>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

新型メルセデス・ベンツEクラス クーペを見てきた!メルセデスならではの伝統+最新デザインを持つ流麗な一台

更新日:

| やはりメルセデス・ベンツはクーペを作らせるとピカイチだ |

さて、メルセデスミー大阪に展示されてる新型Eクラスクーペ。

グレードは「E200クーペ スポーツ」、価格は832万円です。

ボディカラーにはブリリアントブルーを採用し、一見すると単なるメタリックというよりも(マツダのソウルクリスタルレッドのような)高輝度塗装のようにも見える色味ですね。

L1270996

新型メルセデス・ベンツEクラスクーペはこんなクルマ

ざっと見たところだと、低く、長く、広いという伝統的なクーペスタイルを持ち、コンパクトなキャビンによって車体を大きく優雅に見せているという印象です。

全長4830ミリ、全幅1860ミリ、全高1430ミリというボディサイズですが、フロントは「シャークノーズ」採用にてその全長の数字ギリギリまで塗装部分が延長され、そのためにロングノーズ的イメージも。

L1270959

フロントグリルは台形、そしてインナーはダイヤモンド。

グリルフレームはグロスブラック仕上げです。

L1270995

ボンネットには2本のパワードーム。

L1270997

ヘッドライトは相変わらず「中身をオブジェとして置いておきたくなるくらい」のメカニカルな構造を持っています。

L1270962

ホイールは最近メルセデス・ベンツがこだわりを見せる「エアロ」形状。

なお、このリングのようなパーツの裏側は「凹」型にへこんでおり、よってホイール内部からブレーキの熱を放出するのではなく、ボディサイドを流れるエアの整流を目的としたデザインであるようですね。

L1270964

サイドステップ下部は外に向かって「広がる」形状を持っていて、これはBMWもいくつかのモデルにて採用するなど、近年拡大しつつある意匠ですね。

L1270967

ボディサイドは明確なプレスラインや段差がない、ツルリとしたデザイン。

これはメルセデス・ベンツが現在採用する最新のデザイン言語「官能的純粋」に従ったものですが、いうほど簡単に実現できるものではなく、実現するには「全く歪みがないように」パネルをプレスして組み立てる必要があるわけですね。

L1280003

参考までに、かつてルノーが「アヴァンタイム」なるミニバンを発売した際、「広い面積のパネルを歪みなく成形することができなかった」とし、発売が突如終了になったことも(つまり、それくらいプレスラインのないパネルを歪みなく作るのは難しい。言い換えるとプレスラインは七難を隠してくれる)。

L1280002

ルーフは半円形で、後ろ半分はかなりゆるやかに下がってゆくことに。

リアウインドウそしてサイドウインドウの上下はかなり短く、これによってキャビンが相当に小さく見えます。

なお、インテリアカラーは「マキアートベージュ(オフホワイト)」なのですが、汚れを警戒してかドアはロック済み。

L1270970

テールランプは(片側)2ピース、そして最新の「LEDブロック」を採用した意匠。

L1280008

トランクリッドは「ちょっとだけダックテール」。

L1270983

そのためテールエンドも長く見えるようにデザインされており、全体的に優雅に見える仕掛けが随所に見られるようですね。

こうやって全体的なスタイリング、ディティールを見ると「さすがメルセデス・ベンツ」と唸らされます。

L1280006

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■ニュース
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5