>ポルシェ(Porsche)

なんと964世代のポルシェ911をベースにした「ルーフRCT Evo」が新車で購入できる!多彩なオプション、ボディカラーも選択できて4430万円

投稿日:2020/12/05 更新日:

ルーフRCT(ポルシェ911のカスタムカー)

| この価格はどう考えても安すぎる |

さて、ポルシェ911をベースとしたコンプリートカーを製造する「自動車メーカー」、ルーフ。

どうしてもポルシェのチューナーとして捉えられることが多いようですが、実際には政府の認可を受けた自動車メーカーであり、よって製造業社名も「ポルシェ」ではなく「ルーフ」となります。※ポルシェを”チューン”することもある

ルーフは過激なクルマを作ることで知られる

最近だと外観は空冷時代の911風、しかし中身はカーボンモノコックシャシーにウィリアムズ製エンジン搭載という「CTR」をリリースしたのが記憶に残るところ。

一見レトロな911、しかし中身はカーボンモノコックフレーム、プッシュロッドサス採用!710馬力、最高速360km/hのルーフCTRアニバーサリーが発表

光見えて灯火類はLED、ドアハンドルはポップアップ式のフラシュマウント ルーフが「見た目は昔の911、中身は最新レーシングカー並みの911」、”CTRアニバーサリー”を発表。なお、これは昨年にプロトタ ...

続きを見る

なお、公式にアナウンスされていないものの、あの(ワイルド・スピード SKY MISSIONで有名になった)ライカン・ハイパースポーツも、そのパッケージングやパーツを見るとルーフCTR3をベースにしている可能性が高そう(エンジンはルーフ製だとアナウンスされている)。

限定7台に対して100件の申し込みがあったとされるも未だ新車で販売中。ライカン・ハイパースポーツは実際売れてない?

| なぜ新車?ライカン・ハイパースポーツが販売中 | あのライカン・ハイパースポーツが3億8000万円のプライスタグをつけて販売中(ジェームズ・エディションに掲載中)。正規ディーラーでの販売ではないも ...

続きを見る

ルーフは今でも964世代の911をベースとした「新車」を販売していた

そして今回ルーフが発表したのが「RCT Evo」。

これは964世代のポルシェ911をベースにしたクルマで、3.6リッター・フラットシックスを1基のターボチャージャーにて過給して420HP(425PS)を発生させ、トランスミッションは6速マニュアル、駆動輪は後輪のみというスペックです。※詳細は不明だが、中古の964を完全に分解し、新品パーツを組み込んで「新車」として再生したものだと思われる

RUF-RCT-Evo-10

ボディは「ナロー」そして画像の「ワイド」が用意され、ワイドボディにはフルカーボン製アウターパネルも選択可能(この画像の個体にはカーボンボディが装着されている)。

RUF-RCT-Evo-08

そしてこのカーボンボディは、通常のボディよりもエアロダイナミクスが高められるうえ、「センターロックホイール」も付属。

ブレーキにはオプションにてカーボンセラミックディスクが選択できる、と紹介されています。

RUF-RCT-Evo-11

センターロックホイールのロックナットも美しく加工され、ルーフの美学が感じられるところですね。

RUF-RCT-Evo-06

技術は進歩しても、走る楽しみを表現する方法は変わらない

なお、ルーフによると「(964世代の911が発売された)1990年から技術はずいぶん進歩したが、走る楽しみを追求する方法は変わらない」。

964のフィーリングそのままに、「よりパワフルなエンジン、より軽量な車体」によって刺激的な走りを実現しているそうですが、さらにルーフがいうには「材料はよくなったが、レシピは変わらない」とのことで、つまりは最新の技術をもって、従来のレシピで調理したのがこのRCT Evoということになりそうです。

RUF-RCT-Evo-09

ルーフRCT Evoのインテリアはこうなっている

こちらはルーフRCT Evoのインテリア。

美しいアイボリーのレザーに覆われ、シート中央部にはダイヤモンドステッチが施されますが、このあたりは「最新の技術」の恩恵を受けた部分なのかもしれません。

RUF-RCT-Evo-02

ダッシュボード、そしてメーターパネルもアイボリー。

メーターパネルはホワイト、メーター指針もホワイトという珍しい仕様です。

RUF-RCT-Evo-05

室内にはロールケージが組まれ、これは「カーボンボディとセンターロックホイールとのパッケージオプション」なのだそう。

RUF-RCT-Evo-07

ルーフRCT Evoの値段はおいくら?

そして気になるルーフRCT Evoの価格ですが、350,000ユーロに設定されています。

日本円で約4430万円ということになりますが、ジンガー・ビークルデザイン製のポルシェ911、そして現在の964の相場、さらに今後964含む空冷ポルシェの価値は今後も上がり続けるであろうこと、なにより「RUFであること」を考慮すると、この価格はバーゲンだと考えていいかもしれません。

なお、ボディカラー、インテリアの使用含むオプションは「無限」にあり、つまり自分だけの一台を作ることができるようですね。

RUF-RCT-Evo-01

あわせて読みたい、RUF関連投稿

世界にたった一台、4WDのルーフRCT(ポルシェ911/964)が競売に。予想落札価格は1900万円

世界にたった一台のみ存在する、964世代のRUF RCT/4WD。 もともとは911カレラ30週年記念として発売されたワイドボディカレラ4アニバーサリーモデルがベースとなっており、ルーフがホワイトボデ ...

続きを見る

【競売】世界に7台、RUF CTR3クラブスポーツ。ポルシェ911を28センチ延長してミドシップ化したスーパーカー

| あのラルフ・ローレンも(普段用に)乗っていた | RMサザビーズ(RM Sotheby's)開催のオークションにて、RUF CTR3が登場予定。 ルーフはポルシェの「チューナー」としても知られます ...

続きを見る

RUFが見た目クラシック911、しかし中身はカーボンモノコック採用の911風スーパーカー「SCR」の生産を開始!価格はなんと7700万円

この記事のもくじ1 | 発表から2年越しで生産開始。いかなる犠牲を払ってでも手に入れたいクルマだ |1.1 ルーフSCRはこんなクルマ1.2 ルーフSCRのインテリアはこうなっている1.3 こんな記事 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5