>ポルシェ(Porsche)

ポルシェが新型911GT3発表!レーシングカー譲りのエアロにサスペンションを持ち、出力は510馬力へ。ニュルのタイムは先代比-17秒、7分切りを達成

投稿日:

ポルシェが新型911GT3発表!レーシングカー譲りのエアロにサスペンションを持ち、出力は510馬力へ

| 「RS」のついていない、”通常”の911GT3が7分を切る時代になった |

さて、ポルシェがついに待望の新型911GT3を発表。

最も気になるのはそのスペックですが、搭載されるのは4リッター・フラットシックス、出力は510PS。

なお、このエンジンの許容回転数はなんと「9,000回転」であり、市販車としてはとんでもない高回転型ということになりますね。

その他の特徴としては、レーシングカーである911RSR譲りのダブルウィッシュボーン形状を持つフロントサスペンション、そしてエアロダイナミクスが挙げられ、スワンネック型リアウイングやディフューザーにその面影が見られます。

最高速度は320km/h

新型ポルシェ911GT3のトランスミッションには7速PDKもしくは6速マニュアルが用意されますが、6速MTを選択した場合の最高速度は320km/h(先代の911GT3 RSよりも速い)、PDKだと318km/h。

0-100km/h加速は3.4秒だとアナウンスされています。

なお、エンジンのレスポンスは「究極の速さ」にあるといい、6連スロットルボディ(2019年の911スピードスターにも採用されている)にもその秘密があるようです。

2022-Porsche-911-GT3-22

そのほか、新設計のピストン、ドライサンプ化、PDKについては911GT3専用にチューンされていることが公表済み。

ピストンについて、ポルシェはマーレ社、トルンプ社との共同開発によって「3Dプリンタによって製造した」新ピストンを実用化しており、911GT2RSに続いての採用なのかもしれません。

2022-Porsche-911-GT3-13

ポルシェ「3Dプリンタによって製造したピストンのおかげで、911GT2RSでは+30馬力を獲得できた」。3Dプリンタ技術は文字通り「不可能を可能に」しそうだ

| 今までの常識が3Dプリンタによって覆されようとしている | ポルシェが911GT2RSに使用されている「3Dプリンタを使用したピストン」の詳細をリリース。このピストンの素材自体はアルミニウムですが ...

続きを見る

ニュルブルクリンクのタイムは先代比で17秒マイナス

そして今回ポルシェは新型911GT3のニュルブルクリンク走行タイムについても公開しており、その数字は6:59.927(20.8kmのフルラップ、以前の20.6kmだと6:55.34)。

このラップタイムは公道走行可能なタイヤ、そしてもちろん無改造で達成していますが、「RS」のつかない911GT3で7分を切ったというのはまさに驚異的でもありますね。※現時点では市販車のニュルブルクリンク走行タイム7位

2022-Porsche-911-GT3-11

ニュルブルクリンクのラップタイム最新版。ランキング100位までを見てみよう

この記事のもくじ1 この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮1.1 ニュルブルクリンクのタイム計測方法は2020年から変更2 それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」 ...

続きを見る

もちろん、この脅威のタイムを実現した要因のひとつは「エアロダイナミクス」ということになりますが、フロントだと調整式スポイラーとディフューザーの採用がトピック。

サイドスカートとリアディフューザーは大型化しており、スワンネック式リアウイングももちろん「調整式」です。

2022-Porsche-911-GT3-12

このスワンネック式リアウイングについて、「ノーマル」ポジションでは先代911GT3比で+50%、「パフォーマンス」ポジションではなんと+150%ものダウンフォースを発生するのだそう(このパフォーマンスモードは、公道での使用が推奨されていない)。

新型911GT3の重量は先代同様を維持

新型911GT3は、911RSRより譲り受けたフロントダブルウィッシュボーン式サスペンションを持ちますが、これによってフロントトレッドが2.5センチ拡大。

なお、この「フロントにダブルウィッシュボーン」は911のロードカーとしては初採用とのこと(リアはマルチリンク)。

もちろんリアフェンダーも拡大しているものの、車体重量は991.2世代の911GT3同様に1,418kg(MT)、1,435kg(PDK)に抑えられています。

この軽量性を維持するにあたり、ポルシェは新型911GT3のフロントフード、リアウイング、ウイング下の固定式スポイラー等にカーボンファイバーを用いており、ウインドウも軽量仕様へ(ただしポリカーボネート製ではなく軽量ノイズ吸収ガラス)。

そのほか軽量ホイール、軽量仕様の内装パネル(リア部分)、軽量エキゾーストシステム(10kg程度軽い)も採用されています。

2022-Porsche-911-GT3-14

ポルシェはニューモデル発表時には「新色」を採用するのが通例となっていますが、この新型911GT3のボディカラーは「シャークブルー」。※これまでポルシェは「マンバ」「リザード」「パイソン」など爬虫類系のボディカラー名を採用することが多く、「シャーク」という海洋系は珍しい

2022-Porsche-911-GT3-19

ポルシェ911GT3 RSのリザードグリーンはこうやって開発された!「現行モデルの色は先代モデルと似たものであってはならない」

この記事のもくじ1 | ポルシェはボディカラーに特段のこだわりがあるようだ | 1.1 目立ってこそのスポーツカー1.2 ポルシェの塗料は高い品質的用件を満たしている1.3 ポルシェのボディカラー開発 ...

続きを見る

新型ポルシェ911GT3のインテリアはこうなっている

そしてこちらは新型911GT3のインテリア。

基本的にはほかの911シリーズと大きく変わるところはなく、しかしタコメーター(レブカウンター)の表示は「1万回転」まで刻まれます。

なお、メーターや車両データの表示は「サーキット走行に適した」内容へと変更されているようですね。

2022-Porsche-911-GT3-08

ステアリングホイールの直径は360ミリ、表面素材はレーステックス(スウェードのような生地)が採用され、GT3としてははじめてドライブモードスイッチがステアリングホイール上に。

2022-Porsche-911-GT3-15

シートはについては18ウェイ調整式スポーツシート、フルカーボン製のシェルを持つバケットシート(標準シートに比較して11.8kg軽い)をオプションにて選択可能。

2022-Porsche-911-GT3-09

新型ポルシェ911GT3にはオプションも充実

そして最近のポルシェらしく、911GT3にもオプションが大量に用意され、さらに重量を軽減できるカーボン製ルーフやカーボン製ドアミラー、ダーク仕上げのLEDマトリクスヘッドライト、ダーク仕上げのテールランプ、ガーズレッドもしくはシャークブルーのホイールアクセント(外周)、インテリアだとボディカラーにマッチしたアクセントなど。

画像ではおなじみ「ポルシェデザインの腕時計」も見えますが、こちらも自身の車両にあわせてカスタムできるものと思われます。

2022-Porsche-911-GT3-10

ポルシェデザインが「腕時計のカスタム」開始、自分のポルシェと同じ仕様も可能に!WEB上のコンフィギュレーションは150万通り

この記事のもくじ1 | 今までなかったほうが不思議なくらい |1.1 特別なクルマには特別な腕時計1.1.1 ポルシェデザインはこういったバックボーンを持っている1.2 ポルシェデザイン製腕時計はこう ...

続きを見る

現時点では具体的な納車時期や価格、オプション詳細については公開はなく、しかし2022年モデルとして2021年秋あたりからのデリバリーになると予想されています。

新型ポルシェ911GT3がニュルブルクリンクを走る動画はこちら

参照:Porsche

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f