>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >日産/インフィニティ(Infinity)

今度の新型フェアレディZの「もしも」CGはプロトタイプレーサー!「悪魔のZ風」CGも登場

投稿日:2020/10/07 更新日:

| 近年、これだけレンダリングのネタにされたクルマも他にない |

さて、新型「フェアレディZプロトタイプ」発表以後、続々と発表される「もしも」系レンダリング。

今回はそういった「IF設定」を得意とするレンダリングアーティストの一人、ジョン・シバル(JON SIBAL)氏が魅力的な作品を一挙公開しており、ここでいくつかを紹介してみたいと思います。

フェアレディZプロトタイプレーサー

まずは新型フェアレディZを「プロトタイプレーサー」に仕上げた作品。

これからシェイクダウンを行うという設定で、スポンサー等のステッカーがない「真っ白な」ボディです。

フロントスプリッター、エアロフリック、前後オーバーフェンダー、ドアミラー、リアウイングなどが「いかにもレーシングカー」ですね。

120256236_10158141548889902_1114206961672712628_n

「悪魔のZ」風レンダリングも

こちらはもう説明不要、湾岸ミッドナイトに登場する「悪魔のZ」。

新型フェアレディZプロトタイプを「S30風に」逆行させた作品ですが、こうやってみるといかに新型フェアレディZプロトタイプが「S30に似ているか」もわかります。

ホイールは「RSワタナベ」を現代風に解釈したものかも。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=10158124917939902&id=256735559901

こちらは若干のバージョン違い。

フロントバンパーが装着されることによって「物議を醸した」四角いフロントグリルがあまり目立たなくなっていますが、日産も新型フェアレディZプロトタイプについて、「バンパーを模した」デザインを追加すればここまでの批判を受けなかったのかもしれませんね。

120035291_10158122661334902_6838158781719010342_n

ニスモバージョンやZ32ワイドボディも登場

ほぼ登場が確定していると思われる「ニスモ(NISMO)」バージョン。

思いっきり落ちた車高にレーシングカーばりのエアロパーツが装着済み。

実際にはここまで過激な仕様で登場することはないと思われるものの、カラーリング含め、なかなかに「ツボを抑えている」レンダリングだと思います。

119262732_10158107842209902_4438983449108159343_n

こちらは懐かしのZ32(300ZX)IMSA仕様をボディカラーに反映させた「ワイドボディZ32 GT1」。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=10158030928699902&id=256735559901

カルソニックカラーを反映させた「スカイラインR32 GT-R」。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=10157972557469902&id=256735559901

番外編:ホンダのワイドボディ化もなかなかイケル

こちらはフェアレディZではなくホンダNSX。

レーシングバージョンの「NSX GT3」ではなく市販車のNSXをベースに無限バージョンを作成したものですが、ホイールも「かつての無限」を新しい解釈にて反映させており、このジョン・シバルという人は「相当なマニア」だと思われます。

119219967_10158105777964902_7505009645917855313_n

グループAをイメージした、シビックのワイドボディ。

ドアミラーは当時風ですが、オーバーフェンダーやカナード、リアディフューザーは現代風。

118537299_10158071423394902_82298348878281017_n

よくぞネタにしてくれてありがとうというCR-X。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=10157924427619902&id=256735559901

参照:JONSIBAL

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f