>フェラーリ(Ferrari)

清水草一「貧乏人こそフェラーリを買え」。過去27年で13台のフェラーリを購入し、11台を売却した「収支」を公開

投稿日:2020/08/17 更新日:

| フェラーリはもっともコストパフォーマンスのいいスポーツカー? |

さて、清水草一氏が常にいう、「フェラーリは値がほとんど下がらない」。

これについてはぼくも異論はなく、しかも中古だけではなく新車もそれは同じだと考えており、「フェラーリはもっとも安く購入できるスーパーカー」だとも認識しています。

そして中古の場合だと、「(モデルと時期によって)時間とともに値上がりする」というフェラーリ特有の現象があるため、中古でフェラーリを購入し、たとえ短期間で売っても「さほど損をしない」、長期間持っておけば「売却益が出る」場合もあるわけですね。

今回、ベストカーWEBにて清水草一氏によるコラム「「貧乏人こそフェラーリを買え!!」は本当か フェラーリ値落ちしない伝説の真実」が掲載されており、ここでその内容に触れてみたいと思います。

フェラーリ328GTSは10年前の「倍」

記事の中の一例として、清水草一氏は「2009年に328GTSを598万円で購入したが、2019年に買った328GTSは1180万円(諸経費込み)に値上がりしていた」ということを挙げていますが、これは特別な例ではなく、F355(MT)でも10年前は798万円、現在は1200万円くらい、とのこと。

ただ、全てのフェラーリが等しく値上がりするわけではないようで、有望なのは上述の「328とF355の”MT”」。

今現在フェラーリはMTを製造しておらず、MTフェラーリの希少価値が高まっているということもあるのだと思われます。

ちなみにF355のセミAT(F1マチック)はMTよりも200万円ほど相場が安いそうですが、清水草一氏がいつもフェラーリを購入するコーナーストーンズの榎本店長によれば「F1マチックはお勧めできない」。

その理由としては「ECUが故障すると修理ができない」から。

すでにパーツの供給が終わっており、修理もできないために代わりのパーツを手に入れる必要があり、しかしこれが(どこも欲しがるので)なかなか手に入らないようですね。

5dd52bf20cf6995f44de91ee-ferrari-f355-berlinetta-1994-design-focus (1)

なお、360モデナのF1マチックもお勧めできないものの(クラッチ寿命がMTの半分)、F430以降は問題ない、とも述べています。

参考までに、328、F355、458については「10年後も同じくらいの相場を維持するだろう」とのこと。※現在の値動きからするに、今よりは高くなっているような気はする

まとめると、328とF355のMTは「間違いない」選択であり、458はまだ下がる可能性があるものの「絶対的な性能が高い」ことからオススメ、そして360モデナとF430のMTも次にいい選択だ、とのこと。

フェラーリで「買ってはいけない」モデルは?

一方で記事中では「買ってはいけない」フェラーリについても触れていて、その筆頭は「456GT(400万円くらいから買えるらしい)」。

これは「壊れる」のではなく「最初から壊れている欠陥車だから」だと断じており、このあたりは清水草一氏らしいところ。

そのほか575MのF1マチックもF355と同じ理由からか「ヤバい」と語り、しかし612スカリエッティは「底値」でもう下がらないだろうから手を出しても問題ないだろうとも(しかしこれは維持費に相当な費用がかかりそうだ・・・)。

なお、フェラーリのフロントエンジンモデルは価格がけっこう下る傾向にあり、しかし一定のところで下げ止まる傾向もあるようで(たしかにフェラーリの価格が底なしに下がるとは考えられない)、下がりきったカリフォルニアはお買い得、しかしまだ値段が下がるところまで下がっていないカリフォルニアT、ポルトフィーノは「これから値がどんどん下がるのを覚悟しなければならない」。

11台のフェラーリを売って1800万円のマイナス

清水草一氏はこの27年に13台のフェラーリを購入し、11台を売却したそうですが、その11台について、購入金額から売却金額を引いた「差額」はマイナス1800万円。

なんだ赤が出てるんじゃないという印象ではあるものの、清水草一氏の場合は平均所有期間が2年程度と短く、「値上がりする前に手放している」ことが多いためだと思われます。

加えて、バブル崩壊後に売却した348tbは5,232,800円という最大のマイナスを記録するなど、いくつかの「大幅赤字」がこの1800万円に影響しているようですね。

ちなみに最も価格が下がらなかったのは328GTS(マイナス50万円)だったようです。

なお、購入価格は「諸経費込み」だそうですので、諸経費ではなく「車両本体価格」からの計算だと、もっとマイナスは小さくなっている、ということになりますね。

モデル購入価格下取り額
348tb11,632,8006,400,000
512TR13,000,00012,300,000
512TR12,300,00011,300,000
F355スパイダー12,508,00010,900,000
360モデナ13,900,00012,500,000
328GTB6,500,0005,980,000
328GTS5,980,0005,000,000
F3559,000,0008,000,000
512TR10,000,0009,000,000
458イタリア25,800,00022,000,000
328GTS9,800,0009,300,000

参照:ベストカーWEB

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5