India-3-768x432

搭載されるエンジンは1リッター3気筒/72馬力、そして1リッター3気筒ターボ/95馬力だと予想されており、トランスミッションは前者が5速MTもしくはロボタイズドMT、後者にはMTもしくはCVTが与えられる模様。

日産は「アリア」も発表直前

なお、日産は2019年10月に公開した「アリア・コンセプト」の市販モデル、「アリア」を7月15日にオンラインで公開するとも発表していて、今後SUVラインアップを強化することになりそう。

ちなみにこのアリアは2モーターを備え、日産GT-R同様のトルクベクタリング4WDを備えるEVだと認識されていますが、パフォーマンス次第では「EVに対する見方」を変えるクルマになるのかも。

ニッサンが「GT-R譲りのアテーサE-TS」を搭載するコンセプトカー”アリア”を公開。デザイン、技術ともにこれからの日産を示唆

| エレクトリック時代のGT-Rもアリア同様のシステムを搭載か | 日産が第46回東京モーターショーに展示するコンセプトカーとして「ニッサン アリア コンセプト」を発表。ツインモーターを搭載するピュア ...

続きを見る

参考までに、にこの「アリア(コンセプト)」は、日産が先日発売した柿の種にも含まれており、日産がこれから推してゆきたいクルマのひとつであるのは間違いなさそうですね。

日産「新型”柿の種”を発売する」「え?」「我が社の最新技術を駆使し、史上初となる単型多車種同時型抜きを実現した」。過去~未来まで23車種が再現

この記事のもくじ1 | まさに技術の日産。たまにはこういった息抜きがあってもいい |1.1 新型柿の種にも日産の技術が生きている?1.2 含まれる「23車種」はこういったモデル1.3 ほかにはこんな「 ...

続きを見る

日産はつい先日、フェアレディZを含む「今後の新型車」を一気に見せる”NISSAN A to Z”なるプロモーション動画を公開していますが、これを見ると新型車のほとんどはSUVであり、ここ1-2年で日産のラインアップは一気にその印象を変え、同時にブランドイメージも変わることになるのかもしれません。

【動画】日産が新型フェアレディZのティーザー動画を公開!初代S30Zを彷彿とさせるレトロなルックス採用だ!!

この記事のもくじ1 | まさかこんなに早い段階でその姿を見ることができるとは |1.1 今後の日産からはこんなクルマが登場する1.2 この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます | まさかこ ...

続きを見る

参照:Nissan USA, NISSAN Grobal

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->日産/インフィニティ(Infinity), ■新型車情報/スパイフォト/噂など, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5