■自動車各社業績/ランキング等 >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが「今後数十年にわたってトヨタとの提携を強化したい」と正式にコメント!加えて2020年の販売は前年比8.4%減の232万台だったと発表

投稿日:2021/01/14 更新日:

BMWのキー

| なぜBMWが燃料電池車に注力するのかはわからない |

さて、現在自動車メーカー各社とも2020年の業績を発表している最中ですが、今回はBMWが「8.4%減の232万4809台だった」と発表。

もちろんこの減少はコロナウイルスの影響によるものですが、この影響が薄れた第四四半期には前年同期比3.2%プラスという明るい材料も見られた模様。

地域別に見ると欧州が-15.7%、アメリカでは-18.0%、しかし中国は7.4%増という伸びを見せており、これは他の自動車メーカー同様だと言えそうです。

一般には「コロナウイルスは中国発祥」ということで反中感情が広がっているものの、結果的には中国に助けられたということになるのかもしれません。

トヨタC-HRの中国版
2020年の中国市場ではトヨタが11%増、ホンダも過去最高を更新。なおトヨタは180万台、ホンダは162万台を売り、日本市場ほどの差はないようだ

この記事のもくじ1 | 中国市場では意外とトヨタとホンダとの差がなかった |1.1 レクサスの中国販売も2桁増2 ホンダの中国販売は「過去最高」2.1 合わせて読みたい、関連投稿 | 中国市場では意外 ...

続きを見る

BMWはトヨタとの提携を継続

業績の発表とともにBMWが強調したのが「トヨタとの提携強化」。

BMWとトヨタとはZ4そしてGR スープラを共同にて開発していますが、この関係を2025年以降も継続したいと述べており、ということは、現行Z4とGRスープラは2025年までに生産を終了させるということを示しているのかも(たしかに、GRスープラは2024年で終わりだと言われている)。

さらにBMWが言うには「数十年にわたり提携を強化」する意向を示しており、具体的な車種について触れることはなかったものの、燃料電池車については強化する方向性を示したとされ、この分野においてトヨタとの関係性を強めるのかもしれません。

なお、水素を使用した燃料電池車については、ドイツ政府がこれを推進しているため、様々な補助をはじめ恩恵を受けることができるようですね。

ただ、それを含んだとしても燃料電池車の普及には相当に高いハードルがあり、ぼくはなぜBMWやトヨタ、そしてヒュンダイ(ヒョンデ)がここに注力するのかが理解できずにいます。

ちなみにBMWはメルセデス・ベンツGクラスの対抗馬が欲しいのか、「次期ランドクルーザーはトヨタとBMWとの共同開発に(そしてBMWはもちろん、自社でもランドクルーザーのBMWを販売する)」というウワサも出ていますね。

トヨタとBMWとがSUVでも手を結ぶ?次期ランドクルーザーはBMWと共同開発に、というウワサ

| 「いやいやそれはない」と思ったが、よく考えるとありそうだ | トヨタとBMWは共同にて「スープラ」「Z4」を開発しましたが、今回はBMWがトヨタからランドクルーザーの供給を受け、BMWブランドで発 ...

続きを見る

BMWはEV生産計画を「前倒し」

BMWは燃料電池車のほか、EVについてもこれまで以上に注力する方向性を示しており、2021年から2023年にかけてのEV生産台数を「計画から25万台プラスする」とコメント。

加えてEV販売比率を現在の8%から(2023年には)20%にまで引き上げるとしていますが、これまでEVのシェア拡大に悲観的だったBMWからすると大きな転換で、しかしなんらかの理由があるものと思われます。

BMW「2025年のエレクトリックカー販売比率は20%がいいところだろう」。以前の想定に反し悲観的になるもVWは「2025年に50%」の予測。将来は方向性によって明暗が分かれそう

| BMWはエレクトリック化の急先鋒だったが、だからこそ得られた結論 | BMWは自動車業界の中では(かつて)エレクトリック化の急先鋒でもあり、実際に「iブランド」を立ち上げてi3そしてi8を発売して ...

続きを見る

現在BMWは中国にて「iX3」の発売を発表したばかりですが、この手応えが思ったよりも「力強かった」のかもしれませんね。

やっぱり誰も興味なさそうだが、BMWが中国製EV、iX3を正式発表!ちょっと怖いが、中国で製造され世界に輸出されるようだ

この記事のもくじ1 | ただしアメリカには輸出しない |1.1 BMW iX3は「かなり高い」実用性を持つ1.2 細部のデザインは「iX3専用」1.3 新型BMW iX3のインテリアはこうなっている ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

アウディe-tron
世界でもっともEV化が進むノルウェー。2020年のEV販売比率は昨年の42%から54%へ。PHEVを足すと74.8%。10台のうち7~8台が電動化車両という計算に

この記事のもくじ1 | いったいなぜノルウェーではそんなにEVが売れるのか |1.1 年間通じてはじめてEV販売が過半数を超える2 ノルウェーでもっとも売れたEVは?3 なぜノルウェーではここまでEV ...

続きを見る

テスラの充電器(スーパーチャージャー)
株価が1年で7.4倍に達したテスラ!2020年の生産台数は目標「50万台」にわずかに届かない49万9550台だったと発表。ちなみにテスラのクルマは「全部ヒット作」でハズレなし

この記事のもくじ1 | 工場閉鎖期間を考慮すると、この数字は「目標達成」と言っていい |1.1 これからどうなるテスラ?2 まだまだテスラが伸びると考える他の理由も2.1 テスラは効率のいい会社3 テ ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカン
ランボルギーニの2020年世界販売は-9%の7,430台!コロナ禍にて70日間も工場が稼働停止するも力強い需要に支えられ、すでに「2021年前半分の生産キャパを超える受注を獲得」

この記事のもくじ1 | ランボルギーニの2020年はコロナ禍にも関わらず強いブランドパワーを発揮した |2 2020年のランボルギーニ出荷台数は前年比-9%2.1 モデル別の販売内訳はこうなっている2 ...

続きを見る

参照:Reuters

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f