>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ポルシェ(Porsche)

トヨタが「ル・マン・ハイパーカー」を1月15日に発表すると予告!「680馬力、1030kg、ハイブリッド4WD」

投稿日:2021/01/06 更新日:

トヨタがル・マン24時間レースに参戦するためのハイパーカーを発表予告

| 今のところル・マン・ハイパーカー=LMHクラスはあまり盛り上がっていない |

さて、トヨタがル・マン24時間レースに参戦するためのハイパーカーを1月15日に公開すると予告。

これはちょっとややこしい背景を持っていて、このハイパーカークラス(LMH)に参戦するレーシングカーは「ベース車が20台以上が生産されていること」が条件となり、よってトヨタはこの20台を「GRスーパースポーツ(仮)」として発売し消化する予定。

ただ、このGRスーパースポーツはル・マン24時間レースの覇者であるTS050ハイブリッドをベースにしており、つまりTS050ハイブリッドの市販モデルがGRスーパースポーツで、GRスーパースポーツをLMH用レーシングカーに改装したクルマが今回公開されるということに。

レーシングカーを市販車にしてまたレーシングカーに戻すという難解な背景を持っているのがこの「ハイパーカー」ということになりますね。

LMHレーシングカーのスペックもちょっとだけ公開に

そしてこのLMHクラスに参戦するトヨタのハイパーカーですが、ちょっとだけスペックが公開されており、それによると「ハイブリッド4WD」「680馬力」「1030kg」。

TS050に比較するといささか控えめなスペックですが、これは先日プジョーが発表したLMHクラス用レーシングカー「HYBRID4 500」の2.6リッターガソリンターボ単体と同じ出力です。

さらにLMH参戦車両の出力はレギュレーションによって「ハイブリッドシステム含めて750馬力」とされているため、今回トヨタが発表した「680馬力」はハイブリッドシステム抜きの出力なのかもしれません。

ちなみにプジョーはHYBRID4 500について「ロードバージョンを市販しない」とコメントしており、つまり生産するのはレーシングカーのみ。

LMHクラスのレギュレーションは当初「公道走行可能なロードカーを20台以上生産していること」とあり、さらには「2年以上生産していること」とあったものの、現時点でプジョー、そしてトヨタのル・マン・ハイパーカーもこの条件を満たしておらず、他に参戦を表明しているスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス、ケーニグセグ、ゴードン・マレー(IGM)も同じ。

よってこのあたりは「思ったよりも参戦車両が集まらなかったので」レギュレーションの変更がなされたのかもしれません(当初、ル・マン開催側は、ポルシェやフェラーリ、マクラーレン、ブガッティが市販車を改造して参加してくれると考えていたのかもしれない)。

再びトヨタとポルシェとの対決がル・マンにて

なお、トヨタはTS050でル・マン24時間レースにて3連覇を成し遂げているものの、これはポルシェ撤退後に築いた記録。

つまりポルシェが919ハイブリッドにてル・マンに参戦していた頃にポルシェに勝利したことはなく、しかし今年のル・マンではトヨタが「ル・マン3連覇を成し遂げたTS050ハイブリッドをベースにしたレーシングカーでポルシェに挑む」ことになり、トヨタがついに雪辱を果たすときがやってくるのかもしれません。

ル・マンに復帰するポルシェのハイパーカー
「We Will Back」ポルシェがル・マン復帰を発表!新規定に則りデイトナ参戦も視野に入れる。やっぱりポルシェはこうでないとな

| やはり耐久レースを走ってこそのポルシェ | ポルシェは2017年にル・マン24時間レース含むWEC(世界耐久選手権)から撤退している状態ですが、今回「プロトタイプレースに復帰する」と発表。※画像は ...

続きを見る

合わせて読みたい、LMHハイパーカー関連投稿

ル・マンに新設のハイパーカークラス参戦第一号、SCG007が公開。これでアストンマーティン・ヴァルキリー、トヨタGRスーパースポーツと戦うことに

| プライベートチームが大手メーカーとどこまで戦えるかはちょっとした見もの | ル・マン24時間レースには来年より「ハイパーカークラス」が設立されますが、これは従来の最高峰であるLMP1クラスに取って ...

続きを見る

プジョーがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」に参戦するレーシングカーの構造を公開
これがプジョーがル・マン「ハイパーカークラス」に参戦するマシン、HYBRID4 500KWの構造だ!"市販せねばならない"という規則があるが、ちょっと常人が乗るには厳しそう

| 今のところ、プジョーはル・マン ハイパーカークラス参戦にもっとも積極的な自動車メーカー | さて、何を思ったのかル・マン24時間に新設される「ハイパーカークラス」に参戦を表明しているプジョー。現在 ...

続きを見る

ランボルギーニ「規則を確認したが、ル・マンのハイパーカークラスには参戦可能だ」。SC18で参加する可能性を示唆

| ただしSC18がヴァルキリーやGRスーパースポーツに対応できるとは思えない | 2020年より開催されるというル・マン24時間レースの最高峰、「ハイパーカークラス」。現在のところアストンマーティン ...

続きを見る

参照:TOYOTA GAZOO Racing WEC

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5