>ポルシェ911関連 ■ニュース

ポルシェ「3Dプリンタによって製造したピストンのおかげで、911GT2RSでは+30馬力を獲得できた」。3Dプリンタ技術は文字通り「不可能を可能に」しそうだ

更新日:

| 今までの常識が3Dプリンタによって覆されようとしている |

ポルシェが911GT2RSに使用されている「3Dプリンタを使用したピストン」の詳細をリリース。

このピストンの素材自体はアルミニウムですが、ユニークなのはその製法。

製造は3Dプリンタによるもので、アルミニウムの粉末を使用し、それを積層することで(レーザーメタルフュージョン)成形してゆきますが、これは従来の「鋳造」や「削り出し」では実現できなかった複雑な形状を再現できる、とポルシェは語っています。※積層し成形してゆくので、削り出しであれば工具が入らないような部分についても(3Dプリンタ仕様であれば)複雑な形状を再現できる

「鍛造が一番」の時代は終わった

これによって「鍛造ピストンよりも10%軽く」製造でき、さらにピストンそのものに冷却用ダクトを設けることができるため、ピストンスピードが速くなるうえ発熱も少なく、結果的に「30HPを稼ぎ出せた」とのこと。

今までは妄信的に「鍛造ピストンサイコー」と考えていたものの、もはや時代はそうではないところで推移している、ということになりそうです。

porsche-911-gt2-rs-3d-printed-pistons (5)

3Dプリンタが実用化されはじめた頃には「世界を変える」という話もよく聞かれ、しかしその時点では具体的な使用方法が十分に理解されておらず、つまり「何ができるのか」が知られていなかったため、それに対応した設計が行われる機会も少なかったものの、現代では「3Dプリンタでしかできないこと」についても理解されることになり、そのポテンシャルが生かされている、ということなのだと思われます。

porsche-911-gt2-rs-3d-printed-pistons (3)

そして今後、もっと3Dプリンタ関連技術が発展することは間違いないと思われ、となると今回のピストンのように「今まで不可能だったこと」ができるようになり、今までの常識すら疑う必要が出てきそう。

porsche-911-gt2-rs-3d-printed-pistons (4)

なお、ポルシェの3Dプリント技術についてはマーレ(Mahle)社とトルンプ(Trumpf)社との提携によって実現したとされ、911GT2RS用ピストンのほか、すでに新型911のいくつかのパーツ、718のバケットシートにも応用されているようですね。

porsche-911-gt2-rs-3d-printed-pistons (1)

ポルシェ「これはシートの革命である」。3Dプリントによって自在に形状や硬さを変更可能なバケットシートが登場

この記事のもくじ1 | 現在開発&テスト中。2021年半ばからオプション設定 |1.1 まずは3種の硬さから、ゆくゆくはオーダーメイドにて1.2 ポルシェ・エクスクルーシブ・マヌファクトゥアは様々なオ ...

続きを見る

そのほかポルシェは959用のパーツも3Dプリンタによって再生産を行うとしており、メルセデス・ベンツも同様の対応を開始済みだとアナウンスしており、クラシックカー乗りにとっても3Dプリンタは「救いの神」。

ポルシェが959や964のパーツを3Dプリンタで供給すると発表。今までより安価かつ素早く生産可能に

| 今後も対応パーツはどんどん増えそう | ポルシェが3Dプリンターにて過去の車の補修用パーツを制作し発売する、と発表。 まず代表的なものとしては911スピードスターのドアミラー、フューエルキャップ・ ...

続きを見る

そしてブガッティも「ブレーキキャリパー」や「テールパイプ」については3Dプリンタを実際に使用したパーツを採用していますが、ブガッティのような少量生産モデルにとっても、3Dプリンタの使用によって大幅にコストや開発期間を節約できることになり、3Dプリンタは文字通り、今後の自動車業界を(さらに)大きく変えることになるのかもしれません。

【動画】ブガッティが3Dプリンタで製造した新型ブレーキキャリパーを公開。「重量は従来の半分、時速400km、1,000度まで耐えることができる」

製造には45時間、そのコストはいかほど? 先日、フォルクスワーゲンが3Dプリンタによるパーツや車体の製造を研究すべく新しい施設をオープンさせたと報じられましたが、今回はフォルクスワーゲングループに属す ...

続きを見る

ブガッティは自動車業界で唯一「3Dプリントされたチタンパーツ」を採用。各モデルの”3Dプリンテッド”テールパイプを見てみよう

| 3Dプリンター製チタンパーツは主に航空業界にて使用される | ブガッティはそのほとんどを「手作業」にて組み立てられることで知られますが、なかには手作業ではなく「3Dプリンタ」で製造されるパーツもあ ...

続きを見る

ちなみに自動車業界は3Dプリンタが比較的普及している業界でもあり、そのために「3Dプリンタを使用して」他業界に先駆けてフェイスマスクや人工呼吸器を製造したという例も広く報道されています。

【動画】ものすごく吸気効率が高そうだ!フェラーリが人工呼吸器向けのバルブ(跳ね馬ロゴ入り)を製造開始

この記事のもくじ1 | フェラーリにはフェラーリにしかできない”貢献方法”がある |1.1 フェラーリ製バルブはこうやって作られる1.2 フェラーリはサプライヤーと強力な関係性を構築 | フェラーリに ...

続きを見る

参照:Porsche

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ポルシェ911関連, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5