>テスラ(TESLA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型テスラ・ロードスターがついに2022年から生産開始!ロケット用スラスターがOP設定され、0-100km/h加速は驚愕の1.56秒

投稿日:

新型テスラ・ロードスター

| おそらくこれ以上速いクルマを作ることは難しいだろう |

さて、新型モデルS/モデルXを発表したばかりのテスラ。

今回は待望の「テスラ・ロードスター」につき、2022年から生産を開始すると(イーロン・マスクCEOが自身のツイッターにて)述べています。

この2世代目にあたるテスラ・ロードスターについて、コンセプトモデルは2019年に発表されており、本来の予定では「2020年に生産開始」。

ただし生産予定が何度か後ろ倒しとなり、最新のコメントだと「2022年」に決定したということですね。

テスラ・モデルS
テスラが新型モデルS/モデルX発表!モデルS「Plaid+」はなんと1100馬力、0-100km/h加速2.1秒!ステアリングホイールはナイトライダー風に

この記事のもくじ1 | 大幅アップデートの割に価格は抑えめ |2 新型テスラ・モデルS/モデルXの外観はテスラ・ロードスター風に2.1 もっとも大きく変わったのはインテリア3 新型テスラ・モデルS/モ ...

続きを見る

新型テスラ・ロードスターはこんなクルマ

このテスラ・ロードスターについては「0から100km/hに達するまで1.9秒」という加速が各方面に衝撃を与え、さすがのケーニグセグも「驚異的だ」とうなったほか、2000馬力級のハイパーEV「C_Two」の開発を進めているリマックもこれを受けて0-100km/h加速を1.85秒に設定したほど。

さらに新型テスラ・ロードスターの充電一回あたりの航続可能距離は1000キロ、最高速度は時速400キロを超えるとされています。

「ガソリン車に引導を渡してやる」。テスラが新型モデル”ロードスター”公開。0-100キロ加速は1.9秒

前触れなしで実車を公開 テスラがいきなり第2世代となる「テスラ・ロードスター」を発表。 一見してスポーツカーだとわかるデザインを持っており、「セクシー」とすら言えるボディラインを持っているように思いま ...

続きを見る

そのドライブトレーンは「トライ(3)モーター」で、フロントにひとつ、リアに2つ。

この構成はつまるところ新型モデルS/モデルXと同じであり、テスラはこのトライモーターの開発をほぼ終了させたと考えて良さそうです(トライモーター登載のモデルS/モデルYの生産も2022年から)。

tesla-roadster (3)

新型テスラ・ロードスターは驚きのクルマになりそうだ

そして驚くべきはこの新型テスラ・ロードスターについて、「ロケットに搭載されるスラスターが搭載される」ことで、これは名付けて”スペースXパッケージ”。

スペースXとはイーロン・マスク氏が経営する航空宇宙産業会社で、「はじめて再利用可能なロケットを実用化」「民間企業ではじめてISS(国際宇宙ステーション)にドッキング」等の偉業を成し遂げています。

ここで培った技術をクルマにフィードバックするということになりますが、このスラスターでもって「加速」、そして無理やりクルマを「曲げる」ことで文字通り異次元の速さを実現しようというもの。

ちなみにこのスペースXパッケージを装着すれば、0-100km/h加速は1.56秒に短縮され、あの「アスパーク・アウル」を抜いて世界で最も速く加速するクルマへと変貌を遂げることになりますね。

tesla-roadster (4)

和製ハイパーカー「アウル」ついに納車秒読み!2,012馬力、0-100加速1.69秒、価格3.6億、車高99cm。「この計画を発表した時、だれもが実現不可能だと言った」

| アスパークは常に「既存の枠の範囲を超え、チャレンジし続ける | さて、日本の「株式会社アスパーク」が発表したエレクトリックハイパーカー、アウル(OWL)。その出力2,012馬力そして0-100km ...

続きを見る

加えてテスラ・ロードスターの価格は2400万円程度に設定されており、これは「2億や3億」というプライスタグを提げるリマックC_Two、アスパーク・アウルに比較しても華区の安さ。

2022年後前後に勃発しそうな「第一次エレクトリックハイパーカーウォーズ」において台風の目になるのはまちがいなさそうです。

tesla-roadster (2)

合わせて読みたい、テスラ・ロードスター関連投稿

テスラ・ロードスターに用意されるオプション「スペースXパッケージ」。ロケット用スラスター装着で0−100キロ加速がなんと前人未到の1.56秒へ到達

| いったいどんな加速なのか実際に見てみたい気もする | テスラは新型ロードスターに「ロケットに採用されるスラスター(推進装置)をオプションで取り付けることにより、ブッチギリのパフォーマンスを発揮させ ...

続きを見る

テスラ・ロードスター最新試作車が株主向けに披露。巨大リアディフューザーに謎ワイパー

| テスラ・ロードスターには”とんでもない”オプションが存在? | テスラ・ロードスターの新しいプロトタイプがテスラの株主向けミーティングにて公開。 これまでは「レッド」「シルバー」の個体が公開されて ...

続きを見る

来年「ロードスター」でニュルに挑戦すると発表したテスラ。アヴェンタドールSVJのタイムを破りニュル最速王については「確実だ」

| ロケットに使用するスラスターを使用して強烈な加速とコーナリングを実現 | テスラは数日中にモデルSにて「ニュルブルクリンクでのEV最速記録」を公開するものと思われますが、来年に発売することになる新 ...

続きを見る

参照:InsideEVs

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f