■近況について ■服や小物、時計、雑貨など

スント(SUUNTO)の腕時計「コア アルミニウム」を購入!早速ベルトをブルーへと交換してみた

投稿日:2020/11/15 更新日:

スントの腕時計(コア・アルミニム)のカスタム

| スントの腕時計はディスコンが決まると途端に公式で値引が始まる |

さて、スント・コア アルミニウム オールブラックを購入。

スント(SUUNTO)の腕時計は不具合が多かったり、電池の消耗が早かったりするもの、デザイン製が高く、機能性に優れ、かつ軽量ということからこれまでにも相当数を購入しています(大半はベクター、コア、そしてエレメンタム)。

今回購入したコア アルミニウムは、もともと樹脂ケースでデビューしたコアのアルミケース版で、「(コアの)高級モデル」という位置付けです。

L1280722

スント・エレメンタム「テラ」を購入した!スントは公式に高級ラインを大幅値下げ中。その理由を考える

| スントの”最高級”腕時計を購入してみた | さて、SUUNTO EREMENTUM TERRAを購入。 これはスントの中では上級モデルに位置しており、プロフェッショナル向けという設定です(高度計や ...

続きを見る

スントはディスコンモデルを大幅値下げする傾向がある

そしてスントの傾向として、販売終了モデルを大幅値下げするというものがあり、その値下げ幅は最大70%オフ程度となっていて「定価で買ったら悲しくなるほど」。

このコア アルミニウムは2012年の登場だったと記憶していますが、その際の定価は5万円弱。

その後消費税が上がっているので5万円を超える希望小売価格を付けていたものの、ちょっと前に販売終了が決まったようで、公式ストアでは半額以下の24800円にて販売されており、すかさずゲットしたわけですね。

L1280698

スント コア アルミニウム ディープブラックはこんな腕時計

このコア アルミニウムの美点としては、まず質感の高さ。

L1280715

もちろんケースはアルミニウム製で、ボタン類にはポリッシュ加工。

「コア」の特徴の一つはこのケースとベルト(ストラップ)とのジョイントにありますが、このビスのヘッドもポリッシュ加工済み。

L1280710

加えて79gという軽量製も特筆すべき点で、細い腕であってもフィットしやすいようにデザインされたケースそしてベルトのデザインも高評価。

L1280713

ケースバックのカバーはコインで開閉可能。

不慮の電池切れであっても、バッテリーさえ入手できれば工具なしで交換可能です。

L1280706

スント・コア・アルミニウムのベルトを交換してみる

そこで腕時計本体と同時購入したブルーのベルトへと交換を行います。

L1280694

交換についてはビスを外すのみで行えますが、このビスは片側からだけドライバーで回転させると、左右ビスの間にあるシャフトごとくるくる回るのでネジを緩めることができず、よって左右からドライバーを当て、片方を固定して片方を回すことではじめて着脱可能となります。

L1280696

こちらがビスを外してシャフトを抜いた状態。

L1280723

そしてベルトを入れ替えて再びビスを締め込みますが、ビスが緩むとベルト脱落の原因となるため、ぼくはスント・コアのベルトを交換する際にはいつも「ロックタイト(ネジ緩み留め剤)」を使用。

L1280721

こちらがブルーのベルトへと交換した状態。

もちろんこの「ブルー」は納車待ちステータスのランボルギーニ・ウラカンEVO RWDにあわせたものです。

L1280728

他にはスウォッチ、G-SHOCKの購入も検討していたが

なお、今回このスント・コア・アルミニウムを購入したのはもちろん「ブルーにカスタムできる」から。

ウラカンEVO RWDの納車にあわせブルーの腕時計を探していたのですが、候補はこのスント・コア・アルミニウム、そしてスウォッチBIG BOLD CHRONO(チェックポイント・ブルー/17,600円)が時点の候補。

ただしぼくはデジタル式腕時計が好きだということ、そしてこのビッグボールド・クロノはブルーの面積が少ないということもあって今回はスント・コア・アルミニウムを選択したわけですね。

SB02B401_sa500_nvz

G-SHOCKだと(左から)GA-2000-1A2JF(17,600円)、GX-56SGZ-2JR(28,050円)、DW-6900LS-2JF(13,750円)あたりが候補。

これらについても、そのうちどれかを購入するかもしれません。

1-1

最近買ったモノ二連発、「ナイキのジャージ」「ルイ ヴィトンのマフラー」。青いクルマを買ったら青いモノが増えてきた

この記事のもくじ1 | 人生は何があるかわからない |1.1 メンズフリース サッカークルー パリ サンジェルマン1.2 ルイ・ヴィトン エシャルプ・ロゴマニア 1.3 あわせて読みたい、関連投稿 | ...

続きを見る

合わせて読みたい、腕時計関連投稿

スント・コア・ピュアホワイト(腕時計)を購入してみる。6個目のスント

スント・コア・ピュアホワイトを購入。 ぼくにとっては6個目のスントで、ベクター(イエロー)、コア(初期モデル)、コア(ライトグリーン)、エレメンタム(アクア)、コア・ディープブラックに次いでの購入。 ...

続きを見る

カシオGショック
ボクの考える最強の腕時計はG-SHOCK!ニューモデル「チタン製フルメタル+カモフラ加工」、GMW-B5000TCF-2JRを買う

この記事のもくじ1 | ボクが一番信頼している腕時計はカシオG-SHOCK |1.1 GMW-B5000TCF-2Jはこんな箱に入っている1.2 GMW-B5000TCF-2JRはこんな仕様を持ってい ...

続きを見る

オーデマピゲの腕時計
オーデマピゲ ロイヤルオーク オフショアクロノグラフ「300本限定」プライド オブ ジャーマニーを買ってみた

| 見れば見るほどよくできている腕時計だ | さて、オーデマピゲ・ロイヤルオーク・オフショアクロノグラフ「プライド オブ ジャーマニー(26415CE.OO.A002CA.01/希望小売価格583万円 ...

続きを見る

参照:SUUNTO

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f