■服や小物、時計、雑貨など

オメガ・スピードマスターはけして進化をやめない!クロノメーター認定を取得した「ムーンウォッチ プロフェッショナル マスター クロノメーター」発表

投稿日:2021/01/09 更新日:

| オメガ・スピードマスターは「買わねばならない腕時計」の1本だと認識してはいるが |

さて、オメガが2021年のニューモデル第一弾として「スピードマスター ムーンウォッチ プロフェッショナル マスター クロノメーター」を発表。

最大の特徴は、その名からもわかるとおりにマスター クロノメーター認定を受けたCal.3861を搭載することで、ブレスレット以外はこれまでのスピードマスター ムーンウォッチと基本的に同一です。

なお、ステンレス製だとバリエーションは4つあり、クラシカルなドーム型のヘザライト風防を持つモデルにメタルブレスとナイロンベルトモデルの二種、サファイアクリスタル風防モデルにはメタルブレスとレザーブレスの二種。

ヘザライト風防モデルには、よりオリジナルモデルに近い外観を維持するためにソリッドバック(シーホースの刻印入り)、逆にサファイアクリスタルモデルだとシースルー(スケルトン)バックが採用されています。

img-SPMoonwatchCal3861-Gallerie1-large

驚愕の耐磁性能と精度を誇るスピードマスターの誕生

今回のスピードマスター ムーンウォッチ プロフェッショナル マスター クロノメーターに採用されるムーブメント「Cal.3861」は1960年代のCal.861をベースにしていますが、2019年には脱進機をコーアクシャル化して耐磁性能を15,000ガウスにまで向上させています。

この15,000ガウスというのは、耐磁腕時計として有名なロレックス・ミルガウス、そしてIWCインヂュニアを遥かに超える数値を持っており、文字通りの「桁違い」。

img-SPMoonwatchCal3861-Gallerie4-large

さらにマスタークロノメーター認定ということを鑑みるに、オメガの本気がここに見られるように思います。

なお、オメガによるとマスタークロノメーター認定の基準を満たすムーブメントの開発には4年を要したといいますが、ベースとなるCal.861は非常にコンパクトなムーブメント(27ミリ)であり、これをコーアクシャル化し、さらにクロノメーター認定精度にまで高めるのは非常に困難であったことは想像に難くありません。

精度、耐磁性能ともに圧倒的とも言えるレベルにあるCal.3861ですが、唯一の弱点は「50時間」という、最新モデルとしてはやや見劣りするパワーリザーブかもしれませんね。

そのルックスは第四世代譲り

このスピードマスター ムーンウォッチ プロフェッショナル マスター クロノメーターのルックスは第四世代ののスピードマスターに近いという印象で、ベゼルはセラミックではなくアノダイズド(アルマイト/陽極酸化処理)加工が施されたアルミニウム製。

ミニッツトラックは「ようやく」ムーブメントの振動(18,000/時)にあわせた幅に調整されています。

ケース径は42ミリ、文字盤はオメガのアプライドロゴと段差付きのブラックダイアル、かの有名な「ドットオーバー90」も採用。

img-SPMoonwatchCal3861-Gallerie2-large

スピードマスター ムーンウォッチ プロフェッショナル マスター クロノメーターのバリエーションはこうなっている

そこでバリエーションを見てみたいと思いますが、まずこちらはヘザライト風防+ステンレススティールベルトモデルの「310.30.42.50.01.001(737,000円)」。

omega-speedmaster-moonwatch-professional-co-axial-master-chronometer-chronograph-42-mm-31030425001001-l

こちらはナイロンブレスモデルの「310.32.42.50.01.001(704,000円)」。

omega-speedmaster-moonwatch-professional-co-axial-master-chronometer-chronograph-42-mm-31032425001001-l

両者ともケースバックはソリッド、そしてシーホースの刻印入り。

omega-speedmaster-moonwatch-professional-co-axial-master-chronometer-chronograph-42-mm-31030425001001-2-product

こちらはサファイアクリスタル+メタルブレスモデルの「310.30.42.50.01.002(847,000円)」。

omega-speedmaster-moonwatch-professional-co-axial-master-chronometer-chronograph-42-mm-31030425001002-l

レザーブレスモデルの「310.32.42.50.01.002(803,000円)」。

omega-speedmaster-moonwatch-professional-co-axial-master-chronometer-chronograph-42-mm-31032425001002-l

ケースバックはこんな感じ。

omega-speedmaster-moonwatch-professional-co-axial-master-chronometer-chronograph-42-mm-31030425001002-2-product

そしてブレスレットの変更が行われたこともトピックで、メタルブレスレットには中ごまコンパクトになったUシェイプリンクが採用され、さらにクラスプは幅が15ミリに縮小されています。

img-SPMoonwatchCal3861-Gallerie3-large

なお、オメガらしく様々なストラップが用意されているのも嬉しいところですね。

2021-01-07 11.48.19

新型スピードマスターにはゴールドモデルも用意

そしてこのスピードマスター ムーンウォッチ プロフェッショナル マスター クロノメーターにはステンレススティールモデルに加えてゴールドモデルも用意され、18Kセドゴールド(ピンクゴールド)と、18Kカノープスゴールド(ホワイトゴールド)がラインアップ。

2021-01-07 11.52.47

これらについては風防がいずれもサファイアクリスタル、そしてケースバックもサファイアクリスタル(シースルー)。

セドナゴールド(310.60.42.50.01.001)の価格は4,114,000円、カノープスゴールド(310.60.42.50.02.001)の価格は5,346,000円。

omega-speedmaster-moonwatch-professional-co-axial-master-chronometer-chronograph-42-mm-31060425002001-2-product

ぼくはずっと前にスピードマスター(自動巻き)を購入してその精度や仕上げのイマイチさに辟易しており、逆にロレックスの正確さや安定性、フィニッシュを見直すことに。

それ以降オメガとはご無沙汰ですが、すいぶん品質や精度を上げたように思われ、このあたりでスピードスターでも買っておく必要があるだろう、と(何年か前から)考えているところです。

合わせて読みたい、オメガの腕時計関連投稿

オメガが初代スピマスのキャリバー321を復刻搭載した「スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール」発表!オメガのスペシャルモデルは”買い”だ

| オメガの特別モデルは通常モデルとは全く異なる価値を持ち、中古価格が下がりにくい | オメガが「スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール」を2020年初旬に発売。一見すると「普 ...

続きを見る

【動画】オメガ・スピードマスター”ダークサイド オブ ザ ムーン アポロ8”はこの10年で最高のムーンウォッチ!その理由とは

| たしかにダークサイド オブ ザ ムーン アポロ8の特別感は強い。強すぎる | さて、英国拠点の腕時計販売サイト、ウォッチファインダーが「この10年でもっとも優れたムーンウォッチ」としてスピードマス ...

続きを見る

オメガがスピードマスター「シルバースヌーピー アワード」発売!今まででもっとも特別なスピードマスターのひとつ

| 過去のスヌーピーモチーフのスピードマスターとはまったく違う | オメガがスピードモデルの新バリエーション「スピードマスター シルバースヌーピー アワード」を発表。これは1970年にNASAからオメ ...

続きを見る

参照:OMEGA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5