>ベントレー(Bentley) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロールスロイス(Rolls-Royce)

北極圏での活動をイメージしたロールスロイス、そしてベントレーのレンダリング!究極の姿がここにある

投稿日:

| このロールスロイス・カリナンであれば快適に北極を走行できそう |

さて、様々な「もしも」系レンダリングを発表しているAbimelec Designですが、今回はロールスロイス・カリナンやベントレー・ベンテイガといった高級SUVをワイルドなオフローダーへと変化させるべく、究極のバーチャルカスタムを施したレンダリングを公開。

北極圏を走破するような、いわゆる「アークティックトラック」というスタイルとなるそうですが、画像を見ると極端なリフトアップに巨大なタイヤを装着していることがわかります。

たしかに北極圏では「「走行不能になると」文字通り命取りとなるので、どのような環境においても走破できるだけの装備が必要となるのでしょうね。

常識的には「ありえない」クルマだけに面白い

このカリナンは巨大なタイヤを収めるために大きく張り出したオーバーフェンダーを持ち、フロントにはグリルガード、その上とルーフにはフォグランプ/ドライビングランプが備わります。

rolls-royce-cullinan-arctic-trucks-render-1

そのほかの部分はノーマルに近く、ロールスロイス・カリナンが本来持つ快適性も維持されていそうですね。

rolls-royce-cullinan-arctic-trucks-render-5

実際にカリナンがこういった状況で使用されることはないと思われるものの、それだけに意外性があって面白い作品ですね。

rolls-royce-cullinan-arctic-trucks-render-2

ベントレー・ベンテイガも「究極」仕様に

そしてこちらはベントレー・ベンテイガの究極オフローダー。

ワイドボディに巨大タイヤ、フォグランプ/ドライビングランプを備えるのはカリナンと同じですが、ルーフにはラックが取り付けられています。

125523879_217236756422550_6196520375452867262_o

リヤバンパーには構造物、そしてルーフにはなんらかのタンクが載せられているようですね。

125211173_217236739755885_7615169709991365247_o

ルーフにはソーラーパネル装備。

インテリアにはレッドレザーが使用され、カリナンと同じく快適性を維持していると考えて良さそう。

125395118_217236703089222_7535027140190819676_o

そのほかにはこんな「究極」なクルマも

そして高級車のオフローダー化というと真っ先に思い出すのがコンチネンタルGT”ラリーエディション”。

これは一個人によるカスタムカーですが、今回の一連のレンダリングもこれを参考にしているのかもしれません。

また出たベントレー・コンチネンタルGT魔改造。ベンテイガもびっくりのオフローダーに

| ベントレー・コンチネンタルをオフローダーに魔改造 | ベントレー・コンチネンタルGTをオフローダーに魔改造してしまった車両(ベンテイガではない!)がオランダにて販売中。 以前にアメリカで販売されて ...

続きを見る

こちらは究極の血を走る「メルセデス・ベンツ・ウニモグ2030」。

ウニモグは「Universal-Motor-Gerat」=「多目的動力装置」を意味しており、ほかのクルマでは到底走れないような地における移動や運搬を目的に製造されており、その意味ではこのウニモグ2030はその形こそ違えども「れっきとしたウニモグ」でもありますね。

メルセデス・ベンツ・ウニモグ後継はこれだ。デザイナーの考える「ウニモグ2030」

コンセプト継承の正統派。新型ウニモグを工業デザイナーが考えた デザイナー、David Voltnerさんの考えた新型(派生?)ウニモグ、「Mercedes-Benz Unimog - Sherpa」。 ...

続きを見る

一方、こちらは北極圏での活動や、火星にてテラフォーミングを行うという、現在考えうるもっとも過酷な環境での活動を想定したレンジローバーのレンダリング。

未来のランドローバーはこうなる?南極で活動する住宅サイズの「ARC」、火星でテラフォーミングを行う「ミッション・テラフォーム」が公開

| ランドローバーの品質が宇宙で耐えられるとは考えにくい | コンセプトデザイナー、オリバー・ボール氏の考えた「ランドローバー・ARC(Antarctic Research Concept)」。ランド ...

続きを見る

なお、現実世界においてトヨタは「月にクルマを送り込む」計画を持っており、こちらにも期待したいところですね。

トヨタが「2029年に月に送り込む」ランクル顔月面車の名称を「ルナクルーザー」に決定したと発表。ランクル精神はついに宇宙へ

この記事のもくじ1 | 月のみならず火星での活躍にも期待 |1.1 ついにトヨタ車が月面を走る1.2 ほかに月へと送り込まれたのはこんな車両 | 月のみならず火星での活躍にも期待 | トヨタは2019 ...

続きを見る

参照:Abimelec Design

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f